2006年05月04日

Law-Firm Life Doesn't Suit Some Associates

アメリカの大手法律事務所での「アソシエイト離れ」が結構問題になっている、というW$Jの記事のご紹介。

NALP Foundationという団体の調査によると、500人以上の弁護士を抱える大型事務所で、60%近くのアソシエイトが4年以内に辞めていくとのこと(調査対象期間は、2002年から2004年までの3年間)。大型事務所に限らず、全体でも62%という記録的な数値になっているらしい。

According to an NALP Foundation study unveiled last year that looked at law firms for the three years from 2002 through 2004, nearly 60% of all entry-level associates at firms with more than 500 lawyers had left their firms by the end of their fourth years. For firms of all sizes, it was 62%, a record since NALP began tracking it nearly 10 years ago.



アメリカの大手法律事務所で研修していると、多少その理由は分からないでもない。若手アソシエイトは、コーポレート部門であればM&Aや証券発行のデューディリジェンス、クロージング対応、リティゲーション部門であればディスカヴァリ対応や証拠作成など、ややもすると単調な仕事を任されがちだからだ。特に、500人とか1000人とか弁護士のいる事務所でパートナーになることは難しいし、そんな面白くない業務を続けた暁にパートナーになれなかったら・・・と考えると途中で辞めたくなるのも想像がつく。

ロスのSheppard, Mullin, Richter & Hamptonに所属するアソシエイト(2年目)、Moe Keshavarzi氏によると、ライフスタイルや勤務時間の問題よりも与えられる責任の問題のほうが大きいとのことだ。「責任の重い仕事を任されれば、もっと仕事をしようという気になる」

Some associates appreciate the benefits of big law-firm life. Moe Keshavarzi, a second-year associate at Sheppard, Mullin, Richter & Hampton in Los Angeles, says associates are "very concerned with lifestyle," but he thinks the hours matter less than the amount of responsibility associates have. "The more responsibility you're given, the more you're going to want to work hard."


大型化に伴って、どうしても、ownership of workというか、「自分が必要とされている感」というか、そういったものを感じにくい職場環境になってしまいがちなんでしょうね。

ちなみに、2005年、American Lawyer誌でアソシエイト満足度調査1位になったのはワシントンのDickstein Shapiro Morin & Oshinskyというファームだそうで、週に4日しか勤務しないでよいパート・タイム・ポリシーと、充実したトレーニングがウリとのこと。洋の東西を問わず、法律事務所のアソシエイトは、自由な、かつ自己研鑽できる職場を求めているということでしょうかね。

Washington firm Dickstein Shapiro Morin & Oshinsky, which in 2005 finished first in the American Lawyer magazine's associate satisfaction survey, has for several years had a well-publicized part-time policy that lets its lawyers work four days a week. And it has put a renewed emphasis on training its lawyers, says Michael Nannes, the firm's managing partner.

Proskauer's Mr. Millman agrees with that philosophy. "We have to recognize that not everyone is going to want to spend his or her life at a law firm," he says. "But that doesn't mean you can't be wonderful associate and get a lot out of your time while you're here."



pip3ka at 07:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