続、ぴんのブルーベリー趣味栽培日報

ライフワークとしてベランダで育苗、畑で収穫を目指す、 虎の日本一に思い馳せながら、立ち位置は趣味栽培の記録取りブログ

まいど!
リンク集、ぴんのブルーベリー趣味栽培日報の続きブログ




自作接ぎ木苗のアーリーブルー
2015年12月、ここに9号鉢から植えこんで1年2か月経過

我が家で唯一残っている「ビッグ7」って事になります

02 (27)


新品種が毎年のように出揃って来ていますので
そろそろ「新ビッグ7」なるものの定義づけ有っても良いかと。






何せ早生品種
蕾も春を感じている?
じゃなくて、どうもその生理現象がずれている

02 (30)


02 (29)02 (28)


樹齢的、そして時期的にもまだまだ咲かせるわけには行かず

生長重視


アーリーブルーってこんなに早くから動くんでしたっけ?



2014年3月接ぎ木 デニース

02 (7)


自根苗の親も同じく、細かい枝は無いに等しく
その割には共に小苗の段階で生長しません、3年ですよ!!?



伸ばす枝が

02 (8)


適当に剪定すれば良い結果枝ばかりになる、そんな特性なんでしょうか。


毎年こんなんです。


悩みは・・・自根苗と共に大苗にはならない品種みたいで
これ一本でザル収穫とはいかないです。

Montgomery同様、期待掛けつつの畑で育苗って事です




自作接ぎ木のビロキシー



雪の中でも葉が落ちずに踏ん張っております

02 (12)


松の内の石灰硫黄合剤散布で傷めた蕾はすでに処理済み

残ったのがまだ多くて摘花・摘蕾に手間掛かりそう


02 (13)

中粒であってもこれで収量増えていれば文句なしなんですけど

どうにもその時期になればタイミング外して、まともに摘み採り出来ず

何やってるのか解らん状態が続いている品種。


やがては他のと取って代わる・・かな。




このページのトップヘ