やっぱり竜が好き

野球(主に中日ドラゴンズ)についてあれこれ語ります

2019年07月

甲子園球場で行われた阪神との16回戦は3-2で中日の勝利。


高卒2年目の山本が地元でプロ初勝利。
同期の清水より初勝利こそ遅れたものの、QS達成は先んじました。

立ち上がりにバタついた前回登板とは打って変わって今日は3回までパーフェクト。
こういう修正ができるところも彼のいいところなのでしょう。
与田の言っている通りカーブやスライダーでカウントを稼げたこと、前回多かった抜け球が減ったこと、あらゆる意味で前回登板を上回る投球をしてくれました。

今日山本についた勝ち星はたまたまだとか運の良さと言ってはいけない彼が実力でつかみ切ったものです。
そういう勝ち方を山本がしてくれたことが本人だけでなくチームにいい影響になればいいですね。
特に同期の石川翔と清水は思うところがあるのではないでしょうか。

ここからは少し先の話。
前回と今回の登板で山本のデータはしっかりとられたことでしょう。
来週も中6日で投げるのであれば当たる相手はリーグ最強打線を誇る巨人。
選手層の厚いチームなので山本が得意にしている左バッターの数を減らして右バッターを固める打線を組んでくるかもしれません。
右バッターは外角に張ってくるでしょうし、丸あたりの左打者はチェンジアップを意識した待ち方(低めを捨てるなど)をしてくると思われます。
そんな中どういうピッチングをするのか。今から楽しみですね。

高卒2年目の彼が「相手の対策を上回ることができるか」という登板の機会を得られそうなのが既に物凄いことだということは忘れないうちに書いておきます。
その登板がどんな結果になっても山本にとってプラスに働くことでしょう。そのプラスがチームの勝ち星にもつながることに期待したいですね。


打線の方は取れる点を取り切れなかったり、走塁ミスが目立ったりとグダグダ。
11安打放っているのに3得点に留まってしまっているのは問題です。

アルモンテのスライディングが滑り過ぎてベースに留まれずアウトになった走塁は練習が不足しているように見えましたし、バックホームの送球をキャッチャーが捕れそうなことを確認してから進塁を試みた京田の走塁に関しては意味がよく分かりませんでした。

中日はホームランが打てるチームではありません。
そんなチームが得点を重ねる為には走塁や小技での凡ミスはあってはならないのではないでしょうか。

まぁ、そういう小技を簡単に決める為には相手に強打もあると思わせ選択肢を広げた方がいいのでしょうし、どこまで行っても長打力不足が得点力不足の決定的な原因という見方もできそうなのですが……


勝ち越しを賭けた明日の先発は阪神戦初登板となるロメロ。
大野雄大のように阪神との相性がよければいいですね。

相手先発は藤浪。
雅人が移籍し周平を欠いた今の中日ではオープン戦や二軍戦のように右バッターを使わないなんてことはできない訳で、お互いの為にとりあえず事故が起きなければいいなと祈っています。
藤浪攻略の肝は外角への対応。右バッターが怖がらずに踏み込めるかどうかがカギになってくるのかなと。
フォアボールや走塁も絡めて相手を惑わせればきっといい結果が出るだろうと期待したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

甲子園球場で行われた阪神との15回戦は6-7で阪神の勝利。


CS放送のアナウンサーやOBがよく口にする「守り勝つ野球」というものは今の中日では不可能だということがこの試合を観ただけでも理解できる。そんな試合でした。

今日の阪神の守備は言ってしまえば崩壊していました。
新外国人ショートのソラーテは捕球ミスも送球ミスもやらかし範囲も狭いという三重苦。
糸原はセカンドで捕球ミス、サードで落球。
マルテが逸れた送球を止めることができなかったり、福留の送球ミスもありましたね。

対して中日の守備陣は素晴らしいプレーを見せてくれました。
阿部も直倫も京田もイレギュラーする打球を事も無げに処理し、ビシエドはワンバウンドの送球を簡単に捕球。
両チームの守備力の差は明確でした。


それでも負けたのです。
投手力と打撃力に比べたら守備力なんてオマケに過ぎず、その2つが欠けている中日ではどんなに守備を固めようとも勝率は上がらないということは認めなければならないのでしょう。

