やっぱり竜が好き

野球(主に中日ドラゴンズ)についてあれこれ語ります

カテゴリ:他球団 > 福岡ソフトバンクホークス

ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの3回戦は4-6でソフトバンクの勝利。


今日は流れが揺れ動く中で自爆のような形で流れを相手に渡し続けた中日が負けるというまっとうな結末を迎えた試合だったんだと思います。

初回、内野安打で出塁した遠藤が牽制で誘い出されたところからはじまり、タイムリーを打った後に次の塁をうかがう様子が無かった阿部の走塁やストライクを取ることができなかった谷元の投球、そしてまたもモーションを盗まれたロドリゲスにグラシアルとの勝負を選択した判断……

ざっと挙げるだけでもこれだけのミスがあっては勝ちようがありません。
与田が昨日の試合後「うちの戦力で出来ることを確実にやるしかない」と語っていただけにもどかしいですね。


特に最後グラシアルとの勝負を選択した意図は正直分かりませんでした。
ダブルスチールを決められ1塁が空いた状態で3ボール1ストライクでカウント不利になった瞬間に申告敬遠してもよかったはず。

このカードでは度々バッテリーが勝負を避けることを選択したのにベンチが申告敬遠を指示しない場面がちょこちょこありました。
そして、あの大事な場面で外す予定だった球がゾーンに入ってしまい、フルカウントから色気が出たのか再び勝負に行ってタイムリーを打たれる……
フォアボールでもいい場面できちんと指示をしなかったベンチも、プランを変えた上にもっと厳しいコースに呼び込まなかった武山も、厳しいコースに投げ切れなかったロドリゲスもはっきり言って詰めが甘すぎるのではないかと感じてしまいました。

グラシアルの後ろの打者は代走で途中出場していた九鬼。
彼には申し訳ありませんが、グラシアルと比べて格段に勝負しやすい打者です。

ここで敬遠しなかったのは九鬼に押し出し四死球を出してしまうことを恐れたということなのでしょうか?
それでグラシアルに2点タイムリーを打たれるようでは世話ないのですが……

終盤の競り合いの中で出た2つの際どい判定で共に悔しい思いをした試合なのでこの2つの判定を巡ってヒートアップしているファンも多くいるみたいですね。
私には大島の判定も今宮の判定もセーフに見えましたし、気持ちは分かります。
ただ、大島がセーフで今宮がアウトという判定になっていたとしても結局は同点のまま。

この試合がグラシアルを敬遠して九鬼に押し出しフォアボールを出して負けだとか、4-4のまま延長戦に入ってサヨナラ負けみたいな形で終わったのであれば話は別ですが、不利な判定を受けたから負けた試合ではないのかなと。
どこまで行っても自爆した末に負けたんだと私は思います。


8番の佑介で攻撃が終わった直後に9番の桂に代え武山を出した采配にも驚かされました。
ここはキャッチャーを代えるにしても武山の打撃への期待値は小さいし佑介の打順に入れて9番に井領あたりを使った方がいいのではないかと思いながら観戦していたのですが、武山が同点ソロという最高の結果を出してくれた以上采配は大的中と言うべきでしょう。
こういういい采配もあっただけになおさらグラシアルとの勝負が残念でたまりません。

最終回、一発同点の場面で直倫に代打井領を出した場面は賛否ありそうですね。
井領も続く京田も昨日森からヒットを打っているだけに彼らを確実に打席に立たせたいという意図も分かりますし、ここはバンデンハークのストレートをスタンドまで運んだ記憶が新しい直倫の打棒にかけつつ井領は佑介のところまで取っておいてもよかったとも思います。

今日の直倫は印象の悪い凡退が続いていたものの、彼は急に長打を打ったりする打者。
個人的には直倫の打席を見てみたいという気持ちの方が強かったのですが、采配の意図が説得力ある形で見えたのでこの結果でも代打を出したという選択には納得しています。


