のんびりしている間に入団発表まで終わってしまいましたが、今回は今年のドラフト2位、3位について。


ドラフト2位 橋本侑樹(大阪商業大学) 左投手


1位が高校生内野手の石川だったので、2位では即戦力に近いピッチャーがマストと言っていい状況でした。
佐藤都志也(東洋大学)など魅力的かつ補強ポイントに合致した選手も残っていましたが、野手指名の回避は仕方ないでしょう。

2位でピッチャーを指名したのは妥当なところです。
ただ、地元出身でもある立野和明(東海理化)や、1位でもおかしくないと言われていた太田龍(JR東日本)、米村チーフコーチが左投手なら4番目に名前が挙がると評価していた浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)あたりが残っていた中で橋本の名前が読み上げられた時には驚きました。


ドラフト前に書いた通り、橋本にははっきりとした特徴・武器が無いという印象を持っていたのが正直なところでした。
しかし、ドラフト後の神宮大会での投球を見てその認識を改めさせられます。

変則フォームは思っていたよりも打者から見づらそうで、ストレートの球速も140キロ中盤はコンスタントに計測。
そしてなによりカットボールかスライダーかははっきりしないものの130キロ中盤くらいの球速帯で鋭く曲がるボールとフォーク、チェンジアップと球速の異なる落ちるボールを持っているところがいいなと感じました。

この秋のピッチングでハズレ1位もあり得るというところまで評価を上げたとのことですが、それを納得させてくれるピッチングだったと言っていいでしょう。

反面、ボールが散らばり6イニング投げて四死球を4つ出してしまったところとクロスファイアがそんなに威力があるように見えなかったところは気になりました。
コントロールはこの日たまたまバラけていただけで、クロスファイアは大野雄大や小笠原、福、ロドリゲスを見続けて目が肥えていただけであればいいのですが……
もしかしたらこのあたりがプロに入っての課題になるかもしれません。


橋本の大学時点での完成度は笠原以上でしょう。
当時と比べて今は若いピッチャーの層が厚くなっているので開幕からとまでは言いませんが、1年目からある程度結果を出してくれるだろうと期待したいですね。
良くも悪くも今なお中日はそういうチャンスがあるチームだと思います。


最後に橋本の長所、課題、不安、そして将来への期待を書くと

【長所】
出所の見づらいフォーム
変則ながらマックス149キロ出るスピード
武器になり得る球種の豊富さ

【課題】
クロスファイアの威力
コントロール

【不安】
リーグ戦で春不調、秋好調を繰り返しているところ
背番号13のプレッシャー

【将来への期待】
大野雄大のようなストレートで押すことができる先発ピッチャー
あるいは岩瀬仁紀さんのような絶対的なリリーフ


私は橋本は基本的には先発でと考えていますが、彼にはリリーフとしての資質も感じます。
せっかく背番号を受け継いだ訳ですしNPB史上最強のリリーフと言える岩瀬さんクラスの成績を残してくれるかもと夢を見ようかなと。
期待するのはタダですしね。


ドラフト3位 岡野祐一郎(東芝) 右投手


今シーズンの中日は大野、柳に次ぐ先発投手に苦しみました。
ロメロはナゴヤドームを本拠地とする外国人投手としては物足りない数字でしたし、チームで4番目に投球回が多いのが防御率が5点に近い42歳の山井というところからも層の薄さが見て取れます。

後半戦の梅津、山本、小笠原などの活躍を見ると来年への期待は膨らみますが計算はできませんし、新戦力が橋本だけでは物足りないのも事実。
そういうチーム事情を踏まえれば3位指名は岡野以外は考えられませんでした。
その岡野を逃さずしっかり指名できたところはしっかりと評価するべきでしょう。


岡野は今年最も安定していた社会人投手です。
知人の社会人野球フリークに聞いても、東芝の同僚だった宮川哲や元横浜で現JFE東日本の須田幸太さんなども同じようなことを行っているので間違いないでしょう。
防御率0.87、今シーズン投げた試合で負けたのが最後の日本選手権のみという結果からも岡野の安定感がうかがえます。

そんな岡野ですが、彼の何が凄いのかを語るとなると安定感だとか粘り強さだとか抽象的な言葉になってしまうのが彼がドラフト解禁の去年指名漏れし今年も3位の後半まで残っていた理由なのかなと。

今年のドラフトの為に球速アップを果たしたとはいえストレートはだいたい140キロ程度。
絶対的な変化球がある訳でもなく、奪三振数がイニングを越えることは滅多にないところは不安な点と言わざるを得ません。


とはいえ、

・どんな調子でも大崩れしない
・ランナーを背負っても気負わない
・打者との駆け引きが上手い
・スライダー、カーブ、フォーク、カットと多彩な変化球を持ち、いずれの球でもストライクを取れる
・牽制、クイック、フィールディングは抜群

と、長所もたくさん挙げられる岡野。
良い意味でも悪い意味でも社会人最強投手らしさのある彼がプロでどれだけやれるのかはドラフトファンとして本当に楽しみです。
彼が成功すれば解禁済み大卒社会人投手の評価も上がってくるでしょうし、頑張ってもらいたいですね。


岡野に関しても長所、課題、不安、将来への期待を書くと

【長所】
ゲームメイク能力
安定感
打ち取るパターンの豊富さ

【課題】
出力

【不安】
プロとの戦える武器の有無
1年目ダメだったときのダメージ

【将来への期待】
100イニング前後投げられる先発投手


岡野は将来がどうこうという投手ではありません。
来年から成績を残さなければいけない立場であり、それができると中日スカウト陣が評価したからこそ3位という順位で指名されたのでしょう。

一応【将来への期待】という形で100イニングくらい投げてもらいたいと書きましたが、来年いきなり達成する、悪くとも今年岡野と同じような立場だった横浜の大貫くらい投げてくれないと困ります。

不安が無いとは言いません。
しかし、岡野ならそれを吹き飛ばしてくれるだろうし、中日の指名は補強ポイントを埋めるという意味でも戦力を拡充するという意味でも的確だったと来年の今頃には証明してくれるでしょう。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