やっぱり竜が好き

野球(主に中日ドラゴンズ)についてあれこれ語ります

昨年に引き続き与田監督の剛腕が当たりくじを引き寄せた今年のドラフト。
不参加だろうと思っていた育成ドラフトにも参加し、計7人の選手との交渉権を獲得することができました。
指名選手は以下の通りです。



名前 ポジション 学校/企業 投/打
1位 石川昂弥 内野手 東邦高校 右投右打
2位 橋本侑樹 投手 大阪商業大学 左投左打
3位 岡野祐一郎 投手 東芝 右投右打
4位 郡司裕也 捕手 慶応義塾大学 右投右打
5位 岡林勇希 投手 菰野高校 右投左打
6位 竹内龍臣 投手 札幌創成高校 右投右打
育成1位 松田亘哲 投手 名古屋大学 左投左打


一昨年が超ロマンドラフト、去年が願望を越えたドラフトだとしたら、今年は実戦的なドラフトだったという印象です。
1位で今ドラフトナンバーワン打者、2位から4位にかけてウィークポイントを抑える大社の選手、5位以降を光る部分のある投手という指名は王道と形容してもいいかもしれません。

このブログを開設してからの4度のドラフトで今年は言葉を選ばなければ最も地味なドラフトなのかもしれませんが、個人的にはこういう地に足のついた指名は大好きです。


指名を少し振り返ると、予想を超える人気を集めた石川のくじを今年も与田監督がきっちり引くファインプレーでその後がだいぶ楽になったと言っていいでしょう。
森はともかく、小深田や佐藤直樹が1位で指名され、2位でも紅林、宇草、井上広大、そして黒川の名前が呼ばれるなど今年も想像を超える野手人気旋風が吹き荒れました。
その傾向の中で一番最初に、そして予定通り野手を確保できたのは大きかったですね。


石川のくじを当てたことで2位での投手指名がほぼほぼ確定。
ここで佐藤都志也などに突っ込むのは相当な思い切りが必要ということもあり、野手同様思っていたよりも評価が高まっていた左投手をここで確保したのは悪くない選択だったのかなと。

もちろん立野や太田、浜屋の高卒3年目社会人の獲得に動くのもありでした。
特に浜屋は左腕ですしね。
それでも橋本を選んだのは、この秋の投球を見て彼に魅かれたということなのでしょう。

ドラフトのまとめ記事で私は彼を4位に配置しました。
それは今秋の投球をほとんど見ていないからです。
評価をここまで高めた理由はこれから徐々に分かってくるでしょうし、その日が今から楽しみですね。


3位ではこの順位で獲れる最上級の即戦力投手岡野、4位ではここまでよくぞ残っていたという大学生捕手ビッグ3の一角郡司、5位で準地元の岡林を投手で指名。
ここまでは予想通りというか、予定通りというか、あり得そうな、そしてその順位での最適解を堅実に選んでいった印象でした。


サプライズは6位の竹内。
正直、私は彼についてはまったく分かりません。
指名された時に右投手なんだと把握したくらいです。
これから動画などを漁って、指名選手の振り返り記事を書く時までにはどんな投手なのかを説明できるように勉強頑張ります。


育成指名の松田も予定通りだと思います。
出身地や珍しい経歴は関係なく、チームに欠けている左腕であることやフォームの美しさ、そして研究熱心なところなどを見て指名にふさわしいと踏んだのでしょう。
決して話題作りが目的の指名ではないはずです。


少しだけ考えたいのは投手で退団する選手が松坂しかいないのに4人の投手を指名したこと。
そして戦力外を2人出した外野手の指名がなかったこと。
もしかしたら明日以降に追加戦力外(育成での再契約)やトレードがあるかもしれません。そこにも注目していきたいですね。

また、6位で高校生左腕の玉村を獲りに行ってもよかったのではないかとも思います。
このあたりは竹内がどんなピッチャーなのか、相対評価がどんなものだったのか、本人が育成指名も許容していたのかがまったく分からないので何とも言えないのですが、例えば6位玉村、育成1位松田、育成2位竹内という指名もありだったのかなと。

