Helium Hearts

pirarisと申します。
Twitter:http://twitter.com/piraris
漫画を描いております。
右下にメールフォームあります。
いろいろな理由でサイトタイトルを変更しましたw

予想:2020年宝塚記念

3番グローリーヴェイズが本命。
単純に、香港ヴァーズが強かった。
前走で接戦したラッキーライラックとクロノジェネシスや、一枚落ちる相手に勝って来たサートゥルナーリアよりも上と見る。
けど、馬連の相手はこの3頭でw

単 3
馬連 3-5,11,16

予想:2020年安田記念

ダービーに引き続きガチガチなんだけど、5番アーモンドアイと、6番インディチャンプの馬連1点でw

どちらも他の馬の入る余地がないくらい強そうかなと。
今現在すごく雨が降ってるんで気になったけど、明日の朝には晴れて、気温も上がるみたいだし、心配ないかな。
この2頭の枠が隣あっていることが少し心配だけど、まあどちらも自在性のある馬だしなあ。

馬連 5-6

予想:2020年東京優駿(日本ダービー)

皐月賞に引き続きガチガチの予想なんだけど、5番コントレイルと12番サリオスの馬連でw

皐月賞を見るに、やっぱり3着との3馬身半差はちょっとひっくり返らないかもなあと。
2強のレースで2強をそのまま買うなんてやったことない気がするんだけど、そのくらい強い2頭かなあ。
1,2着はひっくり返るかも、ということで、馬連。
1点で。

馬連 5-12

予想:2020年優駿牝馬(オークス)

17番マルターズディオサ
前走の桜花賞こそ大きく負けてはいるものの、クラヴァシュドールとの対戦成績を考えると、この馬はもっと評価されて然るべきだと思う。
オッズ的にかなりついているので、単複で。

単 17
複 17

予想:2020年NHKマイルカップ

2番タイセイビジョン、3番レシステンシア、8番サクセッション、14番ルフトシュトロームの馬連ボックスでw

今までの戦跡のレースレベル的には、タイセイビジョンとレシステンシアが文句なしに高くて、サクセッションがそれに準ずる感じか。
ルフトシュトロームはパフォーマンスはそれほど良い感じはしないけど、血統が魅力的なんだよなあ。ウインドインハーヘア系で無敗っていうと気になっちゃう。

同じ無敗のサトノインプレッサは、スタートが良くないのと、パフォーマンスもそれほど良くないかなって感じで、今回は消し。お父さんのディープインパクトはウインドインハーヘアの子供なんだけど。

馬連ボックス 2,3,8,14

予想:2020年天皇賞(春)

14番のフィエールマンはやっぱり強いだろうということで、本命。

相手は、成績的に成長中だろうということで、1番モズベッロ、3番トーセンカンビーナ、5番ミッキースワロー、11番メイショウテンゲン、12番シルヴァンシャー。
奇しくも、全てディープインパクトの父系の馬たち。

馬連 14-1,3,5,11,12

予想:2020年皐月賞

こんなしょうもない予想を晒してどうかと思うんだが、
1番コントレイル、5番サトノフラッグ、7番サリオスの馬連ボックスでw

コントレイルはやっぱり強い、サトノフラッグも中山での連勝が強い、
サリオスはマイルしか使っていないものの強いし血統的にも距離が伸びて悪くはないだろうと。

今年は他にも色々な路線から魅力的な馬も多いんだけど、まあ皆ある程度弱点を表に出していて、
何に目をつぶって穴馬を買うかっていうところなんだが、結局3強まで食い込むのは難しいかなあと。
馬場が悪そうなんで、狙ってみても良いんですけどね。
ちなみに穴馬としてちょっと気になったのは、中山で連勝しているクリスタルブラックと、重実績のあるヴェルトライゼンデでした。買わなかったけどw

馬連ボックス 1,5,7

予想:2020年桜花賞

5番マルターズディオサ、11番クラヴァシュドール、17番レシステンシアは、阪神JFでもチューリップ賞でも1~3着を占めていて、この3頭の強さは疑いがない。
あと、クイーンカップ組の13番マジックキャッスルと14番ミヤマザクラ。今までの対戦相手とその上で残している成績を鑑みると、チューリップ賞組の次はこの2頭が候補になると思う。

デアリングタクトは、ペースが上がったエルフィンステークスで行き脚がつかなかったことがネックで、多頭数の桜花賞では現時点ではつらいかな。

サンクテュエールとリアアメリアはアルテミスステークス組だけど、この2頭の人気の根源はリアアメリアが6月の新馬戦で8馬身ちぎったことであり、実はアルテミスステークス自体はそれほど大したことがないレースだったように見え、この人気は幻想かなと。

