2007年02月11日

修行

今月18日からバカマラソンに行く事になりました。バカマラソンってのはなんだ、っていう方は、リンクの「多重人格」にいってカテゴリのバカマラソンをよく読めばわかります。簡単に言うと、「遠くまであてもなく走る旅」です。肝心なのは、歩く、ではなく、走る、という事です。
そもそもバカマラソンの起源は、「うっすら見えるあの山をはっきり見たい」という所にあります。そうなんです、とてもピュアな所から始まった企画だったのです。それがどんどんエスカレートしていき、関が原、豊橋、下呂、知多半島の先っちょ、石川県琵琶湖の手前、と、どんどん遠距離の笑えない企画になっていったのです。(出発点はすべて、名古屋市港区より)番外編として自転車京都編なんてのもありました。
これは何が楽しいって、たぶんこの感情を正確に皆さんに伝えるのは無理なんです。なんというか大げさに言うと、一つの人生を圧縮して経験したような気分になります。え?あ、はい。気持ち悪いです。ごもっともです。僕がこれやった事なくて、「バカマラソ〜ン、へへへ〜」なんてほざいておられる方を見たら、どん引き、というより、「もっと生産的な活動をしろ!」とか、もっと具体的に言うと、「気持ち悪い!よるな!」という感じでしょうか。だからこれリアルな友達とかにはほんと言いたくないです。たぶんここを見てるリアル知人ってごく一部なので、バッチおっケイです。

そんなこんなで、目前に控えた新企画。ここ数日は体力作りに励んでいます。そして昨日、予行演習の意味を含めて刈谷市までプチマラソンをしてきました。30キロ弱くらいのコースで、よく練習に使うのです。ちなみに、あくまで刈谷市にあるおばあちゃんの家まで行く、という名目で走ります。そう、あくまで。ただ、冬なのに汗だくで現れた孫の僕を見て、おばあちゃんはどう思うのかが唯一の気がかりです…。
久しぶりの長距離ランニングはやはり楽しかったです。天気もよく、風も心地よく清々しい気分で駆け抜けます。ただどうしても「恥ずかしい!」という思いは何度やっても捨てきれない自分がいます。たぶん、いかにもな格好をしてればそんなに恥ずかしくもないのかもしれませんが、ジーンズに長袖のシャツにジャンバーを一枚、という、まるで近所のコンビニに行くかのような格好で僕はやっているわけです。そうなんです、限りなく「ランナー」なオーラはないんです。だから、他人から見れば、「プププ、体力のない子が体力作りしてる」とか「プププ、ダイエットだー」みたいに思われているに違いないんです。実際よく、ニヤニヤしているおじさんにすれ違ったり、まるでひな鳥を見つめるかのような暖かい目でこちらを見る老夫婦と出会ったりします。おじさんや老夫婦的には、「若いもんが昼間っからがんばっとる」てなとこなんでしょう。この視線がとても恥ずかしいんです。
昨日のプチマラソンでも特に腹の立つ事が起こりました。「あれ?何か足音が自分の他にも聞こえるような…」と、横をちらりと見てみると、一人のガキが、「えっほ、えっほ!」なんて言いながら僕に並走しているではありませんか。いやぁ、ちょっと不適切な発言をします。蹴っ飛ばしてやろうかと思いましたね。実は子供嫌いの僕なんで、3倍くらい余計に腹が立ちました。「おい!クソガキ!並走するなら並走するで、あと30キロ刈谷市までついてこいやぁ!!」と、腹の中では煮えくり返る思いでした。

しかし、体力的にはまったく問題もなく、予想以上に順調に走る事ができました。やはり大きな目標を掲げての30キロと、30キロを目標にした30キロとでは、精神的に大きく違います。バカマラソンは精神と体力が4対1である事を、ここでも再確認。

何か本番に向けて役立つ新しい技を、と、「居眠りマラソン」に挑戦してみたりもしますが、右腕を壁に強打しあえなく断念…。しかし、夜中に眠りながら走れたら、長丁場のバカマラソンにとってこんないい事はないなぁ、なんて思う次第です。

そんなこんなで無事刈谷市に到着。調整は順調にきているようです。あ、そういえば、今回の目標地点を言ってなかったですね。今回のバカマラソンは「合掌作りを見に行く!」が目標です。これはY平君(多重人格の人)の提案で、僕も何の否定をする事もなく、「あぁ、いいんじゃない」と軽く返事をしました。合掌作りが岐阜にある、って事だけは知っていたので、ノリ的には過去に経験した下呂マラソンみたいななものか、と思っていました。そこで、今日、というかついさっき、はっきりとした場所を把握するために、地図を広げて調べてみます。しかし、なかなかすぐに合掌作りのある白川が見つかりません。あんまりにも出てこないので、念のため捜索範囲を石川県の方まで広げてみます。あ、ありました。…。…。…。…。目を疑いました。これもう岐阜っていうよりは石川県でしょう。下呂マラソンの120キロでも死ぬ思いだったんですが、これは優に200キロはあるかと思います。「Y平のバカチン!!」と思わざるえなかったです。彼はバカマラソンをなめているのでしょうか。これは大変な事になりそうです。今回ばかりは断念しないと言い切る自信が正直ありません。しかもY平君に「20日に研究室に行かないといけないかもしれない!」というプレッシャーもあり、タイムリミットは2日間という制限までついています。まったくもってY平君はバカマラソンをバカにしているようです…。バカバカマラソン。

Posted by pinknonamakemono at 16:28│Comments(6)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/pinknonamakemono/50427927
この記事へのコメント
おぉー、ついにバカマラソンっすか!
どんだけ待ち焦がれた事か。
Posted by バル at 2007年02月12日 10:26
あ、君も見たんだ……200キロだったね。へへ。
一応ジムってるから、一応ジムってるから。僕足引っ張らないから。
だから頑張ろう。
Posted by Y平 at 2007年02月13日 00:29
へぇ。白川村かぁ。
・・・ん?白川?
・・・?白川??
・・・。
・・・。
僕はグーグルアースで追いかけます。
宇宙から見てます。
頑張ってください。
Posted by GUMOL at 2007年02月14日 19:49
バルくん>

今回ばかりは本当に断念しそうな気配満々なので、あまり期待しないで!たぶんがっかり度はすさまじいですよ…。
Posted by 弱気たいし at 2007年02月15日 01:15
Y>

200キロはね…。はっきり言おう。たぶん挫折します!
Posted by 根性なしたいし at 2007年02月15日 01:15
GUMO〜L>

よろしくお願いします。しっかり見張っててね。遭難した時の僕らの命は君にかかってるから!
Posted by リアルに遭難経験あるたいし at 2007年02月15日 01:16