2007年01月18日

イージーマネー

昨日買った漫画
花輪和一「水精」
ヤバい。これはヤバい。
中世の日本を舞台にした真性キチガイグロ耽美漫画。花輪和一は初めて買ったがこんなヤバいとは思わなかった。
表題作ではとにかく脈絡が無く(…というよりは「あるのかも知れないが全く説明が無く」か。)日本の神話、民話に似た感触。
例えば「水を呼ぶ」の意味が終盤までわからない。またなぜ主人公がそれを予知していたのか最後までわからない。
ひらひら飛んでいった石版?の意味が全くわからない。そもそも話に関係ない。

凄すぎる。何が凄いって前述の通りこの漫画は不条理で、冷静に読むと全くつじつまがあってないのだけど、何故か納得させられてしまう。展開がコミカルだからかな?

明日あたりもう一冊買う。みんな買おう。
因みにちびまる子ちゃんの花輪くんはこの人が由来。

諸星大二郎「夢見る機械」
かなりSFだった。「感情のある風景」(だっけ?今電車の中で手元に無いため確認できず。)が好き。超好き。

とり・みき「トマソンの罠」
諸星と連続で読んだせいか印象薄。諸星の微妙な作品を集めた感じ。嫌いじゃないけど。

pipecutzombies at 13:49│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あうとばーん   2007年01月19日 21:28
貸して、
2. Posted by ちん   2007年01月20日 01:26
やだ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