この敗戦で今シーズン最長の5連敗で借金は最多の9まで来ました。
借金10を避ける為にも明日は柳にも打線にも頑張ってもらって交流戦……というか6月1勝目を付けてもらいたいところ。
こういう負け方が出ると連敗が続くという印象もありますが、そんなものは幻想であってほしいものです。
チームにはやれることをやってもらい勝てることを祈りましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの2回戦は2-5でソフトバンクの勝利。


昨年パ・リーグのホームラン王となり今シーズンもホームランランキングトップを独走している西武の山川は「ホームランは正義だと思っている」というようなことを言っているようですね。
正義を強さだとか正しさだと定義するのであればこの発言ほど納得がいく野球の格言もそうはありません。

ホームランは打つだけでほぼ確実に点が入ります。
見方によっては単打3本よりも価値がある打撃です。
だからこそ相手投手にはプレッシャーを与えられます。

ホームランでしか点が入らなかったり、ホームランにこだわり過ぎるあまり守備をおろそかにし過ぎるのはいけませんが、ホームランを打てて損をすることは絶対にありません。

あの2011年の中日でさえ実はホームランはそこそこ出るチームでした。
チーム打率もチーム得点もリーグ最下位、ベテランが多くなったこともありチーム盗塁数はリーグ5位。
ただ、チーム本塁打数はナゴヤドームをホームにしながらもリーグ3位。
リーグ1位だった巨人とは20本以上離されてしまっていたものの神宮球場をホームにしているヤクルトとの差が3本だけのリーグ3位。得点力は低いけれどホームランを打つ能力は充分にあるチームでした。


では、今の中日はどうなのか。

2011年頃と比べて野球の研究は加速度的に発展してきました。
もちろん今分かっていることなんて野球の1%にも満たないものなのでしょうが、個人的な感覚では過去と比べて打率やホームラン、奪三振、フォアボール、送りバントなどの価値が見直されたように感じます。
また、打球の速度と角度を上げることで作り出されるバレルゾーンというものを通る打球を増やせば打撃の期待値が上がることが分かってきて、フライボール革命というものがMLBを席巻し、それすらだんだんと過去のものになってきました。

今のプロ野球ではこのバレルゾーンをどうやって作るか、あるいは作らせないかの攻防がひとつのトレンドになっているような気もします。

そんな時代の流れに乗れている球団と乗り遅れている球団に2極化してきたのがここ数年のプロ野球で、典型的な乗り遅れ球団……つまり、ホームランが打てないチームとなってしまっているのが中日なのかなと。
いくらホーム球場がナゴヤドームと言っても、本塁打数リーグ1位の巨人との差が倍近くついてしまっていてはこれを言い訳にはできません。


ソフトバンクは言うまでも無く時代の流れに乗れている球団です。
投手の育成に比べて野手の育成には苦戦している印象ですが、打球速度を確保する為に必要な身体作りのサポートはばっちりできていると言えるでしょう。

対して中日はどうでしょうか。

一時期と比べて進歩はしていると思います。
ウェイトトレーニングの重要性がだんだんと広まってきたのか投手も野手もひところと比べればパワーアップしてきましたし、投手陣の球速という形で成果も出始めつつあるのかなと。

投手に関してはスカウティングもよくなってきたのではないでしょうか。
今中2世、吉見2世という呪縛から解き放たれ、球威・球速を重視したドラフト指名になってきて、先に書いた個々のウェイトトレーニングの導入や速球派外国人の獲得もありスピードに関しては他球団に引けを取らなくなってきています。
今二軍で頑張っている若い投手たちが順調に育ったり治ったりする日が楽しみなのは私だけではないでしょう。

しかし、野手のスカウティングに関しては広いナゴヤドームをカバーしきれる選手という視点で走力を重視しすぎているきらいがあり、残念ながらいかに長打を打てるようにするかというトレンドに乗れている球団とは言えません。
ホームランが正義なら中日は悪のチームになってしまっているということになってしまうのかなと。


