地滑小心な旅行ブログ

海外(主に香港)一人旅・国際B級グルメ探訪・羽田空港中心のブログです。

インドネシア食その44 朝食バイキングで謎デザート「ブブール・スムスム」との遭遇@ノボテル・ジャカルタ・ガジャマダ

2016/09/23
一夜明けて、ジャカルタ旅2日目の朝がやってきました。
JKT_2016SEP_003_R04
ウヒョー、超イイ眺め。
宿泊ホテル「ノボテル ジャカルタ ガジャ マダ(TripAdvisor)」の自室からの眺めです。

昨晩は暗くて気づかなかったのですが・・・。
JKT_2016SEP_005_R04
眼下のビルの屋上が公園になっているようです。
対面のレジデンス(居住区)のお金持ちな華僑系の住民たちがランニングしたりして健康増進中。

足ツボマッサージできるデコボコの小径を、裸足で歩むおじさんの姿があり。
image
強靭な足の裏をお持ちの様子。
私にはイタくて無理ですわ・・・。

ジャカルタの民家を眺めていて気付いたこと・・・。
image
衛星放送受信用のパラボラアンテナが、ほぼ真上を向いています。
東京だと、仰角がだいたい35度前後ですが、ジャカルタではほぼ90度です。
赤道に近いので、静止衛星はほぼ真上に見えるワケですね。
なるほど~。

などと、眼下の景色を眺め始めるとキリがないので・・・。
JKT_2016SEP_174_R1
身なりを整えて、ホテルの朝食会場へ。
朝食は朝6時からとのことなので、オープン直後に行ってみました。

種類はかなり豊富です。
JKT_2016SEP_181_R1
フルーツ類やホットミール各種あり。

ご飯ものもあり。
JKT_2016SEP_186_R1
お馴染みナシ・ゴレンではなく、Nasi Samin? と書いてありました。
サッパリ系の塩味で、ほんのりと香草の香りがして美味です。

オムレツをその場で作ってくれるコーナーもあり。
JKT_2016SEP_182_R1
いわゆる欧米系の朝食だけではなく、テンペなどインドネシアのローカル食も充実しています。
各お料理には、その名称がインドネシア語で書かれた札があるので、お料理の名前をその場で学習することができます。
日本人には知られていないローカル食が色々ありで、インドネシア食マニヤにはたまりません。

サラダバーもあります。
JKT_2016SEP_183_R1
お野菜の種類は少ないですが。

というわけで、各種朝食を少しずつ頂きます。
JKT_2016SEP_184_R1
左下のスープは「Sop Bakso Sapi=牛肉団子のスープ」です。
ややしょっぱめですが、弾力のある牛肉団子とセロリなどが入っていて美味でした。
サラダやご飯類、チキンソーセージも、安定した美味しさ。
朝からお腹いっぱい頂きました。

デザート類も色々あり。
JKT_2016SEP_176_R1
ミニなマンゴーデザート的なのや、インドネシアでよく見かける緑色のおはぎみたいなのもあります。

ドーナツ・タワーもあり。
JKT_2016SEP_178_R1
これは壮観。
でもこれだけで満腹になりそうなのでパス・・・。

そんな中、ふと目に留まったのは、こちらのローカル食。
JKT_2016SEP_179_R1
説明書きには「Bubur Sumsum (ブブール・スムスム)」と書いてあります。
なんだろう?
Bubur = お粥、の意味ですが、お粥には見えません。

マ・クベの壺のようなものに、白い豆腐のようなモノが入っています。
image
これ単体では味が無さそうに見えます。

その隣には、茶色い液体あり。
image
うーむ、どれが「bubur sumsum」の本体なのかワカランです。
一体、どうやって食べるのか。

近くのホテルのスタッフーに訊いてみます。

私 「ハウ・ドゥー・アイ・トライ・ディス?(これはどうやって食べるですか?)」
スタッフー 「アズ・ユー・プリファー(笑)!(お好きにどうぞ!)」

イヤイヤ、そうではなくて、何というか、基本的な食べ方が分からないんですよ・・・。
器を取ってジェスチャーで、これを入れるの?みたいな感じで聞いてみると、やっと教えてもらえました。
スタッフ氏によると、白い豆腐みたいなのが本体で、これにココナッツミルクや、茶色や黒のシロップ類をかけるのだという。

