Yosshy H

2017年03月23日

クラシックの「曲名」と「作曲家」がすぐ分かる本

久しぶりの投稿です・・・。

シンコーミュージック・エンタテイメント刊

クラシックの「曲名」と「作曲家」がすぐわかる本

2017-03-22-23-53-46


3月23日、本日刊行です。
表紙デザインはアンディー・ウォーホルのマリリン・モンロー風。
本の中身はクラシック音楽を使っている映画やCM、ドラマなどを紹介する本です。
この映画ではこの曲がこんな場面で使われているが、オリジナルではなく、ピアノにアレンジされているとか、このCMではこの曲のこの部分を取り上げてこんなアレンジで使用しているなどを紹介している本です。

2017-03-22-23-54-45


もちろんこのために本で紹介している映画もCMもドラマもみんな見ましたが、ネットのお陰で映画もDVDを借りに行かずに済んだものもけっこうありましたし、CMはほぼネットで確認できる、いい時代になったものです。

2017-03-22-23-56-14



どのページから読んでも楽しいですし、クラシックだからと気負うこともかしこまることも一切なく、気軽に読んでいける本になったと思います。
書店でみかけたらぜひ一度手にとって見てください。

hisamatsu1225 at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月10日

ピアノ・ソロ:ピアノで弾けたら粋でカッコイイ日本のうたあつめました。

本日見本誌を頂いた新刊。
シンコーミュージック・エンタテイメント刊
「ピアノで弾けたら粋でカッコイイ日本のうたあつめました。」

IMG_1894


小山清茂の「かごめ」変奏曲や、
三宅榛名「赤とんぼ」変奏曲
平井康三郎「幻想郷《さくらさくら》」
山田耕筰「《荒城の月》主題による変奏曲」
などなど、名だたる作曲家による
日本の名旋律による変奏曲が並んでいますが、
その中に我が師匠、
久隆信に新作の変奏曲を書いてもらいました。
「小さい秋」の主題による、4つの変奏曲。

IMG_1895


テーマ
第一変奏「ロシア民謡風」
第二変奏「バルカローレ風」
第三変奏「テクニカル・ラテン風」
第四変奏「コラール風パッサカリア」
の5つの部分から成っています。

中田喜直の名曲がびっくり仰天の変奏で聴かせます、
魅せます!



そしてさらにもう1曲。
「雪の降る街を」も、こちらは単一の変奏というよりは、
「雪の降る街を」のテーマを使った新しい曲ですね。

IMG_1896


こちらも瞠目モノの傑作です!



これが弾きこなせる頃にはクラシックだけではなく
ジャズやその他の様々なジャンルの音楽への
足場も広がっているはずです。
逆に言うと最初はクラシックしかしらないと
戸惑うかもしれませんが、
音楽の世界はクラシックだけではありません!
様々な音楽がこの1曲に凝縮されています。

やっぱりこの人天才だわ!
それ以外にも童謡から
まらしぃ版の「千本桜」まで、
「日本のうた」を聴き応えのある、
アレンジで掲載しています。
ぜひ手にとって見てみてください!!

面白い本を作らせてくださった
編集のM様!ありがとうございました!

hisamatsu1225 at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月20日

「メタクラ」総集編刊行です!

クラシックの名曲をメタル・アレンジして、
ゴリゴリのギターで弾き倒すぶっ飛び本、
「メタクラ」総集編本日刊行です!