まぁ、ただでさえ人数が多い投手を更に増やすと二軍での登板機会の確保すら難しくなってしまうかもしれないので、支配下指名6人、育成指名1人くらいがちょうどよかったのでしょう。


ただ、ケチをつけるとしたらここくらい。
今年も素晴らしい指名ができました。
スカウト陣や編成陣にはまだ契約を確定させるという大仕事が残っていますが、本当によく頑張ってくれましたし、お疲れさまでしたという言葉を贈りたいですね。

あとは現場と本人たちの頑張り次第です。
まずはまだ決まっていないコーチ陣をしっかりと固め、育成環境を整えてもらいましょう。


少し長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いありがとうございました。
今後は指名選手に関する記事も書いていく予定なので、そちらも読んでいただければ嬉しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

※この記事は前回の記事を見ていただいてからの方が分かりやすくなるので、ぜひ読んでみてください。最後の表にざっと目を通していただくだけでも嬉しいです。


さて、ドラフトが前日に差し迫った今日、中日が石川昂弥への入札を明言。
昨日中日スポーツから出た報道はブラフでも願望でもなく真実でした。

本音を言えば佐々木にも奥川にも入札しないというのはちょっと残念です。
石川は入札するにふさわしい素晴らしい選手だと思いますが、2~3年に1人は出てくる選手。
対して佐々木や奥川はこの10年なら大谷や藤浪、15年なら加えて田中将大レベルの逸材。このクラスの選手が2人もいる(入札が分散する)チャンスを逃す手はないと考えていました。

ですが、今年のドラフトで中日の補強ポイントに最も合致している選手が石川だとみんなで決めたということであれば、それに文句は言えません。
無事に石川の交渉権を獲得してもらいたいですね。

ひとつだけ引っかかるのは、仮に奥川が愛知県出身かつ東邦高校の選手で、石川が石川県出身かつ星稜高校の選手でも同じ選択をしたのかどうか。
選手の出身地で入札選手をひっくり返すということが無ければいいのですが……このあたりはいくら考えても真実にはたどり着けません。
きっと石川が星稜どころか中部地方出身の選手ですらなくても彼に入札していたはずだと信じましょう。

石川への入札はきっと中日にとっての最善手。
気持ちを切り替えて、今回は石川に入札した後の展開をちょっと考えて行こうかなと。


まず考えたいのは石川が一本釣りできるか否か。
今のところ1位指名を公言していない球団の中で石川への入札の可能性がありそうなのはオリックス、阪神、楽天の3球団。この3球団と比べると可能性は薄そうですが横浜が突っ込んでくることもあり得るかもしれませんね。

中でも楽天は石井GMいわく入札を高校生投手と高校生野手の2人に絞ったとのこと。
この高校生野手はまず間違いなく石川のことでしょう。

石井GMの発言は恐らく中日の石川入札宣言を知る前に出たもの。
中日の石川入札を知って、「競合するなら高校生投手に行こう」と考えるか、「ハズレに残っていないなら入札しよう」と考えるのか……
ここまで来たら最後まで入札選手は明言されないでしょうし、どう動くか読み切るのは難しそうですね。

つまり何が言いたいかというと、石川への入札を明言しようが競合する可能性はある、だから石川のくじを外した場合に備えた準備もしておくべきだということです。


現時点で入札が明言されている候補は佐々木、奥川、森下、そして石川の4人。
中日としては石川一本釣りが理想。次点は石川が競合、くじも外すが入札がこの4人のみでハズレ1位の選択肢が多く残ることでしょう。
そうなれば前回記事でハズレハズレ1位候補として書いた選手に加え西や河野に特攻できるようになるので、入札が一部に集中することを祈りたいところです。

この2人は甲乙つけがたいものの、中日がより高く評価しているのは恐らく河野。
2度目の抽選では彼に突っ込むことになるのかなと。

河野のくじも外した場合、あるいは河野も西も残っていない場合は前回記事に書いたような入札をしてもらいたいなと。
今年は素材型の投手とキャッチャーが割と多いドラフトなので、意外とリカバリーが効くのかなと私は考えています。


