本日行われたファンフェスタで来シーズンの組閣が発表されました。
陣容は以下の通り。


<一軍> <二軍>
監督 与田剛 監督 仁村徹
ヘッドコーチ 伊東勤 野手総合コーチ 立石充男
打撃コーチ 村上隆行・栗原健太 打撃コーチ 波留敏夫
投手コーチ 阿波野秀幸・赤堀元之 投手コーチ 門倉健・小笠原孝・浅尾拓也
バッテリーコーチ 中村武志 バッテリーコーチ 武山真吾
内野守備走塁コーチ 荒木雅博 内野守備走塁コーチ 渡辺博幸
外野守備走塁コーチ 英智 外野守備走塁コーチ 工藤隆人
巡回打撃コーチ アロンゾ・パウエル



赤字は新入閣のコーチ、青字は配置転換されたコーチです。
また、コンディショニングコーチは塚本洋さん宮前岳巳さんが留任し、三木安司さん水野裕都さんが再任。
建前上通訳のリナレスも退団発表がされていないということは来年もチームに残るのだと思います。

ここにコーチ研修に来るという李鍾範さんやその他裏方さんを加えたメンバーで1年間戦っていくことになるのでしょう。


まず、退任したコーチの話をすると、現役引退後2年でチームを去ることになった森野さんは残念でした。
現時点でのコーチとしての能力がどうなのかはよく分からないというのが正直なところ。
チームの打撃成績を見てパッとしないという見方もできれば、若い選手を我慢して使った分数字が振るわなかったのは仕方がないし、根尾へのアドバイスなど的確なアドバイスをしたというエピソードを見るにコーチとしても光るものがあるという見方もできます。

ただ、仮に多少コーチとしての手腕に多少物足りないところがあったとしても、森野さんのキャリアや年齢を考えればもう少し我慢してもよかったのではないかと感じてしまいます。

選手同様コーチも育成が必要なのにそのシステムが上手くできていないのは中日というよりNPB全体の問題といってもいいでしょう。
例えば球団がお金を出して独立リーグや海外リーグに期待のコーチ候補を派遣(スカウティングも兼ねて派遣されている大塚は少々事情が異なるのかなと)したり、コーチングや生理学を学べる大学や専門学校に通わせたりなんてことができればいいのですが……さすがに理想論が過ぎるでしょうか。

森野さんの退任はもう決まったことです。今更どうしようもありません。
この決定が球団にとっても森野さんの今後にとってもいい方向に働くことを祈りたいですね。


その他の退任コーチについては仕方がありません。
小笠原道大さんは与田が仁村就任を熱望した以上どうしようもなく、森繁との義理を果たした奈良原の引き留めも不可能。
田村さんや石井さんは期待値以上の指導力が見せられず世代交代の波に飲まれたという印象です。


ここからは新任のコーチについて。
与田たっての希望で入団することになったという仁村二軍監督。
あのアストロズでの指導経験もあるパウエル巡回打撃コーチ。
チームに欠けている長打を増やす指導に期待できる栗原一軍打撃コーチ。
外部からは大きな期待を抱ける人材を招集できました。

仁村にはかつて同僚に暴力を振るったという噂があり、前立腺がんを公表しているパウエルの体調はそうしても心配になります。
石川昂弥への指導を期待していた栗原は思いがけず一軍のコーチに就任。
それぞれ少しずつ気になる面はあるものの、今抱いている大きな期待を上回るような指導をしてもらいたいですね。

内部からの就任になったのは武山と渡辺の2人。
武山については少し前の記事で触れた通り。渡辺については栗原同様思いがけず二軍コーチに就任したことが少し気になりました。
個人的には荒木には生きた見本として高松、根尾、石川の指導をしてもらいたいと思っていたのですが……
プロスカウトを経験した渡辺が若い内野手をしっかりと導いてくれること、荒木が一軍内野陣にインテリジェンスを注入してくれることに期待ですね。


波留の二軍への配置転換は栗原就任に伴ったもので、立石の二軍野手コーチ就任はパウエル就任に伴ったものでしょう。
個人的にはいずれも違和感なく受け入れることができました。
ひとつだけ心配なのは不調に陥る度に立石の修正が入りそれで調子を取り戻していた感のある京田。まぁ、彼ももう若手とは言っていられないキャリアになってきた訳ですし、これを機に独り立ちしてもらいましょう。


英智と工藤の配置転換はどんな理由があるのかと少し考えましたが、左打ちの打撃コーチがいない分を少しでも補う意図があるなんて見方はどうでしょう。
発展途上にある二軍の左打者には少しでも選択肢を多くし、一軍の左打者は最悪自力でどうにかできるはずということなのかなと。
当然ながらまずは本職である外野守備の指導をしっかりとしてもらい、その上でこの配置転換がハマれば面白そうです。


今回の組閣は与田の意向がかなり反映されたもの。
一軍にいるコーチはもちろん、二軍のトップも巡回コーチも希望通りの人材を確保することができました。
各種報道では人材の確保に苦戦していると書かれたものの、私には奈良原の退団以外理想的な組閣になったように見えます。
指導力には期待できるだけでなく、このメンバーが内部分裂するイメージは沸きません。

しかし、それは首脳陣に限ってのこと。
首脳陣だけが団結して選手やフロントと違う方を向いていては勝てるものも勝てません。
首脳陣とフロント、そして選手が同じ方向を見て野球ができるよう三者三様に頑張ってもらいたいですね。
それさえできれば来年はきっといいシーズンを送れるはずです。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