私 「イズディス・スウィート?(甘いの?)」
スタッフー「イエス(笑)!」

なるほど、デザート系の食品なのですね。
では、早速オタマで白い豆腐みたいなのを、恐る恐るすくってみます・・・。
が、プリンッ!とオタマが弾かれました。

私 「お、おぅ!??(怖)」
スタッフー 「アハハハ(爆笑)」

豆腐のように柔らかい物質かと思いきや、思った以上に弾力があり、コンニャクのようにブヨブヨしています。
なんじゃこりゃ。

そして獲得したのが、こちらの「Bubur Sumsum」。
JKT_2016SEP_185_R1
茶色いシロップと、ココナッツ・ミルクをかけてみました。
スプーンで頂きます。

お味のほうは・・・。
あ、ウマイ!
ブヨブヨした白いモノ自体にも、ほんのりとさわやかな甘味があり。
茶色いシロップは、黒蜜のような懐かしい甘味です。
「白玉ぜんざい」みたいな感じ。
変なクセも全くないし、結構これは日本人の舌にも合いそうです。
これはタッパに入れて日本に持って帰りたい・・・。

ネットで調べてみたところによると、この白いブヨブヨ(ブブール・スムスム)はお米から作ったお粥の一種なのだとか。
ただ、普通のお粥のようにドロドロしていなくて、ブヨブヨで弾力のある食感になっています。
どうやって作ったんだろう?
お米からこんな食感のものが作れるとは驚きです。
インドネシアには、まだ日本人に知られていない美味しいものが沢山ありそうです。

謎のローカル・デザート「ブブール・スムスム」を制覇した後は・・・。
JKT_2016SEP_188_R1
お客さんが増えてきたので、朝食会場を後にします。
未知のローカル食盛りだくさんで充実の朝食バイキングでした。
またいつかどこかで、「ブブール・スムスム」を食べてみたいです。

宿泊ホテルの詳細はこちら
ノボテル ジャカルタ ガジャ マダ(TripAdvisor)


- PR -

インドネシア食その43 SONG-FA Bak-Kut-Teh(松發肉骨茶)でバクテーを食す@ジャカルタ・コタ

2016/09/22
ジャカルタ旅初日の夜。
ジャカルタ北部のコタ地区の滞在ホテル「ノボテル ジャカルタ ガジャ マダ(TripAdvisor)」にチェックイン後、晩御飯を食べに出撃。

ホテルの目の前を走るのが、交通量が多い大通り「ジャラン・ガジャマダ」。
JKT_2016SEP_123_R1
信号つきの横断歩道などという親切なモノはありません。
地元の方は強引に横断していきますが、私にはムリ。
なので、対面に行くには歩道橋を渡るしかありません。

歩道橋の上には・・・。
JKT_2016SEP_132_R1
もう夜遅いせいか、行商の人はおらず。
平和です。     

歩道橋から、ジャラン・ガジャマダを見下ろしてみる。
JKT_2016SEP_127_R1
一番右のバスが「トランス・ジャカルタ」。
専用レーンを走る路線バスです。
レーンの境界にはブロックが積まれていて、一般の車両が入れないようになっています。 


大通りの端っこは、無秩序な商店街。
JKT_2016SEP_128_R1
歩道を通せんぼするように、路駐車両やら露店やらがあってカオスの様相。
非常に歩きにくいです。
でもこのカオス具合が、ジャカルタの醍醐味(?)でもあります。
あとでウロウロしよう。

歩道橋を渡った先には・・・
image
「NANAMI RAMEN(七味ラーメン)」なる謎のラーメン屋あり。
「七味」と書いて「しちみ」ではなく「ななみ」らしい。
まあ、なんでもイイですけど。
でも目的地はこのお店ではなく、このお隣のお店です。

「SONG FA bak kut teh 松發肉骨茶」
JKT_2016SEP_143_R1
バクテー(肉骨茶=豚肉を漢方スープで煮込んだもの)のお店です。 

シンガポールにある有名バクテー店のジャカルタ支店とのこと。
イスラム教ではNGとされている豚肉を堪能できるお店があるのは、華僑が多いコタ地区ならではです。

店内へ突入。
JKT_2016SEP_138_R1
近代的で明るくてキレイで入りやすいです。
やはり店内は中国系のお客さんで賑わっていました。

インドネシア人の店員さんが注文を取りにきてくれました。
一言で「バクテー」と言っても、お肉や内臓の部位によっていくつか種類があるようで。
お互いカタコト英語のため会話がかみ合わず・・・。

