November 27, 2008

【みちくさ・ブレイク】〜パクっの感じ〜

こんばんは!
「みちくさ市」用・ファンタジック食中花玉入れゲーム、開発チーム室長ピッポです。

もうここ、一週間というもの開発班のみんなで毎日、頭付き合わせ、ケンケンガクガクですよ!!
ウソ。ひとりです。笑

とゆうか、食中花玉入れややこしい〜…
いま作りおえたのは、ハエトリソウ、と、レウコフィラ。あともうひとつ袋モノ!!
計三つ、出します☆

これ、今までのファンタジックゲームとくらべ、はるかに仕組みが複雑なんですよ!!笑
市販のちょうつがいは、使用できず、自作のちょうつがいを作ったりしました(ちょうつがい屋には顰蹙ですね…)。

はぁ、食中花ナメてた。。
食中花、あんたすごいよ…

でも、負けないから!
どうあっても、負けるわけにはいきません。


いま。
試行錯誤を繰り返し、ようやく八合目まで来た感じです!
あと二合☆

ゲーム以外の出展物は、準備万端なので、あとはこれだけなんだぁ〜〜!!!

がんばるぞ。






【追:どくしょ記】
今朝、梅崎春生、短編集「幻化」(新潮社)を久しぶりに読んだ。
中でも「突堤にて」という釣りコミュニティの話が相当面白く。
ひととひととの繋がりってそもそも…など、あれこれ考えた。
日の丸おやじの釣り道具が、三日目の夜の嵐であとかたもなく消えていった風景が、なんでか、あたまから消えない。


pipponpippon at 02:30│Comments(0)TrackBack(0)☆PippoのFantasic Game☆ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