何も今日負けたから言っている訳ではありません。
中日守備陣はBクラスに低迷している期間もルナの守備力が低迷しエルナンデスがショートを守っていた2015年を除き相対的には優秀といえる数字を残してきました。
皮肉なことに、それが金科玉条のように言い続けてきた「守り勝つ野球」では勝てないことの証明になってしまっています。

「守り勝つ野球」で勝つ為には統一球プラスナゴヤドームという地獄のような環境でも2桁本塁打を記録できる選手を4人は組み込めるようなある程度の打力と、勝ちパターンとエースには苦労しない投手力が必要なのでしょう。
それくらいの打撃力と投手力が無ければ守っても守っても報われません。


今日は6回にマウンドに送るべきは藤嶋だったかなとも思いました。
ですが、下位に落ちていく巡りに前々回大炎上したとはいえその前に9試合連続無失点を記録している経験あるピッチャーを送り出しての失敗なのです。
仮に最善の継投ではなかったのだとしても「藤嶋か三ツ間を送り出していたら……」なんてタラレバが出てくるのはブルペン陣が弱いからこそでしょう。

「博志をもっと我慢していれば……」というタラレバも同様です。
博志を早めに諦めたのは我慢が足りなかったからではなく心身の怪我の予防という観点からとも考えられるし、そもそも今年博志が一本立ちすることは計算できなかったということは忘れてはいけません。
博志の替わりの守護神を準備できなかったのも、もっと言ってしまえばシーズン中の離脱が確定していたライデルの替わりを用意していなかったのも弱さなのです。

もっとも、ライデルの替わりの外国人を用意していたとしてもその場合はアルモンテが使えなくなり、アルモンテの替わりになるような日本人外野手もいない時点でどうにもならないのですが……


とりとめのない文章になってしまいましたね。
結論を書くと、守備力を活かす為にはナゴヤドーム本拠地なら当たり前のようにリーグ1位の防御率を記録するくらいの投手力が必要だし、その守りを勝ちにつなげる為にはヒットを14本放ち、フォアボールを4つ選び、エラーを4つももらって6点しか取れない単打打線ではダメ――といった感じです。


編成やフロントが今日の負けに責任を感じてくれていればいいのですが……
優秀な選手は獲っているから使い方含めて現場が悪いなんて悪魔みたいな発想をされていてはたまりません。

明日の先発は高卒2年目の山本。
彼が明日投げるのは彼を見出したスカウトと現場の指導、そして本人の努力によるところが大きいのでしょうが、中堅・ベテラン投手が戦力になっていないからでもあるのです。
この山本と清水の頑張りを理由に今年も豊作とはいえ高卒投手を乱獲するようなことが無いことを祈りたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ナゴヤドームで行われた横浜との16回戦は4-2で中日の勝利。


笠原が6イニング投げて勝ちパターンにつなぎ、昨日の悪手のダメージを最小限にとどめてくれました。
加えて最近投げる機会が無かったロドリゲスにホールドが付き、前回登板でセーブを失敗した岡田がセーブ機会で試合を締めるなど勝ち方としてはかなりよかったのではないでしょうか。

笠原は投げてるボールやランナーを出してからの粘り強さは相変わらず。
あとはもう少し三振を増やしながら長いイニングを投げられればといったところでしょうか。
本人いわく体調にはまったく問題無いようなので、次回登板にでも完全復活を見せつけてもらいたいですね。


打線の方は犠牲フライ3本と併殺間に入れた点の計4得点。
タイムリーもホームランも出ませんでしたが、8連敗中こういう点を取れずに競り負けていた訳ですから好意的にとらえたいところ。

犠牲フライが出たのは盗塁や進塁打でランナーを進められたからこそ。
そのことも忘れてはいけません。
特に、ライトの前に落ちるフライをツーベースにした平田の走塁の上手さは光りましたね。


反面、今日は京田に無理する必要があったのか微妙な場面でホームに突っ込み憤死という走塁が出ました。
他の選手ならいざ知らず、憤死したのは京田。それを踏まえればこの走塁はミスだととらえるべきだと思います。

オープン戦やシーズン前の親善試合でとんでもない走塁ミスをしてしまったので京田は走塁が下手な選手だととらえられている印象があります。
ただ、UBRという盗塁を除いた走塁での貢献度を示す指標で京田は上位常連の選手。昨年に至っては平田に続いて12球団2位の好成績を残しました。
失敗する時は派手ですが、1塁にいるときにヒットが出れば当たり前のように3塁を落としていたり「なんで次の塁に行っていないんだ」という走塁がほぼ無い京田の指標での評価が高くなるのは当たり前といえば当たり前なのかもしれませんね。

