前回の記事ではトレードで右の代打候補と若い外野手がほしいということ、そしてロングリリーフ、キャッチャー、セカンドの選手なら出せそうだということを書きました。
今回は中日が出すことができそうな選手を具体的に書いていこうと思います。

まずロングリリーフ。
来年のロングリリーフ枠は先発ローテと勝ちパターンに誰が入るかで変わってきそうですが候補としては武藤、山井、阿知羅、祖父江、福、金子あたりでしょうか。 
この中で出せそうな選手は武藤、阿知羅、金子。
3人とも出すには惜しい選手ですが、いい選手を出さなければいいトレードはできないので仕方がありません。実績のある武藤、今シーズン一番よかった阿知羅、三振の取れる金子といったところでしょうが、先発もできそうな阿知羅が一番需要がありそうです。

次にキャッチャー。
私は今の中日キャッチャー事情を杉山が正捕手をつかみかけていて、それに木下、桂が追随、その後に(中日比で)ベテランの松井雅人、武山、鉄砲肩の加藤、二軍ですが.260打った赤田が続くといった感じだと認識しています。
出せそうなのは正捕手争いを杉山と木下か桂のどちらかに絞るならそこからあふれた選手、杉山、木下、桂で競わせるなら松井雅人ですかね。 
若い捕手が不足している球団よりは控え捕手がいない球団の方が多いでしょうし、松井雅人の方が需要が高いのではないでしょうか。
ただ、育成の藤吉含めてキャッチャーが8人しかいないので1人放出して2人怪我してしまうと捕手事情が一気に苦しくなってしまいます。戦力という意味では出しやすいポジションですが、代えが利きにくく頭数が少ないポジションだと考えると出しにくいポジションなので私の認識は改めなければならないかもしれません。

最後にセカンド。
「ポスト荒木」として期待できるのは阿部、遠藤、三ツ俣、溝脇、亀澤。セカンドを守る機会が減ってる石川や年齢的に怪しい谷も一応入れてもいいかもしれません。
左打ちで長打は少ないもののスピードがあるタイプという点で被っている溝脇、亀澤のどちらかは出しやすい選手。若さは溝脇に分がありますが、ベンチを盛り上げてくれる亀澤もいてくれたらありがたい戦力。ただ、繰り返しになりますが、こういう選手でないといい選手は獲れないでしょうし、さみしいですがきっとお互いのためになるトレードだと信じるしかありません。


先日発表された巨人大田、公文と日本ハム吉川、石川のトレードにはかなり驚かされましたが、中日もかなり意外なトレードをするかもしれません。
トレードは無理に成立させるものではありません。できるかぎりチームの為になるトレードを模索し、ダメならしょうがないくらいの気でいてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