IMG_1493


2008年から数冊に渡って作ってきたものの総集編ですが、
音楽史のページだったり、
作曲家の解説だったり、
アレンジ前のオリジナル楽曲の解説も充実しています。

IMG_1494


また、リッチー・ブラックモアやジョン・ウリ・ロート、
イングヴェイなど、楽曲のアイデアをクラシックに求めたような、
クラシックとロックの融合についてのエッセイも収録。
CDは模範演奏とカラオケ音源の2種類を収録した2枚組です。
今回の改訂では
「オーケストラをバックに奏でるエレクトリック・ギター〜不朽のクラシック名曲選」からも6曲を収録。
エレキギターでクラシックを弾くというコンセプトを
この一冊にギュウギュウに詰め込見ました。

IMG_1495


ギター弾きの方々はもちろん、
アレンジそのものもネオクラ、メロスピ、ファンク・メタルなどなど
様々な形態にまたがっていて、時に爆笑、時に瞠目ものの面白さです。
ご興味ある方はぜひとも手にとって見てください!!

「メタクラ」シンコーミュージック・エンタテインメントから刊行です!

hisamatsu1225 at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月11日

ケータイに便利な音楽用語・記号事典再版決定!

2009年から2010年にかけて作った
「ケータイに便利な音楽用語・記号事典」
シンコーミュージック・エンタテイメント刊、
ついに11刷が決定しました!
やった〜〜〜!!

1512音楽用語記号事典01


といっても再版は1000部ずつだったので、累計17500部。
「火花」(ん?「花火」)みたいにはとてもいってません。
それでも5年経った今でも、
月に100部近く出ると聞いていたので、
とても嬉しく思っていました。
今回はようやく一部の誤りの修正、
可能な部分で類似語の追加などができることになりました。
あと、「esitando」という発想記号に
山田耕筰の「からたちの花」の譜例を載せていたのだけど
(本書唯一の著作権ありの譜例)、
山田耕筰の著作権が今月いっぱいで切れるため、
次回からジャスラック番号が消えます。
基本仕様はこのままですので、
すでにお持ちの方々も引き続きお使いいただけます。
今後とも「音楽用語・記号事典」をご愛顧のほどよろしくお願いします。

hisamatsu1225 at 14:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年10月28日

「ジャズ・アレンジ・クラシック20選」10月30日発売!!

Pisacco大先生が久しぶりに本気を出して(?)
アレンジ&演奏を繰り広げたCD付き楽譜集
「ジャズ・アレンジ・クラシック20選」シンコーミュージック刊
ついに今月末に発売です!!
単発の企画で書いてもらった「トルコ行進曲」があまりに面白かったので、自腹でギャラ払って録音してもらってから2年、その後も、クラシックのジャズ・アレンジのお仕事を頂くたびに、毎度じゃないけど録音してもらって、私家版的に楽しんできましたが、この企画だけで1冊まとめられるとは・・。感無量ですな師匠。
素材の美味しさはそのままに新たなリハーモナイズやリズムアレンジなどで、原曲の別の魅力にスポットした、とってもユニークな作品集です。2008〜2010年ぐらいに書いてもらったPisacco楽譜集はかなり難しくてとっつきにくい作品も散見されましたが(聴いているだけならすごく面白かった)、今回のは比較的平易なアレンジが多いので、聴いて楽しい以上に、これなら弾けるかもと思わせてくれるようなアレンジ集です。
発表会などでクラシックを聴かせると思いきや・・・・ジャズでした〜!とその場の空気を掴むもよし、プロのピアニストの方でしたら、アンコールにちょっと毛色を変えて演奏してみるもよし、もちろん自分だけで楽しむもよし。
音楽の楽しみが沢山つまった一冊です!!

アマゾンにて予約受付中。

_SX364_BO1,204,203,200_


hisamatsu1225 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月24日

「夕鶴」

本日はこちらに伺います。
「夕鶴」は初めて!
とてもとても楽しみです。

viewimg


hisamatsu1225 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月10日

Pisacc師匠新刊「ジャズアレンジクラシック20選」近日刊行!!