2位以降はやはり前回記事の表を見ていただくのが分かりやすいのかなと。

少しだけ付け足すと、1位が石川や高校生投手、あるいは捕手に決まった場合、2位に佐藤都志也や宮城が残っている状況になっても手が出しにくい反面、大社の投手に行きやすくなります。
また、オリックスが1位で投手の交渉権を得た場合、2位では恐らくキャッチャーを指名になり、ヤクルトはどんなことになっても1位、2位ともに投手指名になるでしょう。
なので、中日ファンとしてはオリックスが石川に入札しないことと同じくらい佐々木か奥川か森下のくじを当てること、ヤクルトが2位でリリーフタイプの指名に動くことを祈りたいなと。

逆に1位が大社投手になった場合、2位ではなるべく野手を獲ってもらいたいところ。
もちろん宮城あたりが残っているなら彼を獲りに行った方がいいのでしょうが、中日の3位以降なら野手より投手の好素材の方が残っていそうというのがその理由。
このパターンならオリックスの指名が1位海野、2位投手になるのが中日にとって一番おいしそうですね。


最後に、今朝報道にあった上野響平を上位で狙うという記事について。
彼は今年の高校生の中でトップと言って差し支えないほどのショートストップです。プロでも当然ショートとして育てるべき選手でしょう。
その時点で中日が指名してはいけません。

今年ほぼ1年ショートで試合に出続けられた根尾を来年上野と併用するのは育成としては中途半端。
上野をショートとして使うつもりがないのなら指名理由が意味不明。
根尾をコンバートするというのであればフェニックスでショートを守らせている場合ではない。

私が考えられる範囲では上野の指名は中日にとっても上野にとっても損になってしまいます。
よって、この報道は何らかのブラフ、あるいは飛ばし記事なのかなと。というより、そうであることを祈りたいレベルの記事です。


明日はドラフトの結果について書いていく予定です。
その記事で「石川の交渉権を獲得できてよかったし、2位以降もいいドラフトだった」と書けるように今日は祈りながら眠ることにします。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

今回はドラフト全体の展望や私の理想を書いていこうと思います。


最初に入札について。
ここは佐々木か奥川に行ってもらいたいなと。

今日の時点で佐々木はロッテと日本ハム、奥川はヤクルトが入札を明言。
中日も彼らに入札すれば競合は確定です。

それに付随してなのか、中日スポーツが「石川の一本釣りを狙う公算が高まった」というような記事を出しました。
しかし、ドラフト会議は明日なのに何をどう取材したら今日こういう記事を出せたのかが見えないので、どうしても地元の選手を確保してもらいたい中日スポーツ、あるいは地元志向の強い球団内部の人の願望が記事になっただけなのかなと。

また、元も子もないことを書いてしまえば、例え石川に入札したとしても競合しないだなんて言い切ることはできません。
10分の1よりも2分の1の方がまだマシという意見もあるでしょうが、誰に入札しようが外れる可能性を完全に排除できないので、それならばその年に最も評価している選手を恐れずに狙いに行くドラフトが最もいいドラフトだと私は信じています。


ハズレ1位は石川か河野がほぼ既定路線。
彼らがハズレに残っているかは微妙なところですが、仮にそうなった場合ハズレでもくじ引きになる可能性が高そうです。
今年はハズレでの競合くじも外してしまった場合にも対応できるよう例年以上にしっかりと準備をするべきでしょう。

私の勝手な想定では2度目の抽選終了時点で指名されている可能性が高いのは、佐々木、奥川、西、森下、河野、石川の6人。
もちろんくじを当てた球団次第ですが、残った選手の中から最初の12人に入りそうなのは高校生投手の宮城、高校生野手の森、大学生投手の吉田、大西、大学生野手の海野、佐藤都志也、そして社会人投手の太田、立野、宮川あたり。

ここから、佐々木、奥川、西、森下、河野、石川に次ぐ1位候補を7番目から12番目まで私なりに順位付けするならば、

7番目 最も来年先発ができる可能性が高いと感じる吉田
8番目 吉田以上の出力を持つ立野
9番目 チームに欠けているスピードのある左腕宮城
10番目 出力は抜群ながらややリリーフ向きにも見える太田
11番目 今ドラフトナンバーワンキャッチャー海野
12番目 ポテンシャルなら海野以上の佐藤都志也

