新しいものを受け入れる精神が受け継がれていく



BlogPaint





BlogPaint



BlogPaint




今にして思えば。
我が家は、ごくごく普通の中流階級の家庭でした。

ですが。

父は新しいものを取り入れることに何の抵抗もない親でした。
いや、むしろ。
最新のものに興味がある側の人間でした。

だから…

自分の幼き頃を思い返してみると、当時他のご家庭にはなかったマイコン(マイクロコンピュータ)とやらが我が家にはあり、兄はそのマイコンの画面に数式を入力して、簡単なゲームを作って遊んでいました。

そして。
その精神が受け継がれ…。
パソコンがまだそれほど浸透していなかったころ、私はすでに兄に頼んでパソコンを作ってもらい、操作を楽しんでいました。
そのころはまだ携帯電話も一般人には持てなかった時代。
メールはパソコンでしかできず、パソコンを持っている人がいなかったので私はメールのやりとりをする相手さえいませんでした。

で。
無自覚でしたが。
もしかして我が家って、最先端を取り入れることに何の抵抗もない血筋なのでは…と。
最近になって気づきました💦

で。
で。
我が家のぴよちゃんも。
どうやらその血を受け継いでいるようです。

飼い主の書斎に行っては、パソコンを眺め、マウスをはむはむし。
デスクの上の目新しいものをひとつひとつ、攻撃していくのですから…

こまってしまうのは。
マウスを破壊すること。
そして。
PCのキーボードを分解しようとすること。

キーボードを一枚一枚はがしはじめるので、どこがAでどこがBなのか打ってみないとわからなくなってしまいます💦

まったくぅ💧

目新しいものに興味を示すのはいいことだけど。
分解する権利のある人は、分解したものを元通りにできるひとだけだからねっ!

っと…ぴよちゃんに言ってみたものの…

そんなこと通じるわけもなく💦

ただただぴよちゃんを見つめるのでした💧





写真俳句ランキング


オカメインコランキング


コラムランキング