2016年08月06日

意表をついて、7月中はちょっとバタッとしてまして、更新が空いてしまいました。




しかし、安心してください、これから気絶するほど暇になります





という訳で、全編土砂降りだった家族を引き連れての沖縄観光の話、なんですが、もうだいぶ記憶が薄まってきまして、というか、もはや誰も興味がないかもしれませんが、一応書きます。




本来、仲間内で沖縄を観光し倒すには、地元に友達とかがいない限りは、レンタカーを借りる、というのが一番いいのでしょうが、家族一同誰も車を運転できないので、今回はいわゆる観光タクシーを手配したんです。



観光タクシー、私、利用するのは初めてだった訳ですが、基本的なスタイルは、タクシーを数時間ロックアウトして、あらかじめなんとなーく決めておいた観光スポットを回ってもらい、運転手さんが観光地ではちょっとした観光案内をしてくれる、という感じなんですね。





観光タクシーのいいところは、状況に応じてコースを変更したり、寄る場所、例えば食事のポイントなんかをその都度変更できるという点です。





つまり運転手さんの知識や技術、相性なんかが大きく影響してきます。






で、今回担当していただいたのは、推定60♂頭髪なし若干強面の金城さん。





で、金城さん、初めて会った時は、ちょっと雰囲気怖いですけど大丈夫ですか、とか思っていたんですが、雨の影響で当初予定していたコースを大幅に変更しなければならなかったにもかかわらず、その都度「ここはやめてこっちにいきませんか?」とか「ここよりあそこのソーキそばの方が美味しいですよ」とか色々アイディアを出していただいたり、時には足の悪い母をアテンドしてくれたり、どういう訳か首里城で一瞬行方不明になった父を必死に探してくれたり、と、とてもよくしてくれたんですね。





しかし、そんな金城さんの機転にもかかわらず、「沖縄!海!自然!」的なイメージを持ってきた家族一同は、延々続く雨に徐々に車内のテンションは下がっていきまして。





いや、私、12時から17時の5時間コースを頼んでんですが、当初は5時間では足りないかもしれないから、料金は追加でかかるけど延長してもいいかなぁ、とか思っていたんですね。





しかし、雨は上がる気配がないし、車内は盛り上がる気配がないし、延長するのもあほくさくなり、じゃあ予定通りホテルに戻りましょうか、となった時、金城さんが口を開きます。





「私に30分時間をいただけませんか?」




 
はぁ、まぁ、いいですけど。どこ行くんですか?と私。





秘密です





は?秘密?




いや、おそらく盛り上がらない車内の空気を察して、せっかくだからもう一箇所観光スポット、しかもいわゆる地元民しか知らないであろう的なポイントに連れて行ってくれるんだろうなあと。




しかし、「秘密」という言い方、これまた随分とハードルを上げたもんだなあと。






実は金城さんの娘が安室奈美恵で今帰ってきてるから紹介してくれるとか、それくらいパンチのある事柄でなければ「秘密」という言葉はなかなか使用できません。





ハードルを上げたはいいが、知る人ぞ知るものまねパブ、とか、沖縄では有名な名物ママがいるスナック、とかだったらどうしよう、と一抹の不安は抱きつつ、タクシーは空港方面に向かっていきます。





で、私が調べた限り、この辺には観光スポットらしきところもないですし、スナックやパブ、ましてや安室奈美恵なんかなさそうな雰囲気。





すると金城さん、米軍基地的な施設にいきなり侵入





えっ





いや、いわゆる観光客でも入れるような米軍関係の施設、みたいな感じではなく、なんというんでしょう、うまく言葉にはできないんですが、これ日本人入っちゃダメ的なところ、な感じだったんですよ。





「えっ、ここ入っていいところなんですか?」





「えぇ、許可があれば」





許可?





「金城さん許可あるんですか?」






「実は私、この仕事の前は軍関係の仕事をしていまして、退職する際に特別なライセンスをもらっているんです





なっ





「てか、ここ思いっきり米軍基地ですよね、てか、もはやアメリカすよね?」





「そうですよ。ようこそアメリカへ





いきなりのアメリカに一気に盛り上がる車内。





で、金城さんを先頭に基地内のとある施設に侵入。





で、レストラン的なスペースに案内されます。




「じゃあせっかくですからビールでも飲みましょうか」と金城さん。




で、基地の外では売っていないというビールと数種類のおつまみ、スイーツなんかが出てきます。




あ、すいません、お金払いますよ、という私の申し出を笑顔で謝絶する金城さん。




そして、完全にテンションが上がった我が家族は、隣接されていた売店で、絶対普段は着ないであろうU.S.ARMYとでかでかと書かれたポロシャツやら帽子やらを購入





いやあ、盛り上がりました。





で、そんなこんなでホテルに戻った時には予定の時間をかなりオーバーしてしまいまして。




一瞬、さては金城さん、追加料金をせしめるために時間ギリギリに隠し球を出してきたのでは、とか思ったりもしたんですが、まあそうだとしても、結果アメリカ体験もできたし、と、気持ち良く追加料金を払おうとしたんですね。




すると金城さん「いや延長料金は結構です、今日は雨であまりいい案内ができないですいません、明日気をつけておかえりください」と、颯爽と立ち去ります。





もうね、なんかすげえカッコよかったですよ。





ほんと、金城さん、ありがとう。





そして、翌日、チェックアウトの時間、ロビーには、どうやら普段は布団で寝ていてベッドに慣れていない為ベッドから落ちたらしく、額を切って流血した我が父が全身U.S.ARMYグッズに身をまとって佇んでおりました、とさ。





まぁ、なんだかんだで大変思い出深い沖縄観光となりました。というお話でした。





という訳で、また近々。


(14:16)

2016年07月04日

千春さん40周年ツアー、無事全行程終了いたしました。



今回は、諸般の事情で、当初は候補曲が実に50曲弱、更にツアーが進むにつれ候補にない曲がどんどん出現するという事が頻繁に起こったため、最終的には60曲以上の候補曲の中から本番直前まで、いや本番中でさえ何をやるのかわからない、という結構、まあなんというか、ある意味アバンギャルドなツアーとなりました。



いや、ミュージシャン的には、こういうのって、なんだかんだ言っても、ザ・ライブ感、って感じで、ある種のやりがい、みたいなのはありますし、うまく行った時の達成感みたいなのもあるわけですが、スタッフ的には猛烈に大変です




関係者の皆様、ほんっと、お疲れさまでした。



で、今回のツアー、沖縄公演がありまして。



私、実は、沖縄、生まれて初めて行きました。



で、生まれて初めての沖縄という事で私、ちょっとテンションが上がっちゃいましてね。



うっかり、札幌にいる実家の両親を沖縄に呼んでしまったんですよ



ひょっとしたら、こういうのを公私混同というのかもしれません。



有権者の方々、ほんとすいません。



しかし安心してください、ちゃんと自腹です



しかも、札幌→沖縄のANA直行便が実は存在するのですが、スカイマークあたりで一旦東京で乗り継ぎをしたほうが断然に安いという事に気がつき、両親にはそもそも直行便などは存在しないという事にする、といった経費削減を試みておりますので、有権者の方々にはご理解いただければと。



いや、お陰様で、親孝行もできましたし、ほんと、いろんな人のご厚意もあり、非常に思い出深い沖縄となりました。 



ほんと、色々思い出がありまして、全部書いたら長くなりそうなので、いつもの心の中にしまっておく、という事にしようかなと。




とはいえ、やはり、一つだけ。




私、せっかく両親を招待したので、行程的に一日延泊をして、その一日で観光タクシーを貸切にして沖縄を回ったんですね。




しかし、なんと全編どしゃ降り




あっ、やっぱりこの話、どうやら長くなりそうなので、次回更新で




という訳で、一旦ちょっと休みます。 

(15:33)

2016年05月31日

色々御礼をば。



まず、POT HEADS vs Sufoffo@二子玉川KIWAだいたい10周年記念ライブですが、ほんと、あんな感じなライブに多数ご来場いただきまして。



ありがとうございます。



もう、どちらのバンドも年一回ペースとなってしまいましたが、もう少しやれればいいなあと。



あっ、いや、スフォッフォは年一くらいでいいですかね



今回は、だいたいですが10周年、ということもありまして、やれオープニング映像だ、逆再生だ、穴雪だ、カラオケだ、と若干仕込み過多な感じになってしまいましたが、本来どちらのバンドもフォーマットはあくまでジャズ(えへ( ´ ▽ ` )ノ)、ですので、次はあまり仕込まずに出来るといいですね。




あっ、ミュージシャンの方々にもご来場いただきまして。




ほんと、ありがとうございます。




でですね、事前に「ミュージシャン仲間の誰々が来る」という情報は入っていましたので、せっかくなので突然ステージ上から電話して出てもらうというのはどうだ、とかいう話になりまして。





で、我々は山内陽一郎君(d)に白羽の矢を勝手に立てたわけです





山内君と私は同じ札幌出身、しかもどちらも、札幌の重鎮ドラマー、大山淳さんの門下生なんです。




つまり、私と彼は同門の兄弟弟子、という間柄なんです。




つまり、多少の無茶振りは許される関係性なわけです




えへ( ´ ▽ ` )ノ




で、ライブにいらっしゃらなかった方はわからないと思いますが、本来フォーマットはあくまでジャズなんですが、私、訳あってライブ途中からおネエになったんですね





で、私がおネエになってから鳥越君が山内君にステージ上から突然電話をかけてそのままステージに上がってもらう、というとてもジャジーな流れだったんですが、山内君を紹介する時に、私、ついうっかり「札幌のおネエ仲間の陽ちゃんよ」とか言ってしまったんですよ。





すると、陽ちゃん、この突然の無茶振りにもかかわらず、すごい速度で「あら〜おひさしぶりぃ〜」と、ちゃんとおネエで返してきまして。





どうですか、この大山門下生のポテンシャルの高さ






これが我々が考えるジャズの形です







えへ( ´ ▽ ` )ノ






からの、田中、矢吹、鳥越トリオ@京都ラグ、名古屋ドキシー、こちらも、ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。





いや、実は、完全な自分仕切りで、音楽だけの要素でライブをやる、というのがかなり久しぶりだったんです。





本来、こういうライブが普通のはずなのになぜか多少浮き足立つ
、という不思議な現象が自分的に起こった訳ですが、なんかほんと、やってよかった。楽しかったです。




結構、それこそ無茶振りな行程を組んでしまったんですが、お付き合いいただいたご両名、ほんと、ありがとう。





このトリオ、ほんと楽しかったので、できれば、地方もそうですが、都内でもやりたいなあと思っていますので、その際は宜しくお願いします。





そして、このトリオに関しては、何回かやっているうちについついおネエ仲間を突然ステージ上から呼んでしまう、とかいう状態にならないように気をつけます。





そして、千春さんツアーも俄然佳境に入ってきました。





今回のツアーは、ほぼ毎ステージ曲目が変わりまして、場合によっては開演数十秒前に変わる、というか本番中普通に変わる、という事が割と起こります。






つまり、多少無茶振りに近い感じです






しかし、無茶振りに答えるのは、大山門下生としての誇りですからね





頑張ります。






という訳で、札幌にお住いの方で、ドラムに興味がある方は、是非、大山さんを訪ねてみてください。







あっ、大丈夫です、大山さんは決して急におネエになったりとか人に無茶振りしたりとか、絶対にありません。とてもいい人です。


(22:48)

2016年05月15日

すいません、久々の更新の割にがっつり宣伝です。


5/18(水)
Pot  Heads vs Sufoffo 〜 about 10th Anniversary LIVE
会場:二子玉川KIWA
時間:OPEN19:00/START19:30
料金:予約3000/当日3,500(1drink500別途,全席自由)
出演:佐藤芳明(acc,etc.)斎藤プリティ(pf,etc.)鳥越啓介(b,etc.)田中栄二(d,etc.)
予約,詳細:http://oasis-kiwa.com/schedule-detail/752/160518pot-heads-vs-sufoffo/ 

5/19(木)
田中・矢吹・鳥越というありがちなトリオ
会場:京都RAG
時間:OPEN18:00/START19:30
料金:前売3,000/当日3,500
出演:田中栄二(d)矢吹卓(pf)鳥越啓介(b)

5/20(金)
田中・矢吹・鳥越というありがちなトリオ
会場:名古屋DOXY
時間:OPEN18:00/START19:00
料金:前売3,000/当日3,500(500T.C.別途必要)
出演:田中栄二(d)矢吹卓(pf)鳥越啓介(b)


どうやら5/18のPOT HEADS vs スフォッフォ、に関しては、残席わずか、なんて噂もささやかれているようですが、まあ間違いなくまだイケるはずなので、あらー、急に予定していたデートがキャンセルになっちゃったわ的な都合のいい方がいらっしゃいましたら、是非。


で、その翌日からの京都、名古屋に関しては、多分ですが、気絶するほど残席があるはずですので、予定していたデートをキャンセルする、もしくは思い切ってデート先にしてみる、とかいう技を使って、是非。



という訳で、なんでしょう、なぜかおおよそ音楽とはかけ離れた作業で手一杯ですので、すいませんがこの辺で。


(15:26)