ということで、先に挙げた5頭の馬連ボックス。

馬連ボックス 5,11,13,14,17

予想:2020年高松宮記念

7番グルーヴィット
中京2戦2連対。母系にエアグルーヴがいるのが魅力的。
というか、そうじゃなかったら買わないと思うが。

12番セイウンコウセイ
3年前の勝ち馬で、昨年の2着馬。
昨年の2着は臨戦にまったく予兆がないので、単純に得意な舞台なのだと。

15番ナックビーナス
2年前の3着馬で、この馬は近走成績が良い。
特に前走は2着ながらも、3着のタワーオブロンドンを3馬身突き放しているところが良い。

と、この3頭だけ買うつもりで、実際買ったんだが、
今になってパッと出馬表を見ると、14番モズアスコットが勝つ絵しか見えない。
2年前の安田記念をこの馬が勝ったときもそうだったので、この馬も買い足そう。

単 7,12,15
ワイド流し 14-7,12,15
ワイドボックス (7,12,15)
3連複 7-12-15

結局ワイドで買うんかいという感じだがw
高松宮記念は未だに当てたことがないと思うので、点数増やしてもねえ、
という感じもある。

2020年3月11日

去年の3月11日の日記を見ると、「父のいない3月11日は初めてだ」と書いてある。
「親が一人いなくなるというのは、自分の人生の中でいちばん大きな変化だった」とも。

去年から今年にかけての1年間がどうだったかというと、もの凄く久しぶりに恋人が出来て、ともに過ごしてきた1年だった。
震災よりももっと前に付き合っていた人には、僕が子供だったせいでとても迷惑をかけたけど、今はあの頃よりはさすがに大人になって、恋人に対して思いやりを持って、尊敬して、尊重して、接することが出来ているんじゃないかと思う。
今回の変化も結構大きいものだった。

「生きていることはすばらしい、っていうことの根拠は未だによく分からないけど、年々その実感はつよくなっている」
ということも去年書いていて、あの頃は片想いの相手に失恋したばかりだったのによくそう思えたな、って思うんだけどw、あれから1年経って、やっぱり実感はつよくなっていると思う。

2020年1月6日

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ほぼ競馬のみ(それもG1のみ)の更新で、それすらまともにやらなくなって来ているけども、一応「場所」としてここは残しておきたいと考えています。。

更新が減ったのは単に忙しいからなんですが、忙しいと言っても仕事が忙しいわけではない、というのが悩ましいところ。
しかしその忙しくない仕事が週末にあったりして、G1すらまともに買わない、見ない、という事態になっていて、自分としてもこんなことになるとは思っていませんでした。
と言いつつ、ここに書かなかった有馬記念の単勝をしれっと取ってたりしてw
まあ忙しく楽しくやっています。

スポーツ観戦としての競馬はおそらく一生やめることはないんですが、馬券は買えないことが増えるかなあ。
買ってないと予想も下手になるし。
だから、「場所」としてここを残す意味は、日記というかなんというか、日々の雑記を書ければ良いなと思うんだけど、あまり書きそうな感じがしないw
こうやって書き始めると楽しいんだけど(何の内容もないような文章だけど)。


今年の目標は「自力でお金を稼ぐ」ってことです。
今お金をもらっている仕事は「自力」ではないと思っているので、将来的に今の仕事を辞められるくらい、「自力」で稼げるように、今年から少しずつ環境を作っていこうと思います。
あとは、引き続き去年と同じ目標も頑張っていこうかな。
相変わらず目標達成は出来ていないけど、今年は一緒に目指してくれる人がいるから、頑張れると思う。っていうか、頑張らないといけないな。

予想:2019年チャンピオンズカップ

8番ウェスタールンドが本命。
昨年、8番人気で2着。
7ヶ月の休み明けの前走は、0.1秒差の3着。
その時に乗っていたスミヨン騎手が今回も乗るので、ここも期待して良いかなと。
と思って成績を調べてみると、スミヨン騎手はダート苦手っぽいな・・・。
でももう買っちゃったからいいやw

相手は基本的に人気どころだけど、サトノティターンを買うならモズアトラクションも買うべきでしょ、と思って、この馬も追加。

単 8
馬連 8-2,3,4,5,6,9,11

予想:2019年ジャパンカップ

よく言われている通り、かなりの混戦。
上位人気の馬の中にも「絶対に来る」と思える馬がいないので、印をつけた中で最も人気がない馬を買おうかなw

15番ジナンボー
不良馬場で1戦1勝と実績があり、大外枠で、ムーア騎手。
不良馬場実績は、他の馬はそもそも走ったことがない馬が多くて、この馬のアドバンテージというわけでもないだろうし、騎手買いするにも他の馬も豪華だし、この馬を選ぶ理由には足りない気がする。
でも人気ががないので、この馬を買うw

単 15
複 15

予想:2019年天皇賞(秋)

忙しくて秋華賞も菊花賞も買えない、ということが、自分の生活に起こると思わなかった・・・。

5番アエロリット。
安田記念も毎日王冠も相当強かった。
安田記念は、「アーモンドアイに何かあったら」勝てるということを実際に示したレース。
今回の上位人気勢も、「何か」あり得る。
この馬の単複で。
距離は不安があるのかよく分からん。