そんな京田には「行ける時は必ず行く走塁」からもう少しレベルを上げて「シチュエーションに応じて際どくても自重する走塁」を求めたいなと。
そういう判断が上手くなってくると守備にも打撃にも活きてくるはず。

逆に言えば守備でのポジショニングや打撃での狙い球の絞り方がよくなってくれば走塁での判断もよくなってくるのだと思います。
打撃にしても守備にしても基礎的なことが完璧だとまでは言いませんが、彼はもうレギュラー選手。
試合に出るのは当たり前で、試合の中でどういう判断をするのかだとか、シーズン中疲れが出た時や調子が落ちた時の乗り越え方などレギュラー選手ならではの課題に取り組む段階になっているのかなと。

内野の要のショートを守る京田がどれだけクレバーな選手になることは中日が優勝を目指すにあたって欠かせない要素のひとつでしょう。かなり大変な道のりなのでしょうが頑張ってもらいたいですね。


来週のビジター6連戦はすべて屋外球場。
3勝3敗なら御の字と言いたいところですが、今の位置から巻き返すには少なくとも勝ち越さなければなりません。

松坂に代わって土曜日に投げる先発が誰なのか。
今日上がってきた又吉や木下雄介の調子はどうなのか。
バックアップが1人しかいない内野手を二軍から補充するのか。
補充するなら誰になるのか。

そういう楽しみもありますし、まだまだ諦めずに戦ってもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ナゴヤドームで行われた横浜との15回戦は3-12で横浜の勝利。


前回松坂が登板した試合の記事で私は「登板を重ねていくごとによくなっていく兆しはある」と書きました。
そんな予想というか期待持って観戦した松坂2度目の先発登板が考えられるかぎり最悪の結果になってしまいましたね。残念としか言いようがありません。

前回弱かったボールの威力はそのままに変化球のキレもイマイチ。その上ストライクとボールが前回よりはっきりするようではこの結果は当然でしょう。

若い頃からよくなかったコントロールの改善は難しそうです。
ソフトバンクの和田のように今の年齢からでも頑張れば球速を上げられるのでしょうが、打者を制圧するレベルまでを期待するのは酷。
今日そうだったように、投球術や経験で抑えるのにも限界があります。

そんな松坂が武器にできそうなのはやはりボールのキレ。
それをどれだけ取り戻せるかというところに彼のプロ野球人生がかかっているのかなと。

こんな大爆発をしてしまった以上しばらくチャンスは与えられないでしょう。
今シーズン中にもう一度投げられるかどうかも分からないと言わざるを得ません。
恐らく松坂は来年の契約ももらえるでしょうし、少々時間をかけてでもボールのキレを取り戻してまた一軍のマウンドに登ってもらいたいですね。


松坂降板後を三ツ間2.2イニング、祖父江4イニング、谷元1イニング、藤嶋1イニングとつないで試合を終わらせられたのはよかったと思います。
特に打席にも立って4イニングを45球で投げ切った祖父江はよくやってくれました。

ただ、回跨ぎの登板が多い三ツ間が投げ急ぎからか疲労からかややリリースが早くなってしまっているように見えたのは心配です。
気のせいだといいのですが……

松坂を登録するにあたって抹消されたのは博志。
博志を抹消することに異議は無いのですが、同時にベンチに4人も登録されている外野手の中から1人抹消してリリーフの枚数を減らさずこの試合に挑んでいれば三ツ間の負担増や藤嶋の連投は避けられたはず。
今日投げるのが大野雄大や柳ならまだしも松坂が投げる試合でリリーフの枚数を減らしてこの結果では、避けられる悪手を指してしまったという印象になってしまいます。
まぁ、いくらなんでも0.1イニングでKOされてしまうことまでは想定できなかったということなのでしょうし、強く責めることもできないのですが……

経緯はともかく、この判断が悪手になってしまったという結果はもう変えられません。
今考えるべきは悪手のダメージを小さくすること。リカバリー可能な悪手になるのか、被害が広がり大悪手になってしまうのかは明日次第。
笠原には直接勝ちパターンにつなぐ投球が求められます。


