ピッツァ移動販売屋台 Napoli Pizza TOKYO Bakka-ナポリピッツァトーキョーバッカ-の日常

◆ナポリピッツァ世界選手権出場 ◆1枚450円~ ◆首都圏エリア(東京・埼玉・千葉・神奈川)◆イベント・貸切などご相談下さい

なんとなく書き連ねたこと

何か書こうとパソコンに向かってみるが、特に書きたいことがないことに気づき「驚いて」パソコンを閉じる。

そんなことを数回、数十回繰り返し、今またパソコンを閉じようとしている。
そんな流れに終止符を打ち、とりあえず思ったことをタイピングしているような状態。

仕事は順調。

と、言ってもいいのかな。
相変わらず天気に左右される、若干リスクが多いビジネススタイルではあるけど、スタッフ・常連のお客さん達にも恵まれ、売上は立っている。

全く売れなかった初年度。
経営なんて考えているようで全く考えられていなかった。

結果、大赤字。

貯金通帳が、学生のそれよりも低い数字を叩き出したのも、そんなに前のことではないことに少し寒気がする。ビジネスの恐ろしさを痛い体験を持って勉強できたこと、今思えば良い経験。

それから、初めて死にもの狂いのなったのだと、今振り返ると、そう感じる。

品川で路上ランチをやっている、この道の先輩方に出会ったのもそのころ。
今でもよくして頂いている。

2年目に入り、少ない貯金をはたき、渋谷を少しずつ改善する。
今思えば本当にあり得ないことだけど、高校の後輩と40席近い場所を2人で回していた。

なんも知らないって素敵だな。
そこから会得する知恵や経験は、何よりも勝るビジネスの勉強なのだ、と実感した。
同時に、経営の勉強は経営することでしか学べないのだと思った。


移動販売という仕事上、メリットとして、場所を動けることが挙げられるけど、同時にデメリットにもなると思った。

だって、場所のせいにして、自分とこが売れないって言ってほかに場所を探しても、それって自分たちの実力アップにはつながらんでしょ。本当に場所のせいってこともあるだろうけど、仮にそうだとしても、その場所でどうすれば売れるのかを考えて、結果に繋げることができないと、いつまで経っても遊牧民のままじゃん。

移動販売は移動「できる」ことがメリットだとはいえ、移動「しない」こともビジネス上の成功条件の大きな要素を占めると思う。だからどこか固定の場所で、周りが変化しても、臨機応変にこっちも変化して戦っていける態勢を整えることが大事。

俺は渋谷の場所にポテンシャルを感じていた。だから、ほかの車がすべて撤退しても諦めなかった。
しゃくではあったが、うちの非公認ゆるキャラポーク君のアドバイスなども受け、改善に改善を繰り返し、お客さんが徐々に増えてきてくれた。

すごく嬉しかった。
すごく楽しかった。

自分が考えた仮説・課題に対して施した改善策がはまって、お客さんが入ってきてくれること。
めちゃくちゃ楽しかった。

もちろんかなりお待たせしてしまい、ご迷惑おかけしたお客さんもいました。
本当に申し訳ない、そう思って今年の改善に活かし、それもほぼ解決できたと思っている。

けどすごい楽しかった。お客さんも楽しんでくれてたと思う(俺が楽しかったからかな)。

全ての結果から反省して、次に活かして二度と同じ過ちをしない。

明日はもっと、明後日はもっと。

刺激だらけの日々。


けど、今は正直言うと、少し刺激的な日々でもなくなったと思う。
3年目にもなり、慣れてきた部分はある。

安定してきたってことは、経営的に見ればすごくいいことだと思うけど。

もちろん、世界で1番ファンを持つピザを焼きたい気持ちは全く変わらない。
そして、俺は世界で1番このピザが美味いと言わせる職人に必ずなってみせる。

けど、それとこれはやっぱ別で、少し今の状態にマンネリは感じている。
これをどう打開しようか。

俺はなぜマンネリを感じているのか。何が不満なのか。

少し前は、このマンネリ感にすごくマイナスな気持ちで、向き合うことがそもそも嫌だった。
なんかつまんねーな、と。
そんなことを考える自分がイヤだった。

どこかお客さんに失礼な気がしたのもあるし、どこか調子こいてるようにも見える気がするし。やっぱスタッフにもすごく申し訳ない気がした。

でも事実、俺はどこかマンネリを抱いている。
これはまぎれもない事実だ。

そう思ったら、マンネリを抱いてることが問題なんじゃなくて、マンネリを誤魔化して日々を過ごしていることこそが問題だと気付いた。

根本の問題から目を背け、日々をなぁなぁに過ごすことが問題なんだ。

人間なんだからマンネリもするだろうよ。
ずっと同じことやっててもつまらんだろうよ。

何のために俺はこの道を選んだんだ。

人生を楽しむためだ。
せめて生きるこの人生を、誰よりも、欲張りに楽しんでやるためだ。

楽しさの価値観も、そりゃ生きてりゃ変わるだろう。
今3年目に入って、変わったんだろ。

3年しかではなく、3年も経ったんだ。
飽きっぽい俺からすれば、3年も経ったんだ。

そりゃマンネリもする。
人生だぜ?山あり、谷ありだろ?