注文用紙を渡してくれました。
HND_2016NOV_001_R04menu
英語とインドネシア語表記です。
自分で欲しいものに数字を入れればOKなので、分かり易いです。
注文用紙の他に、写真つきで日本語表記のあるメニューもあるので併用するとよいでしょう。

ただ・・・。
ジャカルタ行きの飛行機の中で飲みすぎたせいか、頭痛がひどくてあまり食欲がない状況。
あまり沢山は食べられないな・・・。

テンダーロインのバクテー(小)と白ご飯、アイスミルクティーをゲット。
JKT_2016SEP_137_R1
スモールを選んだところ、ほどよい分量で出てきました。
これなら食べきれそうです。
透き通ったサッパリ系のスープで煮込まれた豚肉。 
胃に優しそうです。

コショウの風味が強めでしっかりと柔らかく煮込まれており、ご飯が進みます。
特に味や香りにクセがないので、ガツガツと頂くことができて美味でした。

お会計は・・・

  • Teh Tarik (アイスミルクティー)19000ルピア
  • White Rice 9000ルピア
  • Pork Tender (Small) 56000ルピア
  • サービス料 4200ルピア
  • "PB1" 税金? 8820ルピア

とのことで、合計97020ルピア(約900円)でした。

お腹を満たしたあとは、コタのホテル周辺をウロウロ。
JKT_2016SEP_158_R1
近くに、以前に宿泊したことのあるメルキュール・ホテルもあります。
今回宿泊した「ノボテル」のほうが、セブンイレブンが1Fに併設されていたりする分、便利な感じです。

道路脇の薄暗い屋根の下では・・・。
JKT_2016SEP_164_R1
道端にお座敷の食堂(レセハン?)があり、地元ファミリーがお食事中。
ローカル感満載です。

お風呂イスに座ってチェスをプレイしているご老人も。
JKT_2016SEP_151_R1
かなり自由な感じです。

果物や野菜類も無造作に置かれて販売中。
JKT_2016SEP_149_R1
誰かに持っていかれそうですが・・・。
なんてな、カオスな歩道を観察するのが楽しいです。

ポケモンGOのポケストップやジムも随所にあり。
JKT_2016SEP_002_R04
日本以上にジャカルタの歩きスマホは超キケンなので、気を付けましょう。
歩道に突然穴ボコがポッカリとあいてたりしますので・・・。

そして、宿泊ホテル「ノボテル ジャカルタ ガジャ マダ(TripAdvisor)」に帰還。

シャワーを浴びてサッパリした後、ベッドの上で、ノートPCとモバイルバッテリーとスマホを充電して寝ます。
JKT_2016SEP_219_R04
あと、この写真を撮影したカメラも充電せねば。
充電機器だらけですな~。
電源の延長コードが欠かせません。

というわけで、明日の朝に続く!


- PR -

ジャカルタ旅2016/09 ホテルノボテル・ジャカルタ・ガジャマダに宿泊するの編

2016/09/22
ジャカルタ旅初日の夜。
空港からタクシーで、ジャカルタ北部のコタにある宿泊ホテル「ノボテル ジャカルタ ガジャ マダ(TripAdvisor)」にやってきました。
JKT_2016SEP_118_R1
それなりに広々としたホテルのフロントにて、チェックインを済ませます。

カードキーをもらって、自室へ突入。
JKT_2016SEP_093_R2
入ってすぐのところにスーツケース置き場あり。
照明もあってゴソゴソしやすく便利です。

ベッドはキングサイズで快適。
JKT_2016SEP_094_R2
早速、ダッーとベッドの上にダイブします(お約束)。
お部屋は、やや古さはあるものの、かなり広々で清潔で快適。
スーペリア・ルームで、一泊105万ルピア(約8200円)でした。
昨今の円高傾向のおかげで、割安に泊まれてウレシイです。
豪華さレベルとしては、メルキュール以上、グランドメルキュール以下、と言った感じです。

ベッドの近くにもコンセントあり。
JKT_2016SEP_115_R2
中央左にある正方形がコンセント。
右側にベッドがあります。
充電ケーブルが長ければ、充電しながらゴロ寝スマホ可能です。

窓際には、別途ソファあり。
JKT_2016SEP_097_R2
ミニなテーブルもあるので、飲み食いしながら寛ぎたい時はこちらへ。
衣服をだらしなく脱ぎ散らかすのにも使えます。

