Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
また一人で挑むのか・・・

フェブリは人間ではない。
妹達を知る美琴にとっては、そう驚くことではないのだが、それでも動揺しているのがわかる。

彼女については詳しくはわからず。
ただ、この先長くは持たないということ。姉がいるらしいことが判明しているが・・・

前回ほどではないが、光子も美琴に協力的だ。
まぁ彼女の場合は、友人が欲しくて、失いたくないからだろうが。

美琴は今回の学園都市の闇の部分について、また一人で挑もうとする・・
が、前回の二の舞いということで、ついに友人達に話すことに。

すぐに行動に移して、協力的ではあるが、今回はかなり危ない気がする。
カエル医師も言っていたが、この件に深く関わろうとすればするほど、危険度が増していくのは明らかだ。

アンチスキルさえも手球にとってしまう相手に、美琴達は上手く立ち回れるのだろうか・・

とある科学の超電磁砲 公式サイト
公式Twitter
Webラジオ