わたしは「Banana of JoyToy」というYahoo!掲示板の知り合いで構成された自転車チームに所属しているのですが、最近、このチームではさっぱりサイクリングらしい事をしておらず、ただの飲み会集団と化しています。

これじゃいかんという事で、若手ホープのにんじゃさんがツーリングを企画してくれました。
場所は埼玉県の奥武蔵(でいいのかな?)です。

案内されるままに走ったので、どこをどう走ったんだかさっぱり分かりませんでしたが、にんじゃさんがルートラボでコース図を作成してくれたので、そちらを参照してください。
どうやら、小川町、ときがわ町、越生町、寄居町、長瀞町あたりを走ったみたい。

前半コース
後半コース

天気がとてもよくて、緑の中をサイクリングするのはとってもとっても楽しかったです。
クルマ通りが少なく、緑に囲まれた道路。わたしの近所ではかなり限られた場所でしかこのような道は無いのですが、奥武蔵はそんな道ばかり。
小川町に住むatmosさんは、こんな環境に囲まれているんですね。そりゃ、自転車で走りたくなりますよね。うらやましい限りです。(サイクリングに限れば)

全行程で104キロ。ちょうど、足が無くなりそうだったとこで終了でした。
200キロとか600キロとか走っている方々もいますが、わたしにはこのくらいがちょうどいいです。

企画・先導してくれたにんじゃさん、Ryoさん、久々わんだ父さん、ありがとうございました。

<今日の出来事>
・大クスの上りで、わんだ父さんがずーっとダンシングでガンガン行っている姿にビビった。
・中盤の下りで、にんじゃさんがバリバリ伝説張りの2輪ドリフト&スピンターンを見せた。
・わんだ父さんとRyoさんのダウンヒルは弾丸のように速かった。クルマより速いし。
・木の枝かと思ったら、路上に大蛇の死骸があり、モノスゴクびっくりした。あぶなく踏むところだった。
・トカゲが路上を横断したので、びっくりして奇声を上げたら、わんだ父さんにびっくりされた。
・大吟醸ソフトはやっぱり美味かった。
・ソースカツ丼は大ボリューム。美味しかったけど、終盤辛かった。
・長瀞かき氷の売り子のおばあちゃんがお茶目だった。かき氷の大きさと美味さに驚いた。
・わんだ父さんが途中でキシリウムを貸してくれた。このホイール、やばい!


越生町、大クスの上りに到着したRyoさん。
54


更に大クスに辿り着く前の上り。乗って上りなさい。
50


大クス。全国巨木ランキング16位だってさ。
05


小川町の大吟醸ソフト。
11


を、食べる面々。うめえ。
27


寄居町のソースカツ丼の店、今井屋。
58


ソースカツ丼、800円。とんかつが2枚!ギブ寸前で食破。にんじゃさんはぺろり。
45


へらぶな釣りの人がたくさん集っていた、寄居町の円良田湖。「つぶらたこ」って読むんだってさ。
15


湧き水が汲めると騙された、あじさいの道。下ってみたら何も無くて、引き返しの上りが辛かった。
この日でいちばん辛かったかも。
24


どこかしらの峠から見た景色。ほんとうにキレイでした。
38


ドリンクをゲットしようと立ち寄った、24時間営業の自販機。何もねえし。
12


長瀞町のかき氷屋さん!行列が出来てました。夏はこんなもんじゃすまないらしい。
44


の、お品書き。
03


みんなが頼んだかき氷。
オレンジ色がまるごとみかん。ピンク色がこだわり白桃。白いのが甘酒、かけながら食べる。
18


わんだ父さんが貸してくれたキシリウムを装着。フレームを買った時に等しい衝撃!
上りでぐいぐい行ける気がします。やばいです。ホイールに大枚をはたくサイクリストの気持ちが分かった気がします。
37


にんじゃさんからもらったホイール、フルクラムのRacing7をお持ち帰り。
これで息子の自転車を組んであげられるかな。
57