予想もめんどくさくて単複になってしまうというw

単 5
複 5

予想:2019年スプリンターズステークス

13番ミスターメロディが本命。
人気になっている4歳勢の中でも、いち早くスプリンターとしての素質を発揮したのがこの馬で、G1勝ちも今年の高松宮記念で一番乗りしている。
好走と凡走を交互に繰り返すタイプで、前走のセントウルステークスで8着というのは、むしろ今回買いやすい材料。
相手候補はいっぱいいるので、総流しに近いくらいの感じで多点買いしても良いんだが、ミスターメロディ自身のオッズが結構ついているので、この馬の単複にする。
多点の馬券の強弱を考える時間がないというのもあるけどw

単 13
複 13

2019年7月30日

ディープインパクトが今日亡くなったそうですね。

彼は当時の日本競馬において、史上最強であることが明らかで、好き嫌いで語るような馬ではなかった。
たった1度のみでも「史上最強」と呼ばれ得るパフォーマンスを、皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞(春)、有馬記念、と、少なくとも5つのレースで見せている。
好き嫌いを超越して、ただ圧倒的に強いことが、ここまで人を感動させるものなんだと教えてくれた馬。

色あせたディープインパクトの単勝馬券は、今も財布に入っている。
弱い僕でもちょっとだけ強くなりたくて、14年も彼に頼ったまま。
DSC_0625

予想:2019年宝塚記念

11番スワーヴリチャードが本命。
昨年の春までの強さと、前走のドバイでの走りを考えると、レイデオロやキセキとここまで人気の差が出るのはおかしいんじゃないかと。
と言いつつ、もちろんレイデオロもキセキも強いので、2頭ともきちんと走ると、スワーヴリチャードは3着までかも、とも思う。

ということで、スワーヴリチャードを中心に、3連複のフォーメーションで。

3連複フォーメーション
11-(1,2)-(1,2,3,4,7,12)

予想:2019年東京優駿(日本ダービー)

今年の3強は強そうだなあ。
素直にこの3頭を買うのが良いのかもしれない。
4番人気以下の馬たちにも一応順位をつけてみたけど、結局馬券圏内には入って来ないかもしれない。

けど、僕みたいな夢見がちなおじさんは、ダービーではやっぱり夢を買いたくなってしまうな。

14番ランフォザローゼス
もうただ単に、大好きなエアグルーヴの孫だから、買うw
この馬自身、成績的に全然ダメってわけではないし、実際5番人気になってはいるけど、3強の間に入れるかっていうと、ちょっと望み薄かなあ。
でも、ワイドで3強へ流す。
そして単勝も買うw

エアグルーヴの孫っていうと、4年前にドゥラメンテが既にダービーを勝っているんで、今回ランフォザローゼスが勝ったからって、別に悲願ってわけでもないんだけど。

単 14
ワイド 14-6,7,13

予想:2019年優駿牝馬(オークス)

オッズ上の4強がみんな馬券圏外に飛ぶことは考えづらいけど、かと言って人気や距離適性や脚質を考えると、この4頭の馬連ボックスもそんなには信用できない気がする。
ということで、穴馬の単勝とワイドボックスw
頭まで案外あるかなと。

4番シェーングランツ
7番シャドウディーヴァ
12番ウィクトーリア
14番フェアリーポルカ

時間がなくて選んだ理由は割愛^^;

単 4,7,12,14
ワイドボックス (4,7,12,14)

予想:2019年ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルにおなじみ、2番レッドオルガ、4番ノームコア、6番ラッキーライラック、8番デンコウアンジュ、9番プリモシーン、11番アエロリット、13番サトノワルキューレ、14番レッツゴードンキ、15番カンタービレ、18番フロンテアクイーン、の10頭を買いたいという有様w

でまあ、この中でオッズが高い5頭の単勝を買うことにしようかなw
一応、オッズが高いのに選んだ理由。

8番デンコウアンジュ
2年前の2着馬。
毎年この時期は調子を上げてヴィクトリアマイルに臨んでくるので、今年も期待。

13番サトノワルキューレ
昨年のフローラステークスを、1番人気で最後方からぶっこ抜いた馬。
今年の阪神牝馬ステークス組は、着順よりも末脚が良かった馬が評価されているけど、それなら最速上がりだったこの馬も買って良いんじゃないかと。

14番レッツゴードンキ
ずっと勝てていないけど、能力は落ちていないだろうと思う。
昨年は0.4秒差で着順的には6着だったけど、ゴール前の脚を見ると、ヴィクトリアマイルというレースではいつ勝ってもおかしくない。

15番カンタービレ
成績的に、牝馬戦線のトップクラスに実はもう入り込んでいる馬。
阪神牝馬ステークス組はラッキーライラックとレッドオルガが人気になっているけど、この馬も同等に強いでしょと。
デムーロが乗るならむしろ人気は逆なんじゃないのと。

18番フロンテアクイーン
この馬も牝馬戦線でずっとトップクラスの成績を残している馬。
中でも推しポイントは、府中牝馬ステークスの0.1秒差3着かな。
ディアドラとリスグラシュー相手にあの競馬なら、今回のメンバーならやっぱり優勝候補。

単 8,13,14,15,18
プロフィール

piraris

漫画を描いております。
Twitter:http://twitter.com/piraris

記事検索
月別アーカイブ
mail
twitter
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