打線の方はこの試合展開なのでどうにも評価しづらいのですが、今日の石田相手に5イニングで1点も取れないのですから状態はよくないのでしょう。
明日の相手先発中川はプロ入り初登板。当たり前ながら初対戦の相手なのでいい意味で切り替えて臨んでくれればいいのですが、一昨年ナゴヤドームで平良や濵口など横浜のピッチャーにプロ入り初勝利を献上しまくった嫌な記憶も蘇ってきます。

先週の日曜日、ハマスタで3連敗目を喫した試合の記事で「最悪連敗が9に伸ばすことも覚悟」というようなことを書きました。
相手先発の巡りが苦手な投手ばかりだったからですが、そんな予感に限って的中にリーチがかかってしまったのは嬉しくありません。

その記事で書いた明日の横浜の先発投手予想も、松坂についての予想も外れたことですし、9連敗の予感も外れてもらいたいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ナゴヤドームで行われた横浜との14回戦は1-2で横浜の勝利。


20年以上前に発売されてから今なお世界中で愛され続けているポケットモンスターというゲーム、プレーしたことは無くても名前くらいは知っている方は多いのではないでしょうか。
今日の試合を観て、かつてこのゲームに熱中していた頃を思い出しました。

私が遊んだのは初代の赤版と言われるもの。
この版でプレーヤーはくさタイプのフシギダネ、ほのおタイプのヒトカゲ、そしてみずタイプのゼニガメの中から1匹を最初のパートナーとしてポケモンマスターを目指す旅に出る訳ですが、私が選んだのはヒトカゲでした。

ただ、このヒトカゲはなかなか扱いづらく、特に最初のボスタケシが使ってくるイワークというポケモンとの相性は最悪。
フシギダネやゼニガメなら10レベルくらいあれば充分倒せるのにヒトカゲだと20レベルあっても苦戦してしまいます。
私がそうだったように、ヒトカゲをパートナーにした子供たちはヒトカゲでの突破を諦め、ニドランというポケモンを捕まえたり、キャタピーというポケモンをバタフリーに進化させることでイワークを倒したのではないでしょうか。


今の中日打線はヒトカゲばかりです。イワークとの対戦には苦戦します。
人間はポケモンとは違って調子の良し悪しがあるのですべてがゲームと同じとまでは言いませんが、今日の平良は相性の悪さを覆すほど乱れてはくれないどころか丁寧にコースを突くいいピッチングを披露。その時点で今日の結果は見えていたのかもしれません。


いくら相性の悪い相手とはいえ同じピッチャーに何度もやられてるのに特別な工夫があったようには見えませんでした。それは残念です。
ただ、それ以上に同じようなバッターが並ぶラインナップに変化が欲しいと強く感じました。

具体的に言えば前捌きのフライヒッター。
中日には福田しかいません。そういうバッターを増やして、ヒトカゲの中にニドランを混ぜられるような選手層にしてもらいたいなと。

平良や昨日対戦した野村を打てないのは現場の問題以上に過去のドラフト戦略の偏りがもたらしている気がしてなりません。
広いナゴヤドームに対応できる足の速い選手ばかりを獲得してこうなっているのは明白です。その点を中日編成陣は何を思っているのか……その答えは今後数年のドラフトで明らかになってくるでしょう。

この際はっきりと言ってしまいますが、今の選手層を見てさらに走力重視のスカウティングを続けるようならナゴヤドームのフェンスを下げようがテラスを付けようがチームは変わりません。


また、ベンチに亀澤が残っているのにピンチバンターとして木下を選んで案の定失敗したり、最終回代走で使った亀澤が記録には残らないものの訳の分からない暴走をしたり、今の中日は残念ながら隙だらけのチームなんだと思います。
フライヒッターは急には増やせませんが、隙の無い野球は今いるメンバーでもできるはず。そういう野球を叩き込む為に呼ばれたのが与田であり伊東のはずなのですが……もう少し時間がかかるということなのでしょうか……


先発の柳はやはり序盤に一発食らったものの、しっかりと7回を投げ切り2失点。
たぶん調子はよくなかったのでしょうがよく投げてくれました。
福も藤嶋も好リリーフ。
それで勝てないあたりやはり悪い意味での噛み合いが強くなってきているのでしょう。
明日の先発松坂にはそんな噛み合いの悪さを覆す流れを呼び込んでもらいたいですね。

相手先発は石田。
平良がイワークなら石田はタケシの次のボスカスミが使うスターミーという感じで中日のヒトカゲ打線では苦戦してしまうのかもしれませんが、ゲームと現実は違うんだぞというところを見せてもらいましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

↑このページのトップヘ