ナゴヤドームで行われた阪神との3回戦は5-2で中日の勝利に終わりました。


前半は重苦しい展開だったものの平田の一発で流れを引き寄せ、相手のミスなども絡んでその流れをつかみ取れた試合でしたね。
先発に勝ちが付いたわけでも先制点を取ってリードを守ったまま勝てたわけでもないので快勝とまでは言えないかもしれませんが、久しぶりに気持ちよく勝てました。

先発の大野はボールがばらつきかなり苦しいピッチングを強いられて6回1失点。
大野をエースだと言うなら「悪いながらも粘れた」ではなく「4回先発して3回自分のピッチングができていない」だとか「粘りが足りず先制点を取られてしまった」と評価した方がいいのかなと。
次回こそ勝てるピッチングを期待します。

祖父江は良い当たりを打たれはしましたが三者凡退。
嬉しい嬉しいプロ入り初勝利となりました。

勝ち越した8回に出てきたのは三ツ間。
昨日二塁打を打たれた福留から始まる攻撃だったので岩瀬や岡田をワンポイントで投入するのかなと思っていましたが、回の頭から行ったということは勝ちパターンを任せるということでしょう。

ただ、その三ツ間がピンチを作って代打高山を迎えたタイミングで岩瀬にスイッチという継投は個人的にあまり好みではありません。
勝ちパターンとして送り出したなら早くても失点するまでは投げさせ続けるべきですし、そこまで信用していないなら先頭バッターのところで岩瀬を出すべきだと思います。
結果的に岩瀬はタイムリーを打たれ継投失敗。岩瀬は一昨日の失敗も含めて使いにくくなってしまったのかなと。

岩瀬に続いて出てきた福谷は何とか火消しをしてくれましたが、1球目は抜け球、2球目をとらえられてセカンドライナーと投げている球はかなり危なっかしく感じました。

最後を締めた田島は1番から始まる攻撃を三人でピシャリ。
このピッチングを続けてくれたら安心して9回を任せることができます。


打線の方は内野安打が多かったり何故か雅人を敬遠して代打の井領と勝負してくれたりと打ってるというより運がいいと感じる場面が多かったのですが段々と調子は上向いているように見えます。
特にビシエドのホームランは試合展開を楽にしてくれただけでなく今後に期待を持たせてくれる一発になったのではないでしょうか。


今日の勝利は初の連勝、初の勝ち越しだけでなくヤクルトの試合がなかったこともあり今シーズン初の最下位脱出ももたらしてくれました。
これから順位をどんどん上げてもらいたいという思い以上に通年最下位を避けられてよかったというマイナス思考になってしまっているのはこれまでの戦いっぷりが影響しているからでしょう。
明日からの3連戦で横浜を叩いてこのマイナス思考をプラス思考に転換してもらいたいところです。

先発の又吉がハマスタで投げる試合にいい思い出はありませんが、逆説的にこの試合でも抑えてくれたら先発としてかなり頼りにできると言えるでしょう。
ぜひそうなってもらいたいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