2016年11月05日

竜馬がゆくを読み終えて。

司馬遼太郎の長編歴史小説「竜馬がゆく」

空手の先生に
「是非、読んでみてください」と言われ、
単行本で全8巻のうち、とりあえず1巻を買ってみました。
なぜ・・・?
私、もうすぐ40歳になりますが、
薄っぺらい単行本ですら読み切った記憶はありません。
実は、読書嫌いなのです。
だから、全巻読み終える自信がなかったのです。

しかし、読み始めると、
当時の歴史もよくわかり、
面白く、どんどんひかれて行ってしましました。
そして、ついに8巻全部読破しました。

この『読書嫌いの私』を、ここまでひきつけたのは、
坂本竜馬という、人間のスケールの大きさ、ダイナミックさだと思います。
当時、まだ日本が『藩』を基準に動いていて、いわば、藩=国という考えが多く
例えば、土佐人(高知県)や薩摩人(鹿児島)といっていたころ、
竜馬は自分のこと日本人とし、『世界』を相手に仕事をすると考えてました。

竜馬の肖像をみると、
けしてイケメンではないと思う。
そして、あまり身なりは気にしなかったらしい。
それなのに、女性がほ放っておかなかったというのは、
やはり、人間的な魅力がすごくあったのかと思う。

この本は、
男の教科書であり、歴史の教科書であり、人間の教科書であると思う。

さて、2周目に入りますか・・・



piroro52 at 14:47コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2016年11月04日

付き合い残業。

今日は東京都庁に行ってきたぴろろです。

サービス残業って、よく聞きますよね。
『サービス』ってなんとなく、良いイメージじゃないですか?
ストレートに言うと、
『金もらえない残業』とでもいうのですかね・・・

ところで、
サービス残業ばかり話題になっていますが、
世の中、残業の問題がほかにもたくさんあります。

例えば、
自分は帰りたいのに、仲間や上司がまだまだ仕事をしているので、
なんとなく帰れなくて、残業している。
そう、ストレートに言うと
『お付き合い残業』とでもいましょうか〜

自分のことを評価する上司が、まだ仕事してるのに、
自分だけサッサと帰るのは、
とても、とても気が引ける行為です。

定時まで、一生懸命仕事したのに、
そこで変える際には、
『すみません。お先に失礼いたします』と謝って帰る。
なんとも、日本人らしい奥ゆかしさ。

長時間労働を本気で見直していこうとするなら、
こういったこともきちんと考慮して、対策をしないと、

うぅ〜ん労働問題は難しい、
なんといっても、事業主と労働者の関係は、相反する立場ですからね。

piroro52 at 00:09コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2016年11月02日

人が壊れる。

長時間労働によって、『人』が壊れる

人が壊れれば、『会社』が壊れる

会社が壊れれば、『国』が亡びる。




今日、長時間労働による、過労がピックアップされています。「ノー残業ディ」なんてある会社が紹介されていましたが、
実際そんなの、大手企業だけで、
現実は、残業しないと、やめされられるくらい追い込まれたりするでしょうね・・・
残業しないと終わらないほどの仕事を与えられたりも・・・

大きな会社だけ取り締まれば、
その反動が、中小企業へくる。

人間は機械ではありません。
壊れると、すぐにはなおらないし、
他のものと交換することもできない。

どうか『人』を壊さないでください。




piroro52 at 22:33コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2016年10月21日

言われたら、言い返す。

いろいろやってるぴろろです。

実は先日、
ある行列に並んでいたところ、
後ろに子連れの夫婦が並んできました。

ずーっと、奥さんが旦那さんに
ぐじぐじぐじぐじぐじぐじぐじぐじ・・・・・・・・ぐじぐじ
文句をタレていました。

いい加減うるさく、耳障りだったので、
自分のスマホに
「後ろの夫婦、奥さんが威張っていて、みっともないね〜」
と、打ち込んだところ、

いきなり後ろから、
「それ、私のことでしょ!!!」
って、どなってきました。

わたしく、冷静に
『はい。そうですけど・・・』
と、回答してあげました。

すると、嵐でも来たかのように
大声で、どなりまくってきました

日ごろ優しくて、『仏のぴろろ』と言われている?
わたくしでも、売られた喧嘩はありがたく買います。

『そういうのが、みっともないんだよ!!!!恥ずかしくないのか?』
と、どなり返してあげました。

それでも、だぁーってわめき散らしているので、
『うざいんだよ!!!ボケ!!!だまってろ!!!』と一喝してあげました。

あまり、公衆の面前で、家族や身内に文句を垂れているのは、
気持ちのいいものではないですよね。
それに子供もいたし・・・

あーっ
いいことした。



piroro52 at 13:40コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2016年10月18日

凡人だから・・・。

いろいろやってるぴろろです。

わたくし、学生のころ勉強が大嫌いでした。
特に英語・・・

高校の時の英語の先生で、
すごく、暗くて、イヤミな方が、いらっしゃいました。

その先生が、口癖のように
「天才なら、日々の努力なんてしなくてもいい。だが、残念なことに、我々は、凡人だ。凡人だから、日々努力しなければ、ならない。」

と、おっしゃっていました。

当時は、「うるせーなぁー!!」って思っていましたが、
歳を重ねるにつれて、その言葉の重みを感じています。

今の時代、「努力」とか「根性」とかって、
ダサいイメージですが、
やはり、大事なモノかもしれません。

努力しても、努力しても結果が出ないことばかりだと思います。
『大事なのは結果じゃない!』という方もいらっしゃいますが、
やはり、大事なのは結果ですよね・・・
でも、それと同じくらい大事なのが、そこまでのプロセスだと思います。
どれだけ、努力できたか?どれだけ自分を追い込めたか?
だから、大事なのは、結果と、そこまでのプロセスです。

ちなみに、わたくし、社会保険労務士試験の受験勉強をした一年間は、
大好きなお酒を一滴も飲みませんでした。
そして、夏、自宅では風邪をひかないように、エアコンはつけませんでした。
お腹を壊さないように、大好きなスイカも食べませんでした。

ある、スポーツ選手が、
「何かをガマンしないと、いい成績はとれない」と言っていましたよ。




piroro52 at 22:45コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
訪問者数
  • 累計:

blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