福田と平田の替わりに出ている中堅層の外野手に軒並み長打力が欠けていることも、若い外野手がそもそもほとんどいない上に怪我をしてしまっていることも現首脳陣にどうにかできたことではなく、これからフロントとも力を合わせて少しずつ改善していかなければならないところです。
柳田と上林が怪我をしたから試合に出ているとも言える釜本が昨日あのようなホームランを放ったことや、外国人打者が自分のゾーンに来た球を高い確率でホームランにしていることに関しては何かを感じてもらいたいですね。


現状、打球速度を上げようと試みている様子は伝わってきます。
まだまだ完成度は低いものの、それは正しいアプローチと言えるはず。
打球の速度を上げるのが第一段階で、そこをクリアしてから打球の角度を意識した練習を始めるようなら得点力は劇的に向上していくでしょう。
ただ、去年は平田、そして今年は周平とバレルゾーンを作れるだけの打球速度を確保していると思われる打者がホームランにある程度見切りをつけるような発言をしているのは少し気になります。

私もホームがナゴヤドームだし結果も出だしたしこんな割り切りも大事なのかなと思っていたこともあったのですが、だんだんとナゴヤドームが本拠地だからこそホームランを打つことが重要なのではないかと考えが変わってきました。

平田も周平も、もっと言えばビシエドも打球に角度を付ける訓練を積めば今の体型のままでもホームランを増やすことができるはずだからホームランを諦めてほしくない……
ソフトバンクが放った4本のホームランを見てそんなことを感じる試合となりました。


明日の先発は山井。
どうにか同一カード3連敗は避けられるようにいい投球をしてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの1回戦は4-6でソフトバンクの勝利。


点差は2点だけ。でもそれ以上に圧倒された試合でしたね。


先発の阿知羅は5失点もするような調子ではなかったと思います。
それがどうしてこうなってしまったのか。

3被弾した初回は本人いわくキャッチャー任せになり過ぎてしまったのがよくなかったとのこと。
阿波野も試合中に受け身になり過ぎてもったいなかったというコメントをしていましたし、攻める投球ができなかったのは残念です。

気になったのはどうしてキャッチャー任せになってしまったのかということ。
言うまでもなく配球というものはバッテリーで決めていくもの。特に立ち上がりは事前にピッチャーとキャッチャーが話し合ってプランを持って入っていくものだと私は考えていたので、よりにもよって立ち上がりにキャッチャー任せの投球をしてしまったという阿知羅のコメントには少しショックを覚えました。

4回の失点は2アウトからポテンヒットでランナーを出し、決して走力があるとは言えない甲斐に完全に盗まる形で盗塁を許しその後タイムリーを打たれるというもったいないもの。
解説の方も言っていたようにこの失点が5回の被弾にもつながったような気もしますし、これももったいない失点でしたね。

この場面での問題点はやはり甲斐の盗塁。
スタートのタイミング的に阿知羅が牽制球を投げられていれば恐らくアウトにできたはず。
あの大歓声の中では内野手が声をかけても届くかは微妙ですし、与田の言う通り加藤が身体を使ってでも牽制を指示できていれば……というプレーになってしまいましたね。

今年27歳になる阿知羅と加藤は若いとは言えませんがキャリアの浅い選手。
そんな彼らの未熟さが出てしまったことに関してとやかく言っても仕方がありませんし、この失敗を今後の糧にしてもらいましょう。


岡田の失点ももったいなく映りました。
デスパイネに打たれたことはまぁ仕方がないでしょう。
内をしっかり攻めた後に投げたアウトコースをしっかり弾き返したデスパイネの状態の良さや技術の高さ、読みの正確さを讃えるべきタイムリーだったと思います。

もったいなかったのは釜本のセーフティーの処理。
ギリギリのタイミングだったから攻めのフィールディングをした結果送球が逸れたということなのでしょうが、それでも勝負形にする為にファーストが捕れる球を投げてもらいたかったなと。
内野安打が記録されたので記録員から見ると仮にファーストが捕れるような送球をしていてもセーフだったという判断だったのだと思われます。
それでも私には際どいタイミングに見えましたしどうしてももったいなく感じてしまいました。

