今回はタイトルの通り今年のドラフトの4位、5位指名について。


ドラフト4位 郡司裕也(慶応義塾大学) 捕手


今ドラフトに先駆け武山、杉山と2人の捕手への戦力外通告がなされ、ドラフト前時点での支配下捕手数が5人だった中日ドラゴンズ。
更に、この時点では育成のアリエルとの再契約もまとまってはいなかった為、この順位での捕手の指名は必然とも言っていいものでした。

中日の4位には山瀬慎之介(星稜)、東妻純平(智辯和歌山)、藤田健斗(中京学院大中京)などの高校生捕手や、高卒社会人4年目の柘植世那(ホンダ鈴鹿)も残っていたものの、その中から郡司を選んだのはチームの編成バランス的にも能力的にも最良の指名だったのかなと。


郡司は小学生時代千葉ロッテジュニアに選出されるなど早くから頭角を現し、その後中学、高校、大学すべてのカテゴリーでトップを走り続けてきたいわゆる野球エリートです。
そういう勝ち続けたチーム(もしかしたら勝たせ続けてきたと表現した方がいいのかもしれませんね)で攻守に渡りチームの中心に君臨していた経験値は大きな売りになることでしょう。
本人も自信があると言っているゲームメイク能力だったり試合の流れを読む力は確かなものがあると感じます。

今年の中日はベテランがピリッとしないシーズンだっただけに、経験値が売りと聞くと少し不安を抱く方もいらっしゃるかもしれませんね。
もちろん郡司は経験値だけでプロ入りした訳ではありません。
大学日本代表でも中軸を任せられるほどの打撃力を持ち合わせている捕手であること。それが彼の最大の売りです。

郡司はとらえた打球の飛距離は抜群ながら決してホームランが多い打者ではありません。
基本的にはライナー性の打球を左右に飛ばし二塁打を量産する中距離砲と見るべきでしょう。
また、状況に応じて打撃を変えられる起用さも見て取れますし、選球眼というかフォアボールを取る能力も魅力的です。

ドラフト前はインハイの速球への対応にやや難があるかと思っていたのですが、秋の早稲田戦でそのボールをホームラン。この一発を見てイメージが変わりました。
打撃に関しては大学トップレベルと言っても過言ではありません。
1年秋からほぼ試合に出続けた身体の強さも大きな武器ですし、実はそこそこ速い足も活かせる場面はあるでしょう。


反面、捕手としての能力は秋時点では一軍で使うには物足りないように見えました。
まず、肩がそんなに強くないのはやはり気になります。
捕ってからのスピードや正確なスローイングで盗塁阻止率は抜群ながら盗塁の抑止まではできていない印象。
郡司の送球がプロでも通用するのであればどうと言うことはないのですが、スタートもスピードもスライディングもレベルが上がるプロの舞台では走られ放題になってしまう可能性も否定はできません。

それ以上に心配なのはブロッキングの拙さ。
この秋も防げそうなワイルドピッチをいくつか許しており、こここそが彼最大のウィークポイントなのかなと。
郡司のブロッキングに関しては伊東、中村の指導できっと上手くなるだろうという期待と、これまでほぼ捕手一筋だったにもかかわらずここまで引きずり続けているウィークポイントの矯正は簡単ではないだろうという不安とが入り交じっているのが正直なところ。
ここさえクリアできれば一軍で勝負できるでしょうし、頑張ってもらいたいですね。

仮にブロッキングに苦しむことがあったとしても冒頭にも書いたようにゲームメイク能力に長け、フレーミングも巧みな郡司を安易にコンバートするのは反対です。
まだ若い郡司はしばらく二軍で育ててもいいし、コンバートは誰かが正捕手の座を不動のものとしてから考えても遅くはありません。


最後に郡司の長所、課題、不安、そして将来への期待を書くと


【長所】
大学屈指の打撃力
アマチュアトップクラスの経験値
視野の広さ、ゲームメイク能力
身体の強さ

【課題】
ブロッキング

【不安】
強いとは言えない肩
ブロッキングのセンス

【将来への期待】
谷繁さんのような投手に長打があって信頼されるキャッチャー


捕手が弱点のチームだけに郡司には1年目からチャンスが巡ってくるでしょう。
来年どう使うかは難しいところですが、チャンスを与えられた際にはそれをつかみ取る勝負強さを見せてもらいたいですね。


ドラフト5位 岡林勇希(菰野高校) 右投手/外野手


4位までで大雑把に補強ポイントを埋めることができたので5位以降は素材型ということなのかもしれませんね。
個人的にはチームに少ない左投の玉村昇悟(丹生)を指名してもらいたいなと思っていましたが、中日が指名したのは準地元三重出身の岡林でした。

では岡林の指名がよくなかったかと言えばそうではありません。
投げては最速153キロ、打っては高校通算21本塁打、走っては50メートル5秒8。身長こそ175センチとそこまで大きくはありませんが、今年のドラフト屈指の身体能力を持つ岡林は米村チーフスカウトの言う通りよく残っていたと見ていいでしょう。
どうやらスカウト陣は彼を外野手として高く評価していたようで、それならばバランス的にも最良の選択だったのではないでしょうか。

野手としては身体能力だけでなく、全身をバネのように使ってボールを飛ばすバッティングセンスも光ります。
バッティングの動画はあまり見つけられなかったのでこれくらいのことしか言えませんが、少ない情報の中からでも野手評価が高くなる理由が垣間見えました。

投手としてはやはり153キロを投げられるのが魅力。
投げている動画を見るにこのストレートにはスピードだけでなくキレも感じますし、175センチなりの角度もついているのかなと。身体ができてきて常時150キロなんてことにでもなれば……なんて夢が広がります。
大谷のようにこの先ずっと二刀流というのは厳しいとしても、当面は投手、野手両方の可能性を探ってもいい。そんな期待を抱きたくなる素材だと思います。


バッティング面ではもう少しスムーズにトップを作れれば、ピッチング面ではもう少しまとまりが出てくればと感じますが、それくらいの課題は高卒の選手ならあって当然。
まずは身体を鍛えながら技術的な課題に向き合い、実戦デビューは夏ごろを目安に……くらいのペースで見てもよさそうですね。

投手、野手両方の可能性を探るとなると当然ながら身体への負担は大きなものになるでしょうし、球団には万全のバックアップを願いたいところ。

また、この件に関して本人の意思があまり見えてこないのは少し不安です。
周りが二刀流と盛り上がってしまっているだけに、高校生の彼がそれに流されてしまったとしてもそれは仕方がないことでしょう。
現場には岡林の意思をきちんと聴き、その上でどう育てていくかを決めてもらいたいなと。
なんとなく二刀流に挑戦してもお互いの為になりません。


こちらでも最後に岡林の長所、課題、不安、将来への期待を書くと

【長所】
足、肩などの身体能力
キレと角度のある最速153キロのストレート
バネを感じるバッティング

【課題】
線の細さ
コントロール
ピッチングのバリエーション
トップへの入り方

【不安】
二刀流への挑戦が中途半端な形になること
投手か野手かに絞るタイミングが遅れること

【将来への期待】
投手ならオリックス山岡のようなバネを感じさせる投手
野手ならヤクルト雄平のような身体能力溢れる飛ばし屋


残念ながら兄である飛翔さんとの対戦はかなうことはありませんが、自分のドラフトの直前に兄が戦力外通告を言い渡されるという経験は勇希を強くしてくれたかもしれません。
きっと相応の覚悟を持って入団してくることでしょうし、それさえあれば芽が出てくるはずと期待したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