こんな感じになります。

できれば左で149キロ出せる高校生の宮城か先発として魅力的な吉田、立野を確保してもらいたいところですが、こうやって書いてみると12番目の佐藤都志也が1位になったとしてもそれはそれで悪くはない気がしてきました。


2位は基本的にはハズレハズレ1位候補として挙げた選手の中から残っている選手を指名すればいいのかなと。
ただ、当然ながら2位以降は1位の選手に対応させていかなければなりません。
極端なことを言えば1位海野、2位佐藤都志也なんてドラフトはその時点でダメダメです。
1位が高校生か捕手なら2位は大社の投手、1位が大社の投手なら2位は野手という指名ができればバランス的にはまずまずのドラフトになるのではないでしょうか。


毎年書いていることですが、3位以降は残っている選手と中日よりもウェイバー順が早いヤクルト、オリックスの動向を見て上手く立ち回ってもらいたいですね。
昨年、その立ち回りが完璧だったことが3位勝野、4位石橋という超ファインプレーを呼びました。
もちろん昨年のような奇跡的なドラフトを今年もしてもらいたいなんて期待をするのは酷ですが、年々この立ち回りが上手くなっている感のある中日です。今年も上手くやってくれるでしょう。

まぁ、本音を言えば5位が多さが慣れを生んでいるようにも見えるので手放しに喜ぶことはできないのですが……

また、今シーズンは今のところ投手の退団が松坂のみ。
ドラフト後の戦力外やトレードが無いのであればピッチャーは獲れても3人まででしょう。

以上を踏まえて今年も奥川を当てた場合、ハズレ1位が石川、河野の場合、そしてハズレハズレ1位でピッチャーを確保した場合の4つのパターンそれぞれの指名シミュレーションを作ってみました。
それが下図となります。



パターンA パターンB パターンC パターンD
1位 奥川恭伸 石川昂弥 河野竜生 吉田大喜
2位 大西広樹 立野和明 佐藤都志也 紅林弘太郎
3位 浜屋将太 岡野祐一郎 佐藤直樹 玉村昇悟
4位 中村健人 橋本侑樹 井上広大 柘植世那
5位 喜多亮太 藤田健斗 伊藤健太 高部瑛斗
6位 大関友久 岡林勇希 松田亘哲 松岡洸希


昨年は7位までの本指名と育成選手まで想定しましたが、今年は多くても6人までで育成指名の可能性が薄そうという情報を信じてこのようにしてみました。

やはり選手を被らせずに4つのパターンを書き切るのは私の知識ではちょっと厳しく、パターンDの2位紅林やパターンBの岡林は野手想定で指名しているところから無理矢理にでも形にだけはしたところを感じてもらえれば幸いです。
大西、立野、佐藤あたりを2位に置いているのは予想というよりもはや願望に近くなっていますね(笑)

この表作成において最も悩んだのは井上広大の順位。
今回は4位にしましたが、中日よりも3位指名が早く4位指名が遅い阪神あたりが彼を狙っているのであれば2位を用意しなければなりませんし、膝の故障の具合によっては5位以降でも獲れるのかもしれません。

キャッチャーに関しては出ている情報を見るかぎり中日は高校生に熱を入れています。
しかし、今回は高校生、大学生、社会人、独立からひとりずつ選んでみました。

私は上位で大学生捕手を獲り逃した場合は中位以降に社会人や独立のキャッチャーを狙ってもらいたいなと思っています。
ですが、プロのスカウトから見て例えば柘植や喜多などはプロとしては厳しく、少々時間がかかっても高校生の方が戦力になる可能性が高いということであれば、高校生捕手の指名もありなのかなと。

ただし、その高校生捕手の指名候補の筆頭として山瀬を挙げている理由が奥川とセットで売り出す為ということであれば反対です。
個人的には中位以降で獲れそうな高校生捕手なら藤田を最も評価していて、だからこそ今回表に彼を組み込みました。

プロのスカウトと私とでは野球選手を見る目に差があるのは当たり前。
そのスカウトが山瀬が最もいいと判断して彼を獲りに行くのであれば文句はありません。
仮に山瀬の指名があったとしても外部の人間ではその理由に判断はつきませんが、ぜひとも実力を評価したものであってもらいたいですね。


大雑把ではありますが、以上で今年のドラフトの展望についての記事を締めさせていただきます。
明後日に迫ったドラフトでよりよい指名ができるよう、関係各所には最後まで準備を続けてもらいたいですね。


最後に、今年もドラフトはリアルタイムで観ることができそうなので、昨年同様twitterにてリアルタイム実況みたいなことをやって行こうと思っています。
お時間が合う方がいらっしゃれば是非リンク先のアカウントを覗きに来てください!