岡田は勝ちパターンに入れるだけの素養を持つリリーフです。
突然フォアボールを連発してしまう登板を減らすことと自分を助けるフィールディングができるようになればライデルの離脱期間にできる穴も小さくなることでしょう。


打線の方はバンデンハークの投球の前に5回までパーフェクトに抑え込まれてしまいました。
エラーとバンデンハークの疲労をきっかけに6回には一気に4点取ることができたものの、その後の3イニングもランナーをひとりも出せず。

9イニング中8イニングが三者凡退で打ったヒットが3本だけなのに4点取れたあたり運はよかったのですが、それが勝ちに結びつかないあたりにも両チームの差の大きさを感じてしまいます。

正直、5回までのバンデンハークから点を取るのはほぼ不可能だったと思います。
ほとんどすべてのボールが指にかかっており、ストレートは150キロオーバー、ナックルカーブはブレーキのかかり方も投げ込むコースも完璧。
今シーズン初めてビシエドを5番に下げ4番に周平を抜擢するなど工夫もした様子はうかがえましたが、どうしようもありませんでした。

ただ、本当に時折ですが甘くなるボールもあって、そのボールをとらえきれないのが今の中日打線の現実ということなのでしょう。

そんな中で球威に陰りが出始めていたとはいえ代打の1打席で最高の結果を出した直倫のバッティングは光りました。
今シーズンもミスショットはそこそこありますが、とらえた打球をスタンドまで運べるようになった直倫。時間はかかりましたが、プロ入り当初に期待されていた方向に開花する兆しが見えていいですね。
明日以降も頑張ってもらいましょう。


明日の先発は大野雄大。
6月に入ってからの嫌な流れを止めるような投球に期待しましょう。

相手先発の和田は先日二軍野手陣が打ち込んだとのことですが、決して油断できるようなピッチャーではありません。
投手戦になることも覚悟しながら変なミスで流れを渡さないような堅い野球をしてもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ナゴヤドームで行われたソフトバンクとの3回戦は5-2でソフトバンクの勝利。


先発の大野雄大がまたも序盤に大量失点してしまいそのまま押し切られて負け。
今年3度の先発機会すべてで同じような悲惨な結果になってしまいました。

恐らく中村晃と柳田をマークしようとしたのでしょうが、空回って思ったところにコントロールできていませんでしたね。
今日の大野は以前までと違ってフォアボールはそこまで多くは出さなかった(とは言っても5イニングで2つ出しているので少なくはありませんが)ものの、柳田の前にランナーを溜めないというソフトバンク打線攻略の鉄則を守れず、その柳田に2被弾。

ストレートの球速は出ていたものの、それでなかなかストライクが取れず球数がかさみ、また、要所になればなるほど力み倒してボールが浮き、今日打たれたヒット6本のうち5本を2ストライクから決めきれず打たれてしまいました。
実績の無い若手ピッチャーならこれも経験と言えるのですが、3年連続2桁勝利したこともある大野がこれでは困ります。

甲斐へのフォアボールと柳田への被弾はいただけなかったものの、4回、5回のピッチングはそれなりに落ち着きを持ってできていましたし、あれが大野の本来のピッチングに近いもののはず。
大野くらい経験を積んできたピッチャーなら、立ち上がりや要所で力み倒してメンタルから崩れる訳がないはずなんですが、今年の大野を見ているとそのあり得ないことが起きているように見えて仕方がありません。

もしかしたら去年まであれだけ目立ちたがりで開幕投手をやりたがっていた大野が今年の開幕投手をやりたくないと言い出したところからいろいろ狂っていたのかもしれませんね。
今思えば、この発言からはたった1度打ち込まれただけで開幕戦が怖くなってしまうくらい弱気になっているメンタル面への不安が見て取れます。

