今回は社会人や独立の選手について。


上位候補になりそうな投手は、長身から角度のあるボールを投げる太田龍(JR東日本)、昨年の日本選手権で快投を見せた立野和明(東海理化)、今年に入って球速を挙げてきたゴロP河野竜生(JFE西日本)の高卒3年目の3人と、先発もリリーフもできそうな大卒2年目の宮川哲(東芝)あたり。

中でも河野は唯一の左投手ということもあり、どこかが入札することもあり得るのかなと。
地元選手を中心に取り上げる報道の影響もあってかややトーンダウンした感はあるものの、中日は佐々木、奥川、森下と並んで入札候補に挙げてるくらいですしかなり高い評価をしていると見ていいでしょう。

中日が河野を指名するとしたら奥川のくじを外した際の外れ1位に彼が残っていた場合。
まず間違いなくここでもくじ引きになりますが、縁があれば引き当てられるはずです。

ひとつ考えておきたいのは、ハズレ1位に石川昂弥も残っているときにどうするか。
来年何が何でも勝負をかけるつもりなら今のチームに必要な即戦力先発投手の河野を、中長期的な視点を持ってチーム作りをしていくつもりなら将来のチームに必要な長打のある野手の石川を指名すればいいでしょう。
個人的にはピッチャーなら2位でも獲れるから希少性に勝る石川に行ってもらいたいと思っていますが、河野に行くにしても理由は充分に理解できますし、いい意味でどちらでもいいと考えています。


野手なら小深田大翔(大阪ガス)が2位までに指名されるなんて言われていますが、ショートを守る彼を中日が指名することは無いでしょう。


中位以降だとリリーフとして輝きそうな投手が多い印象。
名前を羅列していくと、右投げなら、下河原駿(日本製鉄室蘭シャークス)、小木田敦也(TDK)、西田光汰(JR東日本)、小又圭甫(NTT東日本)、嘉陽宗一郎(トヨタ自動車)、小久保気(西濃運輸)、宮田康喜(日本製鉄広畑)など。
左投げなら、浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)、中川一斗(JFE西日本)あたりが指名候補。あと、今年も高橋拓巳(日本生命)はどうしても気になる存在です。

中日としてはやはり左の浜屋や中川を狙っていきたいところでしょう。
米村チーフスカウトいわく浜屋は今年のドラフトで4番目の左投手らしいので、上位で左投手を獲れなかったときは3位か4位で彼を指名するかもしれませんね。

また、個人的には2年前のドラフトでもチェックしていた嘉陽は今年も心に引っかかっています。
立派な体格は相変わらずで、リリーフを務めるようになってから出力も上がってきている印象。
大卒社会人の右リリーバーが中日の補強ポイントに合っているとは言いにくいものの、例え違うチームであってもプロに入ってもらいたいなと。


中位以降で獲れそうな右ピッチャーで中日が指名しそうなのは先発ができそうな岡野祐一郎(東芝)や堀田晃(西濃運輸)。
堀田はリリーフで投げた時の出力の高さを評価されている感もあるので、より中日の補強ポイントにフィットしているのは岡野でしょうか。
上位で高校生を指名した際は是非狙ってもらいたい投手です。


野手なら安定感ある打撃が魅力的なキャッチャーの柘植世那(ホンダ鈴鹿)、スラッガーの片山勢三(パナソニック)、走攻守揃った外野手佐藤直樹(JR西日本)などが指名候補。

中日が熱心に追っているのは佐藤ですが、年齢も、ポジションも、右投右打というところも、足や肩を売りにしているところも、小力があるところも伊藤康祐と丸被りの彼を指名する必要があるのかは考えてもらいたいところ。
個人的には外野手を指名するにしても佐藤以外の候補を検討した方がお互いの為にいいのかなと考えています。


独立リーグの選手については気になる選手を数人ピックアップして書いていきたいと思います。

まずピッチャーですが、高卒1年目という若さとサイドから最速145キロを計測したスピード、そして研究熱心なところが魅力的な松岡洸希(武蔵ヒートベアーズ、19歳)、独立リーグの中でならトップと言える馬力を持つ長谷川凌汰(新潟アルビレックス、24歳)、サイドに転向後も150キロ超のスピードが落ちなかった前川哲(新潟アルビレックス、23歳)、高卒1年目でアイランドリーグ最優秀防御率を獲得、右肘痛が出たというのが気がかりながらも指標的にもプロ入りを目指せそうな上間永遠(徳島インディゴソックス)、昨年惜しくもプロ入りを逃したものの、今年は更に成績も球速も上げた石井大智(高知ファイティングドッグス、22歳)の有名どころ5人がやはり目につきました。

特に若さに加え三ツ間を輩出した武蔵ヒートベアーズ所属というところに縁を感じる松岡と、嘉陽と同様昨年もチェックしていた石井は気になる候補です。


野手だと、守備なら海野に次ぐという評価もある喜多亮太(石川ミリオンスターズ、23歳)と、パワフルな打撃でリーグ4位のホームランを記録した速水隆成(群馬ダイヤモンドペガサス、22歳)のキャッチャー2人と、紆余曲折を経て独立リーグからプロを目指すことになった瞬足天才打者岸潤一郎(徳島インディゴソックス、23歳)の3人あたりが有力な指名候補になってくるのかなと。

中日からすれば、来年から一軍で使うキャッチャーなら喜多、ロマンを求めるなら速水、滝野との被りが気にならないのであれば岸の指名があり得そうですね。


今年は大学生と共に社会人もどちらかと言えば素材型の選手が多いイメージ。
太田や立野はもちろん、河野であっても1年目からローテを回せるかはかなり微妙なところ。リリーフとしてのフル回転なんてなおさらです。
即戦力が欲しいのであればおとなしく宮川や岡野、堀田、浜屋、中川あたりに目を向けるべきでしょう。


今シーズン与田、阿波野、赤堀体制で投手陣の負担はかなり軽減されたと言っていいと思います。
そんな首脳陣にも失策が無かったということは無く、その筆頭に挙げられるのが勝野の中5日起用。
それと同じことを河野、太田、立野らにやってしまうと勝野と同じようにダウンしてしまうかもしれません。
1年目からフル回転できたオリックスの山岡は例外的な存在で、今年も高卒3年目の選手との縁があった場合は、より慎重に起用プランを立てて勝野のようなダウンが続かないようにしてもらいたいですね。


次回はこれまでのまとめを書いていく予定です。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