ここまで読んでいただきありがとうございました。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

今回は社会人や独立の選手について。


上位候補になりそうな投手は、長身から角度のあるボールを投げる太田龍(JR東日本)、昨年の日本選手権で快投を見せた立野和明(東海理化)、今年に入って球速を挙げてきたゴロP河野竜生(JFE西日本)の高卒3年目の3人と、先発もリリーフもできそうな大卒2年目の宮川哲(東芝)あたり。

中でも河野は唯一の左投手ということもあり、どこかが入札することもあり得るのかなと。
地元選手を中心に取り上げる報道の影響もあってかややトーンダウンした感はあるものの、中日は佐々木、奥川、森下と並んで入札候補に挙げてるくらいですしかなり高い評価をしていると見ていいでしょう。

中日が河野を指名するとしたら奥川のくじを外した際の外れ1位に彼が残っていた場合。
まず間違いなくここでもくじ引きになりますが、縁があれば引き当てられるはずです。

ひとつ考えておきたいのは、ハズレ1位に石川昂弥も残っているときにどうするか。
来年何が何でも勝負をかけるつもりなら今のチームに必要な即戦力先発投手の河野を、中長期的な視点を持ってチーム作りをしていくつもりなら将来のチームに必要な長打のある野手の石川を指名すればいいでしょう。
個人的にはピッチャーなら2位でも獲れるから希少性に勝る石川に行ってもらいたいと思っていますが、河野に行くにしても理由は充分に理解できますし、いい意味でどちらでもいいと考えています。


野手なら小深田大翔(大阪ガス)が2位までに指名されるなんて言われていますが、ショートを守る彼を中日が指名することは無いでしょう。


中位以降だとリリーフとして輝きそうな投手が多い印象。
名前を羅列していくと、右投げなら、下河原駿(日本製鉄室蘭シャークス)、小木田敦也(TDK)、西田光汰(JR東日本)、小又圭甫(NTT東日本)、嘉陽宗一郎(トヨタ自動車)、小久保気(西濃運輸)、宮田康喜(日本製鉄広畑)など。
左投げなら、浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)、中川一斗(JFE西日本)あたりが指名候補。あと、今年も高橋拓巳(日本生命)はどうしても気になる存在です。

中日としてはやはり左の浜屋や中川を狙っていきたいところでしょう。
米村チーフスカウトいわく浜屋は今年のドラフトで4番目の左投手らしいので、上位で左投手を獲れなかったときは3位か4位で彼を指名するかもしれませんね。

また、個人的には2年前のドラフトでもチェックしていた嘉陽は今年も心に引っかかっています。
立派な体格は相変わらずで、リリーフを務めるようになってから出力も上がってきている印象。
大卒社会人の右リリーバーが中日の補強ポイントに合っているとは言いにくいものの、例え違うチームであってもプロに入ってもらいたいなと。


中位以降で獲れそうな右ピッチャーで中日が指名しそうなのは先発ができそうな岡野祐一郎(東芝)や堀田晃(西濃運輸)。
堀田はリリーフで投げた時の出力の高さを評価されている感もあるので、より中日の補強ポイントにフィットしているのは岡野でしょうか。
上位で高校生を指名した際は是非狙ってもらいたい投手です。


野手なら安定感ある打撃が魅力的なキャッチャーの柘植世那(ホンダ鈴鹿)、スラッガーの片山勢三(パナソニック)、走攻守揃った外野手佐藤直樹(JR西日本)などが指名候補。

