ZGundam#1

観てきました!!

『機動戦士Zガンダム 〜星を継ぐ者〜』

昼食をとりがてら外出して、ネットカフェで時間を調べて行ってきました!!

てか、ジャスコ内の敷地にネットカフェもシネコンもあるので、
単にお隣の劇場へ観に行っただけですが…^^;

『機動戦士Zガンダム 〜星を継ぐ者〜』

当初、TV版を再編集したもの・・って聞いてたので、
総集編に近いものだと思ってたんですよぉ。

でも!!

違ってました。
確かに昔のTV版の映像を使ってますが随所に新規に書き下ろしたものが織り交ぜられ、
声優さんたちによる音入れも新たに行われたらしく、かなり印象変わってます。

全体的なストーリーは当然TV版のものですが、
若干シーンが入れ替えられ、セリフも多少の修正が加えられ、
TV版よりも全然いい出来上がりになってました!!

シャアがカッコよかった(*≧∇≦*)

TV版のシャアは悩める姿が全体的に多かった感じでしたが、
劇場版ではかなりカッコイイ感じに描かれてて、
ファーストガンダムでシャアを好きになった人には満足できる内容だと思います。

ま・・ファーストガンダムのシャアというより、
1988年の劇場版「逆襲のシャア」の大人の雰囲気のシャアといった感じでしょうか。

あんまり書くとネタバレになりますが、
3部作の今回の1作目、アムロとの再会のシーンまでを描いてましたが、
そのシーンがすごく感動的な印象でgoodです!!

宿命のライバル同士の再会、
そして、流れるGacktのエンディングがこの先の展開(次回作)をワクワクさせてくれます。

この作品自体、
いきなりGacktの主題歌「Metamorphoze 〜メタモルフォーゼ〜」から始まり、
その後に続くシャアの登場シーン(=グリプスへの潜入シーン)、
ガンダムMark2を奪い、本格的な開戦へと繋がっていく様子は時間的な問題からか、
TV版をかなりはしょってはいますが、速い展開が妙に臨場感があって良かったです。
(映画にはめずらしく、主題歌を最初と最後、2回流してます)

元ホワイトベースのクルーたちがクワトロ・バジーナの正体をシャアと知り、
かっての敵と共に戦うことに対する葛藤、
カミーユがクワトロの正体があの“伝説”のシャアと知るシーンはTV版には無かったもの。

無かったっていうか、
簡単に流されてた程度のものでしたが、その辺も描かれてます。


シャアの再降臨、カミーユのニュータイプへの目覚め、そしてアムロ・レイは…

宿敵同士、
シャアとアムロの再会で閉じられたストーリーは次回…


“フォー・ムラサメ”
“ベルトーチカ・イルマ”
“レコア・ロンド”
“エマ・シーン”
“ファ・ユイリー”

「再会編」から「恋人編」へ。
最後に次回の予告編がありましたが、2部は“戦場の女たち”が主役かも。
10月公開の第2部への期待感をそそられました。


「A New Translation(=新訳)」

TVで語られたものとは違うストーリー、
「終わりはすべての始まり」だった…
そう…20年の時を越え、人は新たな「時の涙」を宇宙(そら)に見る…

どんな結末が劇場版に用意されているのか、
すごく、すごく気になります!!!

てか、もう一度「星を継ぐ者」観たいんですがっ!!!

・・以上、レビューにならないレビューでした(爆)

Ryuichi

ZGundam#2