ナゴヤドームで行われた巨人との24回戦は3-1で中日の勝利。


今シーズンの中日は終盤の競り合いに弱いチームだったと言うべきでしょう。

リリーフ陣の勝敗をすべて足すと昨日時点で17勝23敗の借金6。チームの借金と同数です。
仮にリリーフの勝ち負けが5分ならばチームも勝率5割だったという見方もできなくはありません。

もちろん、「リリーフの負けはリリーフの責任だ」とリリーフだけを悪者にするのは酷でしょう。
競った終盤に勝ち越し点を取り切れない打線にも、時にリリーフへの負担を大きくしてしまう先発にも問題があってこういう結果が出ていると見るべきですが、終盤での弱さがはっきりと表れた数字でもあると思います。


ですが、「今、中日のリリーフは弱いのか?」と言われて「その通り」と返す中日ファンは少ないのではないでしょうか。

梅津が5回途中に降板した今日は、リリーフの踏ん張りがあったからこそ逆転できた試合です。

梅津の後を受け火消しはもちろん回跨ぎまでこなした福。
三者三振の圧巻の投球で裏の攻撃に勢いをつけたライデル。
ランナーを出しながらも得点は許さなかったロドリゲスと岡田。

彼らに加えて火消しもロングリリーフもこなせる三ツ間と又吉、便利屋祖父江、そしてK/BB5.50、WHIP0.91という驚異的な指標をたたき出している藤嶋も控えている今の中日ブルペン陣は客観的に見ても強力なはず。
今月の高勝率はこのリリーフあってのことでしょう。

今のリリーフ陣であれば「先行逃げ切り」一辺倒だった中日の勝ちの型に「リリーフが粘っての終盤勝ち越し、あるいは逆転勝ち」という型も加わってきます。

東京ドームで中川とマシソンを攻略した試合や、マツダで京田が延長10回に勝ち越しホームランを打って勝った試合、そして今日。
競った試合で負けなくなったとまでは言いませんが、勝ち負けになるようになってきたのはチームとして大きいはず。

今日勝ちが付いたのはライデル。
これでチームの借金もリリーフ全体の借金も5にまで減りました。
あくまでも先発に勝ちが付くのが理想とはいえ、リリーフの固さが競り合い勝ちや逆転勝ちを呼び込み、打線が逆転慣れして劣勢でも相手を圧せるようになる……長い目で見て今後そういう好循環が生まれることにも期待したいですね。


先発の梅津は序盤良かったものの、3度目の対戦となる巨人打線の慣れやローテを回り続ける疲れなどが出たのか徐々に左ひざが割れ、身体が一塁方向に流れてコントロールを乱し始め、5回途中で堪えきれず降板。悔しい登板となってしまいました。

しかし、来年飛躍するにあたって今課題が出るのはいいことだと思います。
長いイニングを投げる体力やローテを守り続ける体力、そして左打者に対する攻めのバリエーションという課題が見えたのは一軍で投げ続けたからこそ。
1年目に程よく一軍で投げられたことが梅津の野球人生の支えになるといいですね。

梅津にはまだギリギリ新人王の資格が残っています。
しかし、小笠原を先発させてもよかった今日あえて梅津を投げさせたのは来週も梅津を先発させる為でしょう。
新人王は一生に1度しか取れない賞ではあるものの、それよりも開幕前から本人が目標と語っていた閉幕一軍を達成させることの方が大事だろうと私は考えているので、この決断にはまったく不満はありません。
来週、今シーズンの集大成を見せてもらいましょう。


打線の方は調子のよかった高橋相手に6回までヒットすら打てず。
ほぼ失投無くコーナーにキレのあるボールを投げ込まれていたのでどうしようもないなと思っていましたが、ちょっとボールが浮き出したタイミングできちんととらえてくれましたね。
突破口を開いた福田もパワーで内野と外野の間に落としたビシエドも見事でした。

1アウト2塁3塁で相手内野陣が下がってるのを見て大竹のシュートをあえて打ちに行き点が入る内野ゴロにした阿部もいい読みだったと思います。

何より7番大島が最高の仕事をしてくれましたね。
あの場面でタイムリーは期待していたものの、正直ホームランには驚かされたというのは失礼でしょうか。
ここで2点勝ち越せたからこそロドリゲスも岡田も楽に投げられたという面もあったはず。本当に大きな一発でした。

あんなホームランを放った選手に対して言うことではないのかもしれませんが、大島の調子はそんなに良くないと私は見ています。
この一発を見て大島を上位に戻す(替わりに最近ヒットが出ていない京田を下位に置く)べきか、今日の流れを壊さないようにこのまま打順を固定するべきか。
難しい判断だとは思いますが、首脳陣にはギリギリまで最良を模索してもらいたいですね。


明日の先発は小笠原。
今シーズン最後かもしれない登板をいい形で締めてもらいましょう。

相手先発のメルセデスはナゴヤドームであまり攻略できていない印象。
ただ、長いイニング投げられるタイプではないので、嫌らしく攻めつつ今日のように競り合いに持ち込みたいところ。
明後日は休みです。最悪小笠原を早めに諦め今日のような継投をするのもありでしょう。

巨人との対戦は明日で最後。
既に負け越しは決まってしまっていますが、明日も勝って対巨人6連勝とし来年に弾みをつけたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