Magic in Nagasaki Bubling(MNB杯)

長崎県の非公認MTG大会の情報サイト。 現在月に1回諫早市で大会を開催しています。 駆け出しの大会主催者ですので生暖かい目で見て頂けると助かります。

長崎県の非公認MTG大会の情報サイトになります。
毎月大会をやっておりますので、告知や、デッキレシピの掲載など行っていきます。

MNB杯5月大会

【日時場所】
 5月14日(日)09:30~10:20
 諫早市中央公民館 第1講座室
【フォーマット】
 モダン
【大会形式】
 参加人数に応じてスイスドロー3~4回戦
 上位4人によるによるシングルエリミネーション
  ※参加人数により変更あり。
【定員】 32名
【参加費】 1,000円
【賞品】 シングル。 上位4人




3/19(日)諫早市で行われましたMNB2017、3月大会結果です。

フォーマットはモダンで行われ、18名のプレイヤーにご参加いただきました。
決勝まで上り詰めたのはこの二人!
永遠の商人ことカネコケンタロウ氏と、島原のラルザレックことイトウシュウヘイ!!
まさに同郷、現代の島原の乱! 
天草四郎の残留思念がまるで流しそうめんの様に、二人にそっと語り掛ける。

勝者はと



 




 

優勝
プレイヤー名 カネコケンタロウ!!(ケンちゃん)
デッキ名  バントエルドラージ
--------------
[Lands]
 1 《平地》
 1 《島》
 2 《森》
 1 《荒地》
 4 《魂の洞窟》
 1 《寺院の庭》
 1 《神聖な泉》
 4 《エルドラージの寺院》
 3 《吹きさらしの荒野》 
 1 《溢れかえる岸辺》  
 3 《低木林地》  
 1 《ヤヴィマヤの海岸》  
 1 《幽霊街》     
[Creatuers]
 4 《貴族の教主》
 1 《極楽鳥》
 4 《変位エルドラージ》
 4 《空中生成エルドラージ》
 4 《作り変えるもの》
 4 《難題の予見者》
 4 《現実を砕くもの》
 4 《希望を溺れさせるもの》 
[Other Spells]
 4 《流刑への道》
 4 《古きものの活性》

----------------------------
[Sideboard Cards]
 3 《自然のままに》
 1 《呪文滑り》
 2 《漸増爆弾》
 1 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》
 1 《世界を壊すもの》 
 3 《頑固な否認》 
 2 《大祖始の遺産》
 2 《石のような静寂》 

うおおおおおお!

つにカネコが優勝を果たした。
カネコの右手は名前通りに黄金色に輝ていて、それ以外に彼の優勝の理由を説明する術を私は持たない。
おめでとぷ!! 

準優勝
プレイヤー名 イトウシュウヘイ
デッキ名 アイアンワークス 
--------------
Main Deck Sideboard
2 《溢れかえる岸辺》
3 《ダークスティールの城塞》
2 《空壁地》
2 《幽霊街》
1 《光輝の泉》
1 《蒸気孔》
1 《アカデミーの廃墟》
1 《秘境の門》
3 《島》
1 《平地》
1 《沼》
Lands
2 《光り物集めの鶴》
1 《大いなるガルガドン》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール》
1 《屑鉄さらし》
4 《オパールのモックス》
4 《彩色の宝球》
4 《彩色の星》
2 《テラリオン》
Creatures
1 《写真裁断機》
3 《予言のプリズム》
4 《胆液の水源》
4 《クラーク族の鉄工所》
4 《血清の幻視》
1 《金属の叱責》
4 《信仰の見返り》
1 《蔵の解放》
1 《求道者テゼレット》
Spells

2 《僧院の導師》
1 《大いなるガルガドン》
1 《沈黙》
1 《消去》
1 《機を見た援軍》
1 《残響する真実》
2 《ハーキルの召喚術》
2 《橋上の戦い》
1 《感電破》
2 《血染めの月》
1 《摩耗+損耗》 
15 Sideboard Cards


福岡のとある大会で、拡張アートの依頼を受けていた絵師さんをお見受けしました。
自分も絵描きの端くれですので興味を持ったのですが、カードに描くとなると、どうしてもリキテックス(恐らくですが)等のアクリル絵の具が必要になるので、初期投資の面から見ても、積極的になれませんでした。
美大時代に使ってたアクリルは、もうさすがに保存期限が過ぎてるでしょうしw

そこで考えたのが、昨年末に購入したiPadproでした。
見た目は、ただのiPadなんですが、クリエイティブ性に特化しているだけあって、描いた時の手先の感覚や、絵の仕上がりは、実際のアナログ紙に描いているそれに近いです。
Attachment-1



































※このイラストはiPadproでお試しに描いたデッサン(描画時間40分)
家にあったアナトミーフィギュアを描いたもの


話は戻りますが、iPadproでオリジナルトークンを作りたいなと。
自分がイラストを描いて、カードの出版等は業者に頼もうと思ってます。

https://kingprinters.com/landing/trading

オフセット印刷は大学の印刷実習で経験しましたが、原版を作って印刷するので、色褪せなどの劣化も少なく、家庭用プリンタでは潰れてしまう色の微妙な濃度差や細い線等も、丁寧に描画でき、クオリティは圧倒的に高いと思います。FOIL仕様にも出来るみたいです。

今のところ予定しているのが
似顔絵トークン

もちろんデフォルメの効いた絵や、アニメ絵、写実的な絵等、なんでも大丈夫です。

…ただもともとセンスがないので、デザイン性の高いイラストは苦手…。
幾何学模様の集合体であったり、モアレを利用したサイケデリックなアートであったりはちょっとw


まあ、もし興味がありましたらMNB杯や、ヤマモト杯で主催者に申し出て下さい。
以上になります。
 

このページのトップヘ