本日アルモンテ、モヤ両外野手の獲得が正式にが発表されましたね。
モヤについては詳しく記事にしたいところですが、今回は何とか年内に書きあげたいと思っているのにだいぶ間隔が空いてしまった今年のドラフト5位と6位の指名について。


5位 伊藤康祐(中京大中京) 外野手


昨年の藤嶋の指名もそうでしたが、彼が事前に下位での指名が報道されていた地元出身の甲子園出場高校生だったこと、加えて4位までに中日の選手編成的に絶対に獲りたかった高校生外野手の指名が無かったこともあってこの順位での伊藤の指名を予想できた人も多かったのではないでしょうか。


中日の4位指名から5位指名の間に個人的に外野手として考えていた桜井周斗(日大三)や永井敦士(二松学舎大付)、高校生ではありませんが島田海吏(上武大)や田中耀飛(兵庫ブルーサンダーズ)といった外野の候補は指名されてしまいました。
残っていた若い外野手の候補はオリックス6位指名の西浦颯大(明徳義塾)と西武の育成1位指名だった高木渉(真颯館)、そして伊藤くらい。
その中から伊藤を最も将来性が豊かな選手だと判断した上での指名であれば問題ないでしょう。

やはり不足しているセカンドの候補として宮本丈(奈良学園大)の指名も考えられましたが、若い外野手はしっかりと確保しておきたいポジションだったので個人的には伊藤の指名には納得しています。

ただし、それは「伊藤を5位で指名するから4位以前は外野手の指名はしなくてもいい」と判断してドラフトの戦略を立てていないという前提に立ってのもの。


中日の選手編成を見れば投手のプロスペクトに対して野手のプロスペクトが圧倒的に不足していることは明確です。
しかし、今年も上位2位までを投手指名、本指名6人中4人が投手、そして育成でも投手2人の指名。

中村のくじを外し、思いがけず2位に石川が残っていたが故にこのような指名になったのは分かります。ただ、4位以降の指名にはもっと他の可能性もあったのかなぁと思ってしまうことも事実。

完全に個人的な好みではありますが、4位で外野手として桜井を確保し、5位は残っていたら清水達也、あるいは繰り上げて山本拓実、6位は清水を指名できていたらそのまま山本、山本を繰り上げ指名していた場合は今年のドラフトの方針とはややぶれるものの寺岡寛治(石川ミリオンスターズ)という指名も面白かったのではないかなと。

とは言っても4位で清水を指名したことも、5位までに残っている高校生外野手の中から伊藤を選んだこともきわめて妥当な判断だったと言えるのも間違いないでしょう。


伊藤の武器はやはり50メートル5.8秒という足や、プロスカウトから強いと評される肩、それに甲子園のバックスクリーンに放り込めるパンチ力などの身体能力。
173センチと身体こそ小柄ではありますが、チェックできた映像を観るかぎりプロで勝負できる身体能力はあると感じました。

足への注目度が高いようですが、やはり私が観たかぎりでの情報ではあるものの走力だけに依存しない守備ができているのも彼の長所のひとつ。
もちろんプロに混ざった際には不満も出てくるでしょうが、二軍で我慢してでもセンターとして起用するだけの価値のある能力を持っていると思います。

反面、打撃はかなり時間がかかりそうだという印象を持ってしまいました。

確かにパンチ力はありますし、振り切る打撃を心がけているように見えた点は好感を覚えましたが、今のままの身体の開きが早く脇が締まらない打撃フォームではプロのストレート、とりわけインコースのストレートへの対応には苦慮しそうです。

新人のフォームをいきなりいじるのもどうかと思いますが、伊藤の場合はまず木製バットに慣れるところからスタートしなければならないでしょうし、二軍の打撃コーチにはいいところを残しつつ欠点を減らせるような指導を時間をかけて行ってもらいたいですね。

