2007年04月18日

イラク・爆弾テロ激化、わずか数時間で150人以上死亡

イラク・バグダッド、イスラム教シーア派地区サドルシティーなど4ヶ所で爆弾テロが相次ぎ、わずか数時間で150人以上が死亡した。

シーア派住民が多い地区の商店街で停車中の車が爆発、続いてシーア派の貧困層が集中し、反米指導者サドル師派の拠点であるサドルシティーでも検問所を狙った爆弾攻撃があり、少なくとも30人が死亡。このほか中心部の2カ所で爆弾が爆発した。

武装勢力や民兵組織に対する軍事作戦を強めるブッシュ米政権とイラクのマリキ政権は、今年中に全土の治安維持権限をイラク側に移譲することを目指しているが、内戦状態とされる治安改善の兆しは一向に見えない。





pitaro1 at 23:43コメント(0)トラックバック(0)テロ | 紛争 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
BOOK&DVD

Recent Comments
GyaO映像ブログ
livedoor 天気
  • ライブドアブログ