F1日本GPの公式予選結果、
トヨタのラルフ・シューマッハが今季初ポールで気勢を上げた。

2位にはBARホンダのジェンソン・バトンが入り、
日本GPのフロントローを日本チームで独占するという快挙。

ただ、
雨の影響でタイムアタックを不発で終わらせたドライバーもいて、
けっして実力通りの順位になったとも言い切れない。

それでも佐藤琢磨も5位に入るなど、
日本人にとって最高ともいえる結果を得られて本選を迎えられる。

ワールドチャンピオン決定後のため、
焦点はやはり琢磨の走りとトヨタ、ホンダ勢の順位争い。

新チーム移籍の噂もあり、
このレースで琢磨らしい走りをしっかりと見せてほしいと思います。
できれば…表彰台!!

がんばれーっ、琢磨!!!

Ryuichi