そろそろ今年も終わろうかという頃に衆院議員選挙だそうでいやまったくせわしないですなぁ、東村山ですこんばんは。

選挙といっても誰に、どの政党に投票して良いのか分からないよ、というか投票したくなる政党や候補者なんて無いよ、という人も多いかと思われますが、まあ棄権するのも勿体無い。

今の野田政権がダメか?といわれると個人的にはむしろ良くやっている気がするのですが、いかんせん世の中の雰囲気が彼の続投を許さぬ事は間違い無し。そうなると次期政権、おそらく自民党政権が少しでも仕事をやり易いように多少とも議席を伸ばさせるのがマシな選択と言えましょう。

前回の政権交代で分かった事と言えば政治家の質なんて政党を問わず似たようなモノだという事だけで、どこが政権を握ろうが大して世の中は変わらない、と私は思うのですが皆さんはどうでしょう?

橋下徹氏が第三極がどうたらとか言われてますが、維新の会とやらも大した議席は取れない様子。

嘉田由紀子知事が反原発を旗印に新党立ち上げというのは原発問題が気になる有権者にとっては良い受け皿が出来たという感想でしょうか?こういう政党が出来たことによって他の政党としては原発問題をあまり論じる必要が無くなったという、そういう面でホッとしているのではないかと思われる。
小沢氏が参加しているというのも微妙にマイナスイメージで他の政党にとってはプラス材料でしょう。

私としては原発は必要ではないか、その代わり安全策を徹底的に追求すべきだと思っているのですが、こういう政党が存在感を持つことによって議論されるようになるのは歓迎すべきではないかと思っております。

話を橋下徹氏に戻しますと私はこの人をわりと評価している。少なくとも右翼、左翼でガチガチに固まってしまった日本の政治的環境を批判的に問題提起出来た点は評価したい。
橋下徹氏は「敵を作ってやっつけて愚民の人気を集める」とマスコミや批評家連中が叩いているが、私にはむしろ「世の中で当たり前だと思っている事、仕方が無いと思っている事」に対し「本当にそうなのか?」と問題提起している事をもっと評価すべきだと思う。

おそらくこの「批判精神」が橋本徹氏の人気の元であり、いわゆる「言論人連中」に嫌われる原因だろう。
マスコミ等の「言論業界」でメシを喰っている連中からすれば政治家が批判的精神など発揮してはならない、政治家はいかにも政治家らしく旧来通りの行動をしてしてくれないと、自分達が批判精神をひけらかして金を稼ぐことが出来なくなる、とまあ領分を侵されることを本能的に恐れているのだろう。

という訳で橋下徹氏に投票したい気分は多分にあるが、現在は次期政権の安定が喫緊の課題であるから今回は自民党に投票させてもらう。

そういえば先日のこと朝日新聞に鈴木邦男氏という自称右翼言論人のインタビューが載っていて、これがまた傑作な無いようだった、「無いようだった」というのは変換ミスだが実際に内容が無かったのだからあえてそのままにした。
この鈴木邦男氏が右翼思想家を名乗っているのだから、さてどのような意見を開陳してくれるのかと思いきや「最近は左翼が元気無くて右翼がやり難い」などとのたまっている、ただそれだけである。
こんなもんで思想家名乗っている奴も奴だがこんな対談をドヤ顔で載せている朝日新聞も底が知れてる。

所詮右翼も左翼も大手マスコミも戦後体制の中でヌクヌクと生きてきた連中であり、今後の厳しい未来に対処する気など毛頭無い、私たちは懐古趣味と心中しますよと宣言しているようなものである。

とまあ「政治的オポチュニスト」である私は以上のように考え、投票する所存。

ではまた