中日が熱心に追っているのは佐藤ですが、年齢も、ポジションも、右投右打というところも、足や肩を売りにしているところも、小力があるところも伊藤康祐と丸被りの彼を指名する必要があるのかは考えてもらいたいところ。
個人的には外野手を指名するにしても佐藤以外の候補を検討した方がお互いの為にいいのかなと考えています。


独立リーグの選手については気になる選手を数人ピックアップして書いていきたいと思います。

まずピッチャーですが、高卒1年目という若さとサイドから最速145キロを計測したスピード、そして研究熱心なところが魅力的な松岡洸希(武蔵ヒートベアーズ、19歳)、独立リーグの中でならトップと言える馬力を持つ長谷川凌汰(新潟アルビレックス、24歳)、リリーフに転向後も150キロ超のスピードが落ちなかった前川哲(新潟アルビレックス、23歳)、高卒1年目でアイランドリーグ最優秀防御率を獲得、右肘痛が出たというのが気がかりながらも指標的にもプロ入りを目指せそうな上間永遠(徳島インディゴソックス)、昨年惜しくもプロ入りを逃したものの、今年は更に成績も球速も上げた石井大智(高知ファイティングドッグス、22歳)の有名どころ5人がやはり目につきました。

特に若さに加え三ツ間を輩出した武蔵ヒートベアーズ所属というところに縁を感じる松岡と、嘉陽と同様昨年もチェックしていた石井は気になる候補です。


野手だと、守備なら海野に次ぐという評価もある喜多亮太(石川ミリオンスターズ、23歳)と、パワフルな打撃でリーグ4位のホームランを記録した速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス、22歳)のキャッチャー2人と、紆余曲折を経て独立リーグからプロを目指すことになった瞬足天才打者岸潤一郎(徳島インディゴソックス、23歳)の3人あたりが有力な指名候補になってくるのかなと。

中日からすれば、来年から一軍で使うキャッチャーなら喜多、ロマンを求めるなら速水、滝野との被りが気にならないのであれば岸の指名があり得そうですね。


今年は大学生と共に社会人もどちらかと言えば素材型の選手が多いイメージ。
太田や立野はもちろん、河野であっても1年目からローテを回せるかはかなり微妙なところ。リリーフとしてのフル回転なんてなおさらです。
即戦力が欲しいのであればおとなしく宮川や岡野、堀田、浜屋、中川あたりに目を向けるべきでしょう。


今シーズン与田、阿波野、赤堀体制で投手陣の負担はかなり軽減されたと言っていいと思います。
そんな首脳陣にも失策が無かったということは無く、その筆頭に挙げられるのが勝野の中5日起用。
それと同じことを河野、太田、立野らにやってしまうと勝野と同じようにダウンしてしまうかもしれません。
1年目からフル回転できたオリックスの山岡は例外的な存在で、今年も高卒3年目の選手との縁があった場合は、より慎重に起用プランを立てて勝野のようなダウンが続かないようにしてもらいたいですね。


次回はこれまでのまとめを書いていく予定です。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ラジオや地元のテレビ番組で中日の指名候補がチラホラと挙がってきたようですが、それについてもまとめ記事に書くとして、今回は大学生野手について。


今年は複数人のキャッチャーが上位指名されそうなキャッチャー豊作年のドラフトとなりそうですが、その中でもトップクラスの評価をされているのが海野隆司(東海大)。
セカンドスローが1.8秒を切りかつ精度の高いスローイングが最大の売りで、フレーミングもばっちり。さらに、恐らくプロの主力クラスのピッチャーのボールにもある程度対応できるであろうブロッキングも兼ね備えた今ドラフトで最も即戦力に近い捕手です。

打撃面にやや不安を抱えていたものの、昨年春には首位打者を獲得し、今春から4番を打つようになるなど成績は向上。
リーグ戦では通算0本塁打ながら国際大会や高校生との親善試合ではホームランを放っているので長打力がまったく無いということもないのかなと。

この秋はやや打撃で苦戦しているようですが、守れて打てなくはない彼は1位でないと獲れないかもしれません。
中日としてはその順位を用意するかが争点になりそうですね。


海野に次ぐ評価をされているのは海野と同等レベルの肩に打撃力や走力も持ち合わせている佐藤都志也(東洋大)と中学時代からこの世代の中心に君臨し続けた経験と打撃力が売りの郡司裕也(慶応大)の2人。
プロの選手に例えるなら、佐藤は外野を守れる巨人の大城、郡司は広島の磯村というイメージが沸きます。

