いつだって、だれかや何かを見上げて生きているのがちびっこ ...

なんの前触れもなく音沙汰のなくなるヤツだ、というレッテルを張られていた ...

光合成に憧れて、植物になりたいと思ったあの頃 ...

「食べても食べても太れない!」という台詞に憧れている ...

最先端を身にまとうと強気な自分に出会える ...

欲求が膨らんでいくような仕組みに組み込まれ ...

↑このページのトップヘ