イングランドKOLE


ジョーカーです。


勝手に独断と偏見で国、代表のKOLEを決るカテゴリですが今回はイングランド代表のKOLEを決めたいと思います。


イングランドは既にKOLEが排出されているのですがなぜか2人も排出されています笑

サッカー母国だから特別なのかな?笑


そのうちの1人目がチャールトンです。

個人的にもイングランドのKOLEとして真っ先に思い浮かぶのはチャールトンです。


イングランド代表の唯一の国際タイトルとなるW杯制覇に貢献しルーニーに越されるまで長い間イングランド代表の歴代最多得点記録保持者でした。


ミュンヘンの悲劇と呼ばれる飛行機事故を乗り越えてマンUでもCCを獲得するなど名実ともにイングランド史上最高の選手です。


豊富な運動量と正確なパスでのゲーメイクに加えて最大の武器はキャノン砲と呼ばれたシュートで多くのゴールを量産した。


2人目にKOLEとして排出されているのがマシューズです。

ドリブルの魔術師と呼ばれた天才ドリブラーで彼が得意としたフェイントは『マシューズ』と呼ばれ、現在もドリブルの基本技の一つとして受け継がれています。


バロンドールの初代受賞者であるがそもそもバロンドールが作られたきっかけはマシューズがその輝かしい実績と裏腹にタイトルに恵まれなかったことから、マシューズの功績を称えるために作られたと言われている。


サッカーの神様ペレからは「全サッカー選手の模範となる名選手」、皇帝フランツ・ベッケンバウアーからは「誰にも止めることができない男」と評さたほどの選手でした。


その他の候補としてはジミー・グリーブスがいます。

多くの得点記録を残しイングランド史上最高のストライカーと言われている選手です。


チェルシーでは1959年と1961年の2度プレミアリーグの得点王を獲得。

1960-61シーズンの41得点は現在もクラブ記録として残っている。

1960年には史上最年少の20290日でリーグ通算100得点を達成。チェルシーでは通算157試合で124得点を挙げた


トットナムでは321試合でクラブ記録の220得点を挙げ、1963年、1964年、1965年、1969年の4度得点王に輝いた。

1962年と1967年にFAカップ優勝。1963年にUEFAカップウィナーズカップ優勝。リーグでは通算516試合に出場し、史上最多の357得点を挙げるなどイングランド史上最高のストライカーと呼ばれている選手です。


ただグリーブスはW杯優勝したときのイングランド代表のメンバーなんですが怪我で決勝トーナメントからは試合に出場していません。

グリーブスの代わりに出場したハーストが大活躍して優勝するなどある意味グリーブスにとっては悲劇の大会となりました。


実績を見ても分かる通りイングランド史上最高のストライカーである事間違いはありませんがやはりW杯での印象が薄いのでトットナムやチェルシーのKOLE候補ではありますがイングランド代表のKOLEではないかもしれません。


近年で言えばチャールトンの代表歴代最多得点記録を更新したルーニーも候補の1人だと思います。ルーニーは代表でもチャールトンの歴代最多得点記録を更新しましたがクラブのマンUでもチャールトンの歴代最多得点記録を更新しています。


またイングランド代表として17歳でデビューすると119試合に出場し歴代2位の記録を残してました。


個人の記録だけを見ればルーニーはイングランドのKOLEに相応しいようにも見えますがルーニーが中心だった頃のイングランドは国際舞台にトコトン弱いイメージです。


別にルーニーが悪いわけではないしメンバーも揃っていたとは思うんだけどことごとく欧州選手権、W杯などの国際舞台では結果を残せませんでした。

W杯最高成績がベスト8だとちょっとKOLEには相応しく無いと思います。


さらに歴史を辿って候補をあげるならばスティーブ・ブルーマーという選手がいます。

フットボールリーグでジミー・グリーブスに次ぐ歴代2位の得点記録保持者であり生涯で650試合に出場して400得点を記録したストライカーです。


ダービー・カウンティの絶対的なエースとして14シーズンで17度ハットトリックを記録し、5度得点王に輝いた。1886-87シーズンには、5度のハットトリックを含む31得点を挙げた。


イングランド代表としても1884年に初開催された世界最古の国際サッカー大会と言われているブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップで8度の優勝に貢献。


またブルーマーはイングランド代表で初めて2度ハットトリックを記録した選手となり、また24得点を挙げた初めての選手となった。


ブルーマーの時代はW杯もなかったしあまりにも古すぎるのでやっぱりKOLE候補からは外します笑

1950年以降になるとほとんど情報も記録もないから参考程度にしかならないからね笑


こうやって候補を挙げてみるとやっぱりイングランド史上最高の選手はマシューズかチャールトンだよね。


この2人に関してはどっちも生でプレーを見ていないから直接比べる事自体ナンセンスだけど無理矢理決めるとするならばW杯優勝という実績を考慮してチャールトンかなと思う。


一応その他にもボビー・ムーアとかガスコインとかベッカムとかオーウェンとかジェラードとかイングランドには歴代いろんな名選手がいましたがやはりチャールトンやマシューズと比べると見劣りする印象です。


まあ勝手に独断と偏見で語ってるだけなので独り言だと思ってください笑


余談ですがもしかしたらチャールトンやマシューズを凌ぐイングランド史上最高選手になれたかもしれない選手がいます。


ダンカンエドワードという選手です。

18歳と138日でイングランド代表デビュー。この最年少記録は、1998年に「ワンダー・ボーイ」マイケル・オーウェンが塗り替えるまで、43年も破られなかった。


エドワーズが主に担当したポジションは左のサイドハーフ。ただし当時は前線にフォワードを5人並べる戦術が主流であり、サイドハーフはどちらかと言えば守備的なポジションである。


しかしエドワーズは強力なキック力を生かし、ペナルティエリア外からのミドルシュートでゴールを決めることを好んだという。彼の強烈なシュートