2016年05月31日

色々御礼をば。



まず、POT HEADS vs Sufoffo@二子玉川KIWAだいたい10周年記念ライブですが、ほんと、あんな感じなライブに多数ご来場いただきまして。



ありがとうございます。



もう、どちらのバンドも年一回ペースとなってしまいましたが、もう少しやれればいいなあと。



あっ、いや、スフォッフォは年一くらいでいいですかね



今回は、だいたいですが10周年、ということもありまして、やれオープニング映像だ、逆再生だ、穴雪だ、カラオケだ、と若干仕込み過多な感じになってしまいましたが、本来どちらのバンドもフォーマットはあくまでジャズ(えへ( ´ ▽ ` )ノ)、ですので、次はあまり仕込まずに出来るといいですね。




あっ、ミュージシャンの方々にもご来場いただきまして。




ほんと、ありがとうございます。




でですね、事前に「ミュージシャン仲間の誰々が来る」という情報は入っていましたので、せっかくなので突然ステージ上から電話して出てもらうというのはどうだ、とかいう話になりまして。





で、我々は山内陽一郎君(d)に白羽の矢を勝手に立てたわけです





山内君と私は同じ札幌出身、しかもどちらも、札幌の重鎮ドラマー、大山淳さんの門下生なんです。




つまり、私と彼は同門の兄弟弟子、という間柄なんです。




つまり、多少の無茶振りは許される関係性なわけです




えへ( ´ ▽ ` )ノ




で、ライブにいらっしゃらなかった方はわからないと思いますが、本来フォーマットはあくまでジャズなんですが、私、訳あってライブ途中からおネエになったんですね





で、私がおネエになってから鳥越君が山内君にステージ上から突然電話をかけてそのままステージに上がってもらう、というとてもジャジーな流れだったんですが、山内君を紹介する時に、私、ついうっかり「札幌のおネエ仲間の陽ちゃんよ」とか言ってしまったんですよ。





すると、陽ちゃん、この突然の無茶振りにもかかわらず、すごい速度で「あら〜おひさしぶりぃ〜」と、ちゃんとおネエで返してきまして。





どうですか、この大山門下生のポテンシャルの高さ






これが我々が考えるジャズの形です







えへ( ´ ▽ ` )ノ






からの、田中、矢吹、鳥越トリオ@京都ラグ、名古屋ドキシー、こちらも、ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。





いや、実は、完全な自分仕切りで、音楽だけの要素でライブをやる、というのがかなり久しぶりだったんです。





本来、こういうライブが普通のはずなのになぜか多少浮き足立つ
、という不思議な現象が自分的に起こった訳ですが、なんかほんと、やってよかった。楽しかったです。




結構、それこそ無茶振りな行程を組んでしまったんですが、お付き合いいただいたご両名、ほんと、ありがとう。





このトリオ、ほんと楽しかったので、できれば、地方もそうですが、都内でもやりたいなあと思っていますので、その際は宜しくお願いします。





そして、このトリオに関しては、何回かやっているうちについついおネエ仲間を突然ステージ上から呼んでしまう、とかいう状態にならないように気をつけます。





そして、千春さんツアーも俄然佳境に入ってきました。





今回のツアーは、ほぼ毎ステージ曲目が変わりまして、場合によっては開演数十秒前に変わる、というか本番中普通に変わる、という事が割と起こります。






つまり、多少無茶振りに近い感じです






しかし、無茶振りに答えるのは、大山門下生としての誇りですからね





頑張ります。






という訳で、札幌にお住いの方で、ドラムに興味がある方は、是非、大山さんを訪ねてみてください。







あっ、大丈夫です、大山さんは決して急におネエになったりとか人に無茶振りしたりとか、絶対にありません。とてもいい人です。


(22:48)