February 18, 2014

日本では報道されないソチ五輪と東アジアのゲイの問題

ソチオリンピックで日本のメダル獲得数が前回を超えたのはめでたい限り。だけど日本で何故合衆国のオバマ大統領やEU諸国の首脳が開会式を欠席したのかという報道は一切されない。開会式でプーチンの隣に立った主要国の元首は日本の安倍首相と中国の習近平国家主席ぐらいだった。

欧米諸国では同性婚が法制化され、保守的な世界は一方通行じゃない。ロシアやウガンダのように反対に取り締まりが厳しくなる国もある。その背景には主に宗教があるものの、いっぽうでイギリスの植民政策が反ソドミー法を広げ残しているという事実がある。イギリス政府は「もはやそれらの国に影響力が無いから」とほっかむりをしている。ならば、少なくともアンチ・ゲイの動きに反対する動きををもっと積極的にサポートしろよ(怒)。

それはさておき、この地図で東アジアは一様に無色透明で、一見問題が無いかのようにも見える。しかし、中国のゲイの7割近くは一人っ子政策の影響で結婚しているし、韓国や日本ではその家族主義の強さから結婚問題の他にも医療、福祉、金融、住居、等々、社会制度の各方面に欧米とは別の障害が横たわっている。同性婚で不利益を一発逆転で解消したい気持ちも判るが、制度や慣習のレベルが変わらなければ法制化されないのも現実。東アジアでは同性愛に関して宗教的なタブーが無いいっぽうで、問題はその家族主義が社会構造化しており、LGBTは西洋とは違うスタイルの闘いを求められる。

この地図が示す生存権の侵害は誰にも判りやすくて支援も得やすいが、社会構造的な問題はまず当事者が自覚して、根気よく周囲に働きかけて理解を求める必要がある。

詳しくはこちら
Download ILGA State-Sponsored Homophobia Report and Gay and Lesbian rights maps(英語サイト)
http://ilga.org/ilga/en/article/1161

コメント