もちろんこれはもの凄く意地悪なものの見方をした性格の悪い分析なので信憑性なんてまったく無い意見ですが、今日も立ち上がりやたらとストレートを続けて投げるなど何かを模索していて、それが上手くいっていないとは言えるでしょう。

大野の最大の武器はストレートなので、以前のように変化球で逃げるピッチングよりはそれで押すピッチングを続けてもらいたいのですが、今はあまりにもバランスを欠いてしまっています。
ストレートを軸に変化球も織り交ぜる組み立てという意味でも、力加減という意味でもなるべく早く「いつもの大野」に帰ってきてもらいたいですね。


今日最大の収穫は2イニングをしっかりゼロに抑えた木下雄介。
指にかかった時のストレートと高さとコースを間違えなかった時のフォークは空振りを取れるだけの質を持ち合わせています。
目下の課題は質をともなったボールを投げられる確率を高める技術力の向上でしょうか。
苦しいリリーフ事情ですし、しばらく一軍で起用されるでしょう。その中で技術を上げていき、できればこのまま一軍に定着してもらいたいところです。

藤嶋を投げさせることになってしまったのは残念でした。
他に投げさせる候補としては岩瀬くらいしかいませんが岩瀬も投げさせにくく、こうなってしまうとホーム6連戦で先発が投げたイニングが5回、7回、2回、5回、9回、5回と平均6イニングに満たなかったのが痛かったなと。
高卒2年目ということを踏まえずともこのペースで使い続けていいわけがないので、これからは藤嶋の使い方に気を遣わなければならないでしょう。


打線の方は中田を6回途中で降ろせたところは計算通りでしたが、チャンスで1本が出ず1点どまり。
特に5回裏の1点とってなお0アウト1塁、2塁のチャンスで京田以降で点を取れなかったのがきつかったなと。0-5からの逆転は心理的にも厳しいものですが、中田からあと2点くらい取って紛れを持たせたかったですね。

ソフトバンクバッテリーにうまく変化球を使われて粘られたとも言えるのでしょう。しかし、チャンスで回ってきた平田と大島がともに初球を打って凡退してしまったところを見るともったいなさはどうしても感じてしまいます。
中田を早めに諦めて嘉弥真を投入するソフトバンクの執念も凄かったものの、初球から打ちにいくならもう少しいい当たりをしてもらいたかったなと。まぁ、これはただの結果論ですね。

福田が2試合連発となるホームランをライトスタンドに叩き込んだことも収穫です。
打撃の状態はよさそうなので、あとは勝負所でもきっちり結果を出してくれれば何の文句もありません。

1,2番を入れ替えて2試合ですが、この間京田はノーヒットで大島は1安打。あまり機能していませんね。
とは言っても、打順を入れ替えたから打てなくなったと言い切れるだけのサンプル数ではありませんし、0アウト1塁、2塁で引っ張ろうという意識をあまり感じさせなかった京田を見るかぎり打順が結果に影響しているとは言い難いのかなと。
来週からは指名打者制のある試合が6試合続くことになりますが、それで1,2番をどうするのか。もうしばらく静観したいと思います。


今日も大野に対するもどかしさを感じる試合になってしまいました。
どうやら交流戦明けにもまた登板機会を与えるようですが、3試合連続で試合を作れていないピッチャーに対して破格ともいえる待遇です。
ただ、これは二軍の若手がピリッとしないからこうせざるを得ないからとも言えるでしょう。

どうにかして投手陣の層を厚くしてもらいたいのですが……
今の投手陣はベテランとガルシアと新戦力の頑張りばかりが目立ち、中堅で結果を出してると言えるのが田島と祖父江くらいしかいないあたり首脳陣の指導にも問題があるような気がしてきてしまいます。
来週はそんな不信感を払拭するような投手陣の活躍に期待したいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

ナゴヤドームで行われたソフトバンクとの2回戦は3-0で中日の勝利。


試合前、なるべくリリーフを温存しながら勝ちたいと思っていましたが、そんな理想を現実のものにしてくれたガルシアの快投には痺れました。
相変わらず立ち上がりには苦労したものの、そこを乗り越えてからは淡々とアウトを取り続け、6回に訪れたピンチでも慌てることなく自分のピッチングができていましたね。

