今年も1年の区切りということで、印象に残った話を10話選びました。
まとめサイト様→コチラ
ルール
・2014年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメから選定
・再放送は除く
・1作品につき上限1話
・順位は付けない


キルラキル 22話「唇よ、熱く君を語れ」

KILLLAKILL22_10
「なんだかよくわからないものに溢れているから、この世界は美しい」
キルラキルは展開の速さと詰め込み感が絶妙だった。その中でも皐月と流子の和解を描いた22話をセレクト。このあとの姉妹の変身シーンも熱い。


神撃のバハムート GENESIS 5話
「Rescue in Sword Valley」

B1htEXECcAASN7F
「風が吹いただけだよ・・・ 明日へのな!」
ハイレベルな作画演出で度肝を抜かれた神撃のバハムート。
5話はファバロがやたらかっこよく見えた。


ラブライブ!(第2期) 11話「私たちが決めたこと」

ccad2cec
「大会が終わったら、μ'sはおしまいにします」
ラブライブ第2期から涙の解散宣言回をセレクト。
μ’s結成の場所で解散を宣言したのが何とも印象深い。


六畳間の侵略者!? 9話「陽だまりと虹」

78421521
「お前には、陽だまりと虹の方がよく似合う」
六畳間は設定が破天荒で面白かった。とにかくあの狭さに詰め込んだのが素晴らしかった。
孝太郎の台詞が印象的だったゆりか回をセレクト。


グリザイアの果実 3話 「甘い食生活」

B0UbSpPCUAEV7pz
「睡眠の重要性!睡眠の重要性!」
会話にユーモアがあったグリザイアの果実。
中でも最もインパクトのあった台詞「睡眠の重要性」がある3話をセレクト。


のうりん 1話「厨脳ラブストーリー」

wpid-xf17135
「おっかしいよねー」
ベッキー先生の存在感が際立っていたのうりん。
ベッキー回もあるが、やはり初登場時の衝撃が忘れられない。


凪のあすから 26話
「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~」

854ff365
「この世界には、たくさんの思いが輝いている」
美しく、爽やかな気持ちになった最終話。


ヤマノススメ セカンドシーズン 12話「Dear My Friend」

20140929050312acd
「そう、一歩一歩。ゆっくりでもいいんだ。少しずつでも歩いていけば、いつしか足は、頂きに届いているはずだから。また明日、ヤッホー!」
ヤマノススメからは1クールのまとめとも言える回をセレクト。
あおいの語りに勇気を貰えた気がして自然と涙が溢れる。


四月は君の嘘 10話「君といた季節」

nqji6VY
「僕は、君のために弾こう」
神回続きの君嘘。演奏に奏者の感情が本当に乗っているように感じられて素晴らしい。
公正の決意、かをりへの感謝に心震えた10話をセレクト。


ばらかもん 11話「東京にいます」

685b64b7
「先生がおらんば、つまらん。一緒にやりたいこと、まだまだいっぱいあっけん。じゃっけんさ、早う帰ってきてね。待っちょっけんね!!」
半田先生の成長が感じられた回。
電話シーンでは島の人達の温かいメッセージに思わず涙が出てくる。