伊藤の長所、課題、不安、将来的な期待を書くと

【長所】
身体能力の高さ
守備のセンス

【課題】
欠点の多い打撃フォーム

【不安】
小柄な身体がプロの日程に耐えられるのか
打撃フォームをどこまで矯正できるのか

【将来的な期待】
横浜桑原のような小柄ながらパンチ力のある守備型のリードオフマン


6位 山本拓実(市立西宮) 右投手


このくらいの順位だと各球団の隠し玉的な選手や補強ポイントを埋める為の選手が指名されがちで、中日の今年の指名方針を考えれば指名するべきは山本と牧丈一郎(啓新)のどちらか。その二択で山本を選んでくれたことは個人的にとても嬉しく感じました。
指名順位、素材、チーム状況などを総合的に踏まえて会心の指名だったと思います。


山本のいいところはやはりストレート。
小柄な身体をダイナミックに使ったフォームから最速148キロ、常時140キロ台を計測するストレートはスピンが効いているように見えます。

変化球は縦、横の投げ訳をしているスライダーが最大の武器のようで、それ以外にもカーブ、チェンジアップ、カットボールも投げるようですね。
高校生としてはかなり豊富な球数ですが、絶対的な決め球があるわけではなさそうなので技術的にはまずここが課題になるのかなと。

今年の夏23イニングを投げて与四死球2と言う安定感も大きな武器のひとつ。
フィールディングやクイックも高いレベルでこなす野球センスの高さも感じますし、指名順位こそ下位ですが今年の高卒ルーキーの中で最も早く実戦デビューし結果を出すこともありそうですね。

インタビューなんかを観ていても野球に対する意識の高さや頭のよさも持ち合わせていそうですし、繰り返しになりますが6位で獲れたのはおいしかったと思います。

これだけいいピッチャーなのになぜ6位まで残っていたのかというとやはり167センチという身長が最大の原因なのかなと。
ただ、身近に谷元という低身長ながら成功を収めたピッチャーがいるわけですし、体格に勝るピッチャーにはどうしても及ばないボールの威力や角度などを補うべくしっかりと鍛えればプロでも充分通用することは歴史が証明してくれています。
とは言っても、それは谷元などが特別身体が強かったからこその成功であることに間違いはありません。
個人的にはあれだけの投球ができる山本をこの順位で獲れた以上スカウトは最高の仕事をしたし、あとは本人と現場次第だとは思っています。ですが、プロの日程に耐えられる身体を持っているかどうかはやってみなければ分かりませんし、その点については祈るしかないのかなと。


体格以外の面でひとつ不安があるのは首を左肩の方に傾けるように投げる投球フォーム。
このフォームだからこそ腕の振りがよくなっているのでしょうし、本人が考えた末にたどり着いたフォームらしいので安易に変えるべきだとは言えませんが、同じく首を振るフォームの柳が今年怪我で苦しんだところを見ると心配です。

実戦的な能力が高そうなのでなるべく早く、より多くのイニングを投げてもらいたいとどうしても思ってしまいますが、それよりもプロで長く活躍できる土台を作ることの方が大事ですし、首脳陣には余裕のある運用をしてもらいたいですね。

山本の長所、課題、不安、将来的な期待を書くと

【長所】
スピン量の多そうなストレート
豊富な球種を持てる起用さ
フィールディングなどからうかがえる野球センス
フォアボールの少なさ

【課題】
決め球
馬力

【不安】
プロの日程に耐えられる身体の強さを持っているのか
ダイナミックゆえに首投げのようにも見えるフォーム

【将来への期待】
谷元のようなボールのスピン量で勝負する心身ともに強いピッチャー


伊藤は他の外野手が高齢ということも踏まえて200打席、山本はやや早い実戦投入を想定して40イニングに到達すれば上々の1年目と言えるでしょう。
伊藤には試合を通じて何が通用して何が足りないのか、山本にはプロの日程をこなして何を鍛えればいいのかを経験する1年にしてもらいたいですね。
その為にも二軍首脳陣には時に我慢の起用をしてもらいたいところです。


次回のドラフト記事はは育成選手に少し触れて今年のドラフトを総括したいと思っています。
何とか年内に書きあげられるように頑張ります。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