2007年02月14日

舞台の余韻

大熊さんが公式HPのブログを更新してました。

大熊さんが初の脚本・演出・制作を手掛けた舞台『店長と万引き犯と不思議な面々』は連日大入りで、大盛況のうちに幕を下ろすことができたのだそうです。

もうそれは大熊さんのご報告がなくてもわかってました。
連日すごいお客さんの数で席が足りなくなって後輩の芸人さんたちが一生懸命椅子出ししてましたもんね。
しかも稲垣オーナーまで見に来ていたのだそうです!
確かにゴロバで「観に行くよ」とおっしゃってはいましたが本当に来てくれるなんてすごいことですよね。
改めでゴロバの出演者の方々はすごく仲が良いんだなって思いました。
『Goro's Bar従業員一同』でお花も来てましたしね。

他にもジャッカルやクリックで一緒だった相沢真紀さんとかデジドルファクトリーで一緒だった浅木さんや唯川さんが来てたみたいですよ。
昨日、色々検索かけてたらご本人達のブログに書いてありました←ヒマ人・・・(爆)
デジドルのお2人を思い出すのにちょっと苦労しました(苦笑)

大熊さんが舞台をやろうと思ったきっかけは色んなところで言ってましたが、植松さんが東大受験企画をやってて暇だったから。
なので暇潰しに好きなメンバーと舞台でもやれたら楽しいだろうなって思って始めたのだそうですが、気付けばどっぷり深みにハマっていつしかライフワークになっていったのだそうです。

これはグッズで売っていた台本のコメントに書いてあったのですが、最初は爆弾とともに地下室に閉じ込められたと思ったら次々と色んな人がロッカーの中から出てきて、その中に明らかに中東系の過激派のような格好をした西条さんがいるのに、誰もそのことに疑問を持たず「犯人は誰だ?」と探しているシチュエーションコントのような設定だったのだとか。
それが色々な形で変化していって、出演者6人全員で色々と演出をしていった結果、今回のようなお話になったのだそうです。

あの素晴らしい舞台は大熊さんを含め、みなさんで力を合わせたからこそできた舞台なんですね。
各方面から照れるくらいの大絶賛をされているそうですが、あんな素晴らしい舞台だったんですもん、当然だと思います!


そして製作の方もやっていた大熊さん。
実は意外と一番そこに力を入れていて、常日頃からどうやったらお金が儲かるかを考え策を講じていたそうですが、その策がどれもセコかったそうで。。。(笑)
策を色々出してすごいけどセコイ(笑)から最初は三国志の『諸葛亮 孔明』をもじって『諸葛亮 セコウ明』と呼ばれてたそうですが、段々それも勿体無いということになり、『ケチンキュウ』、『クソンケン』と位が下がっていったのだそうです(笑)

前夜祭でもこの話をしてて今泉さんが「みなさん、『ケチンキュウ』ってご存知ですか?」っ言って、どんだけ大熊さんが金儲けについて考えてるか、そしてそれがセコイかを説明してくれました(笑)
その時にも思ったんですが、絶対にこのあだ名を最初に考えたのは安井さんだと思います。
安井さんは三国志の話を朝5時までしたりするそうですし(笑)
そんなあだ名をつけられちゃった大熊さんですが、結果的には策を講じたおかげで儲かったそうなので『クソンケン』と呼ばれてもまぁよいのではないかと思います(笑)
グッズも売れたそうですし、台本なんてR−1の準決勝後の夜中に慌てて増刷したそうですよ。
それでも千秋楽の夜の部では売り切れですでになかったですもんね。


「次回作も書いたほうがいい」といろんな方から言われているそうで、大熊さんも『またいいアイデアが浮かべばやってもいいかな〜」って思ってるそうです。

大熊さんが書くとしたら次はどんなお話なんでしょうか?
そんなことを考えるともう楽しみになってきました。
次回作も絶対に観たいです!!


舞台のオフィシャルブログは今週の金曜日までは残しておいてくれれるそうです。

『店長を万引き犯と不思議な面々』オフィシャルブログ

まだまだ舞台の余韻から抜け切れてないので、せっかくなので金曜日までは浸っていようと思います(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/pine0822/50899623
この記事へのコメント
チキさんこんにちは♪
舞台は本当に大盛況でしたね!立ち見まで出るほどお客さんで一杯でしたもんね。そして、まさかオーナーまで観にきてたとは!
すごいですね、それだけたくさんの人達が大熊さんの舞台を楽しみにしていてくれたってことですよね。そしてそれは大熊さんの人柄が皆に慕われてるからこそだと思います♪
出演者皆さんで作り上げた舞台はホントに素晴らしかったし、大絶賛だったと聞いて私まで嬉しくなっちゃいました(←何もしてないくせに…爆)
ちなみにクソンケンの名付け親は絶対安井さんですよね(笑)。でも大熊さんらしくていいと思います(褒めてます・笑)
グッズも『こんなに売れると思わんかった〜』とご本人がビックリしてたくらい完売状態だったし儲かって何よりです(笑)
私もクソンケンさんの金儲け戦略にしっかり引っ掛かってきました(笑)
私も余韻に浸りながら次回作を楽しみに待ちたいと思います♪
Posted by 桜 at 2007年02月14日 12:57
安井サンの「三國志」の熱の入れようは、波田サンもネタにするくらいだから、相当すごいんでしょうね(笑)
Posted by めんめん at 2007年02月14日 21:51
桜さん、こんにちは☆

舞台は立ち見も出て本当にすごい大盛況でしたよね。
しかもオーナーまで!
たくさんの人が『大熊さんの舞台だから』って観に来てくれるってすごいことですよね。
それだけ大熊さんにみなさんが期待しているし、大熊さんを慕っているんだなって思いました。
大絶賛だったって聞いて、私もすごく嬉しくなりました。
やっぱりファンとしてはそういうの聞くと嬉しくなっちゃいますよね。

クソンケンの名付け親は安井さんですよね(笑)ナイス名付けです!安井さん(笑)
大熊さんに合ってますよね、このあだ名←私も褒めてます(笑)
そのクソンケンさんの戦略にしっかり私も引っかかりましたが(笑)儲かってほんと何よりです。

もうちょっとだけ舞台の余韻に浸りながら次回作、そして今年はシャカの単独ライブなんかも待ちたいと思います♪
Posted by チキ at 2007年02月15日 10:28
めんめんさん、こんにちは☆

大熊さんが三国志からあだ名をつけられたって言ったときにすぐに、先日のWELの波田さんのネタを思い出しました(笑)
一度どのくらいすごい熱の入れようでお話されるのか見てみたいような気もします。
・・・まぁ、終わったあとは波田さんのおっしゃるようにゲンナリしちゃいそうですが(笑)
Posted by チキ at 2007年02月15日 10:32