課題だったフォアボールも2つにとどめ、終わってみれば112球で完封勝利。
最後に150キロが出るなどスタミナ的にもまだ余裕があったようにも感じましたし、今日は100球の壁を打ち破ってくれたのかもしれません。
……いや、さすがに少し気が早いですね。次の登板機会で同じレベルの投球をしてくれた時にこの表現をしたいと思います。

チーム事情も踏まえて完璧なピッチングをしてくれたガルシアですが、1アウト3塁での中村晃のピッチャーゴロの処理はやや危ないものでした。
マウンドから全力で前に走り距離が短くなったホームまでの送球は難しいものです。ですが、自分を助ける為にもう少しキャッチャーがタッチしやすい高さに投げられるようになってもらいたいですね。

ガルシアは日本に来てからレベルアップしているピッチャーという印象があります。今のままの気持ちで練習に取り組み続けてくれればきっとフィールディングのレベルも上がってくるでしょう。


打線の方は1番大島、2番京田と開幕時のオーダーに戻してきました。
1番京田、2番大島がそれなりに機能していたのでここを動かした意図は正確には分かりませんが、首脳陣の理想はあくまでも1番大島、2番京田で、彼らが復調の気配を見せたから戻したといったところなのかなと。
1番大島、2番京田が理想という考えは分かるので、この入れ替えについてはしばらく静観したいと思っています。

今日は中盤までフラフラしていたバンデンハーク相手にもう少し得点を重ねられればよかったのですが、要所で変化球を決められてしまいましたね。
多くバッターがストレートに張って打席に立っていたでしょうし、ここは相手の粘りを称えるべきかなと。

逆に言えばストレートの威力を取り戻しつつあったバンデンハークの高めのストレートをスタンドに叩き込んだ福田のバッティングは最高でした。
狙ったボールを少々ボール気味だろうが思い切りよく振り抜くのが福田のバッティング。心なしか調子が上がってきているような気もするので、明日以降にも期待したいですね。

7回裏の走塁ミスは反省点。
アルモンテの打球はそこまで速いものではなかったものの、センター上林の守備位置やチャージ、そして肩の強さを考えればホーム突入は非常に難しいタイミングでした。
チームが2点リードしており、次のバッターがビシエドという状況を踏まえて三塁コーチャーにはストップをかけてもらいたかったなと。

今年の中日はホーム憤死が非常に少ないチームだと思います。ただ、それは微妙なタイミングの場合三塁で止めることが多いからだと感じていました。
それゆえに、もっと積極的にホームを狙ってもいいと考えていましたが、大島がホームの遥か手前で刺されるようなタイミングなのに回すようでは困ります。
ミスが少ないコーチャーな訳ですから責めるのは違う気がするものの、大事な役割を担っているポジションなので、なるべく100%に近い判断をしてもらいたいですね。


今日はここのところ登板過多だったリリーフを休ませる理想的な勝ち方ができました。
ただ、更に贅沢を言うなら明日もなるべくリリーフを休ませて、月曜日も含めた3連休をプレゼントしてもらいたいなと。
明日の先発の大野雄大は今シーズンまったくと言っていいほどいいところを見せられていませんが、自分のピッチングができればソフトバンクが相手だろうと長いイニングを最少失点で投げられるはず。
3度目の正直を見せてもらいたいところです。

相手の先発は中田賢一。調子次第で完封もあり得れば5回投げ切れずKOも考えられるピッチャーですが、さすがに衰えが見えてきたスタミナ面から崩せるようになるべく多く球数を投げさせたりフォアボールを取ってもらいたいところ。
昨年はヤフオクドームで中田から勝ちを取ることができましたが、ナゴヤドームでは好投されてしまっているので、明日は恩返しされないように打線に奮起してもらいたいですね。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

↑このページのトップヘ