腰痛で体が動かせないので撮り溜めアニメを観ている東村山ですこんばんは。

ジャンル的にはラブコメ作品という事になるのでしょうか。卜部美琴(うらべみこと)という少女と椿明(つばきあきら)という少年の出会いと関係の深まりを描いた作品です。

卜部美琴と椿明の二人は唾液を通じて記憶や感情をやり取り出来るという作品上の仕掛というかガジェットが盛り込まれております。

考えてみるとこういう一人の少女と一人の少年の関係をジックリと描いた作品というのは案外少ないものですな、まあ私がそういう作品あんまり観てないだけかもしれませんが、少年主人公とお調子者の男友達と美少女沢山というギャルゲー的アニメに比べて少ないとは言えるでしょう。

少年一人少女一人という構図の作品は思い返せば「みすてないでデイジー」というアニメ作品が有りました、随分前ですが。私は「みすてないでデイジー」が傑作だと思うのですが私の周りに同意してくれる人は居なかったです。

話を謎の彼女に戻しますと、ヒロインの卜部美琴という少女はイロイロと風変わりな少女でして常にハサミを持ち歩いていて紙類(ダンボールを含む)を素早く自由自在に切り刻む事が出来るという特技の持ち主でありボサボサの前髪で顔の上半分を隠していたり、クラスメートとはほぼ没交渉だったりと風変わりな少女として描かれております。
が、最も重要な特徴は「他人との関係を自己と相手自身の有り様で決定する」という点が最も重要な特徴ではないかと思います、物語の登場人物として。

卜部美琴は「ヨダレを通じた関係」をきっかけに椿明という少年と関わり始めるのですが、この椿明という少年が「ヨダレを通じた関係」以外になんらセールスポイントの無い人物として描かれておりまして、つまり卜部美琴は椿明という少年を「美少年でモテるから」とか「強いから」とか「金持ちだから」とか「人気者だから」とか、そういう「世間の評判、価値観」や「自分にとって有用かどうかという打算」で選ばない。

卜部美琴はただただ椿明という少年と「ヨダレを通じて」互いに接近したときの心のときめきを感じ合いながら関係を深めていく。陳腐な言い方で申し訳ないが「純愛」ですな。

この作品は「ヨダレの絆」というギミックを用いて、世間的な価値観や損得勘定から開放されて「互いの存在を感じあうという事」ただそれだけを通じて少年と少女が惹かれあっていく、そういう理想化された恋愛を描いているのだ。

観客がこの作品に美しさを感じるとすれば、その観客は「互いの在り様」だけが互いを引きつけ、世間的な価値観や打算から開放された純粋な関係、すなわち純愛が存在して欲しいという願望が作品の中で具現化しているのを見るからだろう。

つまり「自己と相手の在り様、関係性のみが行動の判断基準」という卜部美琴のキャラクター造形は単に少女に風変わりな印象を付与するだけでなく、この作品を成立させる重要な要素であり本質と言って良いと思うのだがどうだろうか?

そんなこんなで、ではまた