失うものは何もねぇと、突き進んできたのが、いつの間にか保守的になっちまってたかな。失敗にビビってたわ。
どんどん新たなことに挑戦しよう。
そんなことを無意識に考えてたからか、とりあえず10月に大阪で仕事を決めました。初めての遠出となるのでいろいろと緊張する部分、問題になる部分があるけど、すごく楽しみ。

あとは、自分から楽しもうとする姿勢が欠けてた。これだな。
何を、環境のせいにしてたんだか。クソだせーわ俺。

今年席が去年の倍に増えました。
スタッフは7,8倍に増やしました。
結果お客さんと会話できる時間は98%減りました。

去年はどんなに忙しくても、俺がお客さんを大声で呼んで、お客さんが自分で注文したモノを自分で取りに来てもらうというシステムだった。
お客さんのことを思って、合理化してスタッフを配置して、お客さんも楽になったとは思うんだけど、なんだかなぁ。なんか普通の店になっちまった笑 普通が悪いのではもちろんないんだけど。
あれはあれで、お客さんも楽しんでたのかな。今思うとそうも思える。会話もそこで生まれたし。


でもそれだけじゃないな。
俺からのアクションがやっぱ極端に減った。
スタッフも十分いるし、任せるという大義名分をもって、俺は外でお客さんと絡むことが減った。

別に俺がめちゃくちゃ面白いわけではない。
別に俺がめちゃくちゃ恰好いいわけでもない。

でもお客さんが、あいつマジ面白いから会いに行こう、ピザもマジ美味いし。
そう言ってもらえる店を作りたい。それが移動形態か店舗展開かは置いといて。

ただ俺はお客さんを笑わせて、美味いもん食わせて笑顔で帰ってもらう。
これがしたい。これが今できていない。俺がマンネリだと感じる原因の一つだ。

これをする店が俺の店だ。
俺のやりたい店だ。

ナポリピッツァの味を本場さながらで追及する店。雰囲気もナポリのまんまの店。
いろいろな店があるけど、俺はピザがとにかくめちゃくちゃ美味くて、店員が面白い店。
それ以外、あんまり深く考えていないわ。


ごちそうさまでした、って言われるのって、そのお店とお客さんのその日の点数みたいなものだと思う。
お客さんが滞在したわずかな時間内で生まれた距離感を表す一つの指標だと思うんだ。テストの点数みたいな感じ。

その最高のごちそうさまをもっと生み出せるようにこれからやれることをやっていく。

【ピッツァイオーロとして】
やっぱぶっちゃけもっともっともーーーーーーーっといろんな人の舌を唸らせたいわ。
もっともっと評価されたいわ。

俺、褒めちぎられたいわ。

もっと食べログとかで褒め称えられたいわ。
雑誌とかで、マジこいつのピザくそうめぇーわって言われたいわ。

うん、頑張る笑

褒め称えられてる人見て、悔しいわ。
マジ俺負けねー。
俺のがもっと美味いピザ作ってやる。

俺小さい人間だなーって思うけど、これが俺の器。
なんも気にせずゴーイングマイウェイのようで、全くそうでないところがお茶目。

とりあえず、俺にとってピザを食わすことは戦いだ。
お前のピザ人生の中で俺は何番目だ、と。何位だ?と。

うおおおおおおお!!!!!!!!!!!!
世界で1番美味いピザ作りてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!

ピッツァイオーロ募集

ピッツァイオーロを2名募集致します。

現在計画中のBakka号2号車か新店舗での
勤務を予定しております。
※年内11月を目標に完成予定

・店舗ではなく、移動販売でこそやりたい
・決まりきったありきたりなイタリアンではなく、
イタリアン・ナポリピッツァをベースにした
新たな業態にチャレンジしたい方

など、意欲的な方のご応募待ってます!

なお、ピッツァの経験は問いません。
やる気こそ大事です。

まずは一度語らいましょう!
お気軽にご連絡下さい!

070-6640-5126
hazama@bakka.jp

【大至急バイト募集中! 5月17日~6月2日】長期バイトも大歓迎!

先日からの応募で何と
10名様近くからご連絡があり驚いております!そして本当に感謝しております!おかげ様であれだけ穴だらけだったシフトが埋まりつつあります!!!

引き続き、5月17日から6月2日までの間、以下の日程でバイト募集中です。

◆16日金曜
◆17日土曜
渋谷:2名
まんパク:1名

◆18日日曜
◆19日
◆20日
まんパク:1名

◆21日
まんパク:1名

◆22日
渋谷:1名

◆23日
渋谷:2名

◆24日
渋谷:2名

◆25日
◆26日
◆27日
◆28日
◆29日

◆30日
渋谷:2名
まんパク:1名

◆31日
渋谷:2名
まんパク:1名

◆6月1日
まんパク:2名

◆6月2日

この日だけでも、、、っていう方もお気軽にご連絡下さい!!

ご連絡お待ちしております。
hazama@bakka.jp
070-6640-5126
ハザマ
QRコード
QRコード
twitter
bakayutaka_twitter
クリック!フォローお願いします
フェイスブックページ
出店依頼・ご要望・その他
電話:070-6640-5126
mail:hazama@bakka.jp
自己紹介
  • ライブドアブログ