2016年04月11日

近日中に更新とか言っておきながらかなーり空いてしまいました。



それで、やはり一度ここで書いておきたかったのですが、ご存知かと思いますが、2016年2月8日、私の「恩人」でもあります、ギタリスト、松原正樹さんがご逝去されました。




61歳。ちょっと、早すぎます。





私と松原さんの出会いは、18年前です。



当時、私、そして同時期に札幌から上京してきたベースの山田が、資料用にデモテープを作ったんですね。で、私もそれに参加していたわけです。



で、そのテープが、色んな経緯で松原さんの手に渡りまして。



で、それを聞かれた松原さんが、我々リズム隊を、とあるレコーディングに使ってくださる、という運びになったんですね。




松原正樹が私をレコーディングに誘っている。





上京したてで、今後の人生の方向性もまだわかっていない、埼玉と横浜の位置関係もまだわかっていない、そんな私に、急に舞い込んできたこの話。




正直、何かの冗談かと思いました。でも、本当に、誘ってくれたんです。






そのレコーディングは、蓬莱坂にある、松原さんのご自宅で行われました。



NHKの旅番組の、いわゆる劇版的な録音でした。



今でもその時の様子は、はっきり覚えています。 



とても、緊張しました。



なんと言っても、日本最高位のスタジオミュージシャンに、ほぼなんの前触れもなくレコーディングに呼ばれた訳ですから。



以来、本当に、今考えると、なんて贅沢なんでしょう、レコーディング、ライブツアー、アーティストサポート、打ち上げ、飲み会、物凄い日数を一緒に過ごさせていただきました。



思い出は、山ほどあります。



そして、私は今、とんでもない事実に気がついたのです。



私の音楽人生を変えた日、つまり、このレコーディングが行われた18年前、松原さんはすでに日本最高位のスタジオミュージシャンとして活動されておりました。




私にとって、完全に、雲の上の存在でした。




そして、18年前、松原さんは43歳。




私、今、43歳。 




とりあえず私、今のところ、誰にとっても低い雲のままのようです




松原さん、俺、頑張りますよ。





あっ、そういえば、私、今回、松原さんの事を色々考えているうちに、健康、について、やや真剣に考えまして。




で、とりあえず、健康診断に行こう、と。





いや、私、こういう予防的な事で病院に行く、っていうのって、歯医者にいって歯石をとる、くらいしかやってこなかったんですね。





しかし、今回の事で、自分の体の問題は、意外と自分だけの問題ではない、という事に気がつきまして。




で、先日、本当に久しぶりに、健康診断、行ってみたんです。




で、私、初期の緑内障である事が発覚しました




もちろん自覚症状なんて全くなかったですし、今も特に視野に異常があるとか、そんなのはないんです。




しかし、このまま放置していれば、視野狭窄が始まり、悪くすれば失明、なんていう可能性もあったわけですよ。




つまり、「早い段階で見つけられてよかったね」という事です。





とりあえず、毎日の点眼は必要ですが、とりあえずそれだけしていれば問題ないようです。





ほんと、完全に、松原さんに助けられました





という訳で、これから、この「松原に守ってもらった目」で、色んなものを見て、松原イズム、HUMARHYTHMを継承していきたいと思います。






そして、久々によていを更新しました。




5月には、久々のスフォッフォ、そしてPOT HEADS10周年記念ライブがあります。




先日佐藤君(acc)とも話しましたが、まあちょっとした仕掛けは施す事になりそうです。




が、どうでしょう今、考えています




そして、その直後、矢吹君、鳥越君と私、というピアノトリオで京都、名古屋と回ります。



このトリオ、私的には、おなじみのメンバーで、まあ言ってみればありがちなトリオ、という感じだったんですが、この編成では初めてです。



私仕切りですので、例えばこのトリオに関しては斎藤プリティ的に矢吹君を改名に追い込む、とかいう事仕掛けを施す事も可能なのですが、どうでしょうね。



今、考えています




諸々、よろしくお願いいたします。




そして、千春さん40周年記念ツアーも始まります。




先日、11日間ぶっ通しのリハーサルがありましたが、今回、諸々の事情で、ものすごい数の曲数をリハしてきました。




もう、パンパンです。頑張ります。





という訳で、旅が多くなります。




旅先にいると、ついうっかり、目薬をさす、という事を忘れる可能性があるので、気をつけなければなあと。




なので、旅先の道端、ライブハウス、等で私を見つけた際は、「栄二さんはぁ、今日はもう例のアレ、差しちゃいましたぁ?うふふ♡」とでも声をかけてください。




その場で点眼します。 

(13:00)