僕は友達が少ない1話メモ
僕は友達が少ない 第1巻 [Blu-ray]
<あらすじ>
 学園で浮いてしまっている羽瀬川小鷹は、いつも不機嫌そうな少女・三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。
「もしかして幽霊とか見えたりするのか?」
「友達と話していただけだ。エア友達と!」
「・・・・・・」
 小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部"隣人部"を作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて――。
 みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり携帯でメールしあったり。色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか? アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメ!

友達ができない

 冒頭は何気ない学園生活の風景から。何だか学園生活にうまく溶け込めていない人間がちらほら。そんな人間の1人が主人公、羽瀬川小鷹です。ある日の放課後、教室にいった小鷹はいつも不機嫌そうにしている三日月夜空が楽しそうに喋っているのを目撃します。
13179204439811317920526528
(誰と話しているんだ?そもそも相手はいるのか?)
 ドアを開ける小鷹。本当に誰もいなくて、夜空は一人で話していたのでした。
「もしかして、幽霊とか見えたりするのか?」
 夜空から帰ってきた答えは
「私は友達と話していただけだ!エア友達と!
13179205795441317920525587


何が友達か

 友達のいない夜空はエア友達と遊園地にいったという設定で話していたのでした。
小鷹「友達が作れないならリアルで作ればいいんじゃないか?その、エア友達じゃなくて」
夜空「それができたら苦労はしない」
小鷹「どうやったら作れるんだろうな、友達」
夜空「友人になろうといって承諾された途端、友人関係が成立するのか?これまでしゃべったことがない同士でも?承諾されて以降全く会話をしなくても、友達状態が続いていると判断していいのか?そもそも私はどうしても友達が欲しいわけじゃない。あいつは友達がいない寂しいやつだと蔑むような目で見られるのが嫌なのだ。私は一人で平気だ。学校での友達なんて上っ面だけの付き合いで十分だ」
小鷹「それでも俺は本当の友達にめぐり合いたいと思うけどな


隣人部発足

小鷹「部活なんてどうだ?」
夜空「(中略)はっ・・・そうか。部活だ!」
 翌日、小鷹は夜空に放課後呼び出されます。
「部活を作る。既存の部活が駄目なら、自分で部活を作ってしまえばいいのだ」
13179211329571317921257247
 そして夜空が作ったのが隣人部でした。小鷹は勝手に部員にされます。


あだ名

 さっそく部員募集を開始。貼り紙には斜め読みでともだち募集と書いてあります。この読み方に気づく人間がいるかどうか。貼り紙を貼りにいく途中、呼び方について夜空が文句を言います。
「さっきから気になっていたが、そのおまえおまえっていうのやめろ。なんかイラっとする」
「な、わかった、えっと・・・三日月さん」
「夜空。呼び捨てで夜空だ」
「わかった。よぞ・・ら・・なあなんかあだ名とかないのか?できればそっちのほうが」
「ある。あった。あったけど、小鷹には教えない。あだ名は友達同士で使うものだからな」


星奈登場

 まずは部員集めということで貼り紙をすると、さっそく貼り紙効果で生徒がやってきます。その女の子の名前は柏崎星奈。
「隣人部ってのはここね?入部したいんだけど」
「違う」
 ドアを閉めてカギをかける夜空。
13179213756701317921458379
「ちょっと何で閉めるのよ!あたしは入部したいだけ」
「リア充は死ね!」
 またドアを閉める夜空。星奈はいつも男子生徒にチヤホヤされていて夜空からするといけすかないやつでした。派手な見てくれの上、スポーツ万能、成績優秀でリア充っぽい星奈は夜空の大嫌いなタイプでした。
 それでもなお引き下がる星奈。
夜空「冷やかしならごめんだ」
星奈「冷やかしじゃないわよ!友達募集って貼り紙見てきたんだから!私も友達が欲しいのよ!!
 星奈はともだち募集の斜め読みに気づいていました。星奈は優秀すぎて同性に疎まれ、女の子の友達が誰もいませんでした。
13179214307951317921447877
13179214768421317921577090
小鷹「でも、ちょうどよかったじゃないか。両方これでどっちも友達ができるだろう?」
夜空「はあ?どうして私がこんなのと友達にならなければならないんだ」
星奈「あたしもこんなのと友達になりたくないんだけど」
 初対面ですが、お互いの印象は最悪のようです。喧嘩するほど仲がいいのか?はたして本当の友達はできるのか?次週も楽しみです。


モブキャラ

13179207257761317921090650
13179208396041317920767986
13179215937941317921625540
 モブキャラは自然に友達を作って学園生活を楽しんでいるんですが、隣人部員はそう簡単に友達を作ることができません。仲よしのモブキャラのシーンを要所要所に挟むことで、うまく対比させてるなと思いました。