ただ、佐藤は今年に入って打撃の調子が下降気味で、かつ捕手としての守りに不安があるのが心配ですし、郡司はどうしても肩の弱さが気になるところ。
また、両者とも外野あたりへのコンバートを前提にするにしては打撃力が抜けている訳ではない、いわゆる「捕手としては打てる選手」なので、即戦力ではない可能性も頭に入れつつ指名するべきなのかなと。

補強ポイントを確認した時にも書きましたが、今年のドラフトでのキャッチャーの指名は必須。
それに関しては、海野、佐藤、郡司を上位で獲るのか、上位では他のポジションの選手を獲り中位から下位で独立・社会人か高校生の捕手、あるいは今年に入ってから打撃成績が向上した小藤翼(早稲田大)や石原貴規(天理大)らの中位で獲れそうな大学生捕手を獲るのかが問われることになりそうですね。

個人的には佐藤は2位、郡司は中位あたりでなるべく確保したいが、それ以上の順位を用意しないといけないのであれば諦めるのも止む無し、中位以降は独立・社会人の捕手を中心に考えるのがいいのかなと考えています。


キャッチャー以外に中日が上位で指名しそうな候補となると、正直パッとは思い浮かびません。
福田光輝(法政大)や檜村篤史(早稲田大)あたりの二遊間の選手は高校生のショート同様お互いの為に指名を見送るべきでしょうし、中日が大学生の内外野手を指名するとしたら中位以降になるのかなと。

中位以降で狙うなら打撃センス抜群の三塁手勝俣翔貴(国際武道大)や、同じく打撃センス抜群で主ポジションの外野に加えオプションでサードもできる柳町達(慶応大)、走攻守のバランスが取れたセンターの高部瑛斗(国士舘大)、今春復活を果たし打力のある外野手としての存在感を強めた加藤雅樹(早稲田大)など。
いずれも右投左打の選手です。

この中なら、プロに入ってもセンターを守るビジョンが見える高部と長打力のある加藤が中日のニーズに合っているのではないでしょうか。


右打者なら長打力のある選手を狙いたいところ。
そうなると、今春覚醒し六大のホームラン王に輝いた三塁手安本竜二(法政大)、強肩を売りにライトを守れるという強みのある中村健人(慶応大)、大学の監督いわく先輩の阪神大山の10倍勝負強い大下誠一郎(白鴎大)などが候補。

一応何人か挙げてみたものの、安本は今年の春以外打てておらず、今秋に関してはヒット0で出場試合数が激減していますし、中村は中日の3位まで残るか微妙。大下はレフトやファーストとして考えるともう少し長打力がほしいなという印象です。
個人的には名古屋出身、中京大中京卒でもある中村との縁があればいいなと思っているのですが……こればっかりは巡り合わせ次第ですね。


それ以外に気になる候補は走れて打てる右翼手宇草孔基(法政大)。
盗塁ができる上にヒットを二塁打にできる脚力に加え、この春はリーグ戦で4本塁打を記録。ドラフトサイトによると遠投100メートルなんだそうで、肩も強いと言っていいでしょう。
しかし、この秋の不調や足が速いのにセンターを守っていないところは気になりますし、何よりも送球イップスの気がある点は見逃せません。

だからと言って見逃すには惜しい才能を持っているのが宇草。
桂のイップスを治した実績が中日にはあります。他球団よりも彼の指名に踏み切りやすいのではないでしょうか。
もしかしたら彼は美味しい順位で指名できるかもしれないので、最後までしっかり調査を続けてもらいたいですね。


今年中日が大学生の野手を獲るとしたら捕手か外野手が基本線になるでしょう。
捕手の理想は上記した通りで、外野手なら康祐や滝野とタイプが被らない中村や加藤、センターができる高部を程よい順位で狙ってもらいたいなと思います。


次回は若い好投手が多いという印象の社会人・独立の選手について書く予定です。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

↑このページのトップヘ