Pisacco師匠の新刊「ジャズアレンジクラシック20選」CD付き(シンコーミュージック・エンタテインメント)が来月早々に刊行されます。
師匠久しぶりのCD付きアレンジ楽譜集です。

_SX230_


いや、仕事はたくさんやっているんですよ。
音楽出版各社から頂きますポピュラーピアノ・ソロ、弾き語り、合唱アレンジ、連弾、2台ピアノアレンジ、やさしいピアノ・アレンジ、さらには小学校用の器楽なんてものの譜面まで、毎月20曲以上Pisacco師匠には書いてもらってます。

ただ、彼の名前をメインで、彼のセンスを前面に出した、ソロ・アルバム的な作品集となると、近年なかなか企画が立たず、ずいぶんとご無沙汰でした。

普段はおまかせだった表紙デザインも、めずらしくもPisacco師匠のリクエストが入って、ニューヨークの写真をクライアントの出版社様に買って頂き(まあベタではありますが・・・)、なるべく師匠の要望に添えるよう努力しました。

モーツァルト、ベートーヴェン、メンデルスゾーンなどの名曲20曲がPisacco師匠の手にかかって、時にお洒落、時にスリリングなジャズ・サウンドに仕上げられています。元の曲の魅力をそのままにまったく別の魅力を付け加えるという、アレンジ・テクニックのキセキをぜひ体感してください。
ピアノが弾けない人も、付属の音源CDだけで十分楽しめます!!

担当のM姫さま、大変お世話になりました。ありがとうございます!

hisamatsu1225 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月07日

作曲家・編曲家閉店

1999年に購入してから、打ち込みソフトや浄書にフル活用していたiMacを本日ハードオフにて処分しました。自転車に乗せて片道40分、のんびり話しながらのドナドナ行。
150円なんてはした金もらいました。
もっとも、PCは100円で、マウスが50円。まだちゃんと動くんだけどなあ。

iMac


浄書はとっくに最新のMacBookに変えていましたが、打ち込みは先週まで、このマシンとSC88やら外部シンセなどを繋げて、シーケンサーはPerformer6みたいな90年仕様でやり続けてきましたが、本日で終わり。モダンダンス、バレエ音楽、交響曲、吹奏楽曲、シンセのアルバムなど、数百はこいつと作ってきました。今までありがとう。
なんだかんだで、打ち込みで音を確認してからスコアにしていたので、こいつがなければもうスコアも書けません。
作曲家、編曲家のひさまつはこれにて店じまいします。
本業の楽譜屋さんはもちろんまだやりますが。

家に帰って、電子ピアノも自転車に乗せて再び出発して、すぐに雨が降り出したのでピアノは延期。
ピアノは今日ではなくていいってお告げですかね。
KAWAIのes-1。こいつにも2001年からずっとお世話になりました。天気のよいお休みにまたゆっくりドナドナします。

hisamatsu1225 at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月15日

グループ展「The Sea」のお知らせ

さきのベルフィーユ・アンサンブルのキッズコンサートにて、「おやゆび姫」の素敵なイラストを描いてくださった角一葉さんが、グループ展を開催されるのでご紹介します。

201507131150


刺繍アクセサリー:飯泉彩
イラスト:角一葉
陶芸作品:長谷川瞳

新進気鋭のアーティストによるグループ展。

TheSeaD


来週の日曜日からです。
みなさんお誘い合わせの上ぜひ足をお運びください。

一葉さんのイラストがとても可愛かったので久しぶりにピアノに向かって1曲書きました。
以下で公開しておりますので、お手すきの方は御覧ください。
ちなみにピアノ演奏は我が師匠、Pisaccoさんであります。





hisamatsu1225 at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月12日

ペヤングがんばれ!!!

ぼくがこよなく愛するペヤングソースやきそばが食べられなくなる。

ゴキ混入の際の初動対応のまずさから全品回収にまで発展してしまった今回の件。
もすこしましな対応をしてくれればよかったのにと今更ながら思わずに入られませんが、
それはまるかのみなさんも同じでしょう。

でもこよなく愛するペヤングソースやきそば、
また食べられるようにみなさんがんばってください!

いつまでも待ってます。

昨日食べ納めに頂きました。

141211ペヤング


hisamatsu1225 at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)