窓の外には・・・。
JKT_2016SEP_100_R2
対面に高層ビルが見えます。
空港からタクシーで来た時に、このビルの入口で降ろされてしまい、ホテルの入口が分からず彷徨うことになったのでした・・・。

それ以外は高い建物が無く、素晴らしい眺めです。
JKT_2016SEP_102_R2
背の低い家屋の向こうに、巨大ショッピングモールと思われる高層ビル群が見えます。

デスクもあり。
JKT_2016SEP_110_R2
ノートPCを広げるには十分なスペースはあるものの、コンセントがナイ・・・。
でも近くの照明のコンセントを引っこ抜けば、電源を確保できます。

テレビはサムスン製。
JKT_2016SEP_096_R2
大画面&壁掛けで高級感ありです。

エアコンは、一応温度調整機能つき。
JKT_2016SEP_108_R2
アナログな感じのコントローラ。
マイ最適温度の23度に設定しておきます。
空調の効き具合も問題なしです。

クローゼット内部を捜索。
JKT_2016SEP_112_R2
「ガウン」はありませんでした。

ノボテル・スリッパを発見。
JKT_2016SEP_113_R2
結構モコモコ度が高くてイイです。

水回りへ突入します。
JKT_2016SEP_128_R2
洗面台も広くてキレイです。

無料のお水を発見。
JKT_2016SEP_119_R2
飲料水を買いに行く手間が省けて助かります。

最低限のアメニティ類もあり。
JKT_2016SEP_118_R2
シャンプー&コンディショナーとボディソープ、石鹸の他、歯ブラシセットもあり。
持参してきた歯磨きセットを消費せずに済みそうです。

シャワーブースあり。
JKT_2016SEP_117_R2
お湯の出具合は問題なしでした。
湯船はありませんでしたが、シャワーだけでも問題ない派です。
あと、このシャワーブース、客室とはガラス張りになっていて丸見えになっています。
この構造、東南アジア圏のホテルでよく見かけるのですが、流行っているのかな・・・。
まあ、一人滞在なので丸見えでも問題ないですけど。

シャワーブース内には、こんなようなボタンがあり。
JKT_2016SEP_123_R2
なんだろう?と思ってテキトーに押してみる。

グイーンと、電動でブラインドが下りる仕組みでした。
JKT_2016SEP_124_R2
ああ、なるほど、こうすれば客室から丸見えじゃなくなるワケですね。

トイレは独立。
JKT_2016SEP_122_R2
トイレットペーパーも完備です。
ユニットバスではないので、広々としています。

というわけで、全体的にクオリティは東横イン以上で広さも十分。
「バックパッカー」ほどワイルドな旅行はできない、軟弱トラベラーにはちょうどいい感じのホテルでした。

ホテルの1Fには24時間営業のセブンイレブンが併設されていて便利です。
JKT_2016SEP_032_R04
この写真は翌朝撮影したもの。
屋外に飲食スペースもあり、地元の若者がたむろしていました。
ただし、ジャカルタのコンビニにはお酒は売ってませんので悪しからず。

あと、ホテルの周りは中華街のような感じになっており・・・。
JKT_2016SEP_121_R1
近所に、夜遅くまでお酒が飲めるお店や火鍋屋さん等があるのも、ポイント高いです。
次回はホテル近くのお店で晩御飯の編。

空港からホテルまでの道のり(タクシー利用)は前回の記事をどうぞ
ジャカルタ旅2016/09 空港からタクシーでノボテルホテル・ジャカルタ・ガジャマダに向かうの編

ホテルの詳細はこちら(TripAdvisor)
ノボテル ジャカルタ ガジャ マダ


- PR -
ジャカルタ旅2016/11
宿泊ホテル
インドネシア2015/12
バリ島宿泊ホテル
ジャカルタ旅2014/09
宿泊ホテル
カテゴリ一覧
香港マカオ旅2015/01
香港宿泊ホテル
香港マカオ旅2014/12
マカオ宿泊ホテル
リオホテル
澳門利澳酒店

マカオ半島・新口岸
口コミ・ご予約(楽天)
宿泊体験記はこちら
香港マカオ旅2014/12
香港宿泊ホテル
ドイツ旅2015/09
滞在ホテル2
ドイツ旅2015/09
滞在ホテル1
ヴィラ オリエンタル ホテル
Villa Oriental

フランクフルト中央駅
徒歩3分
宿泊体験記はこちら
口コミ・ご予約
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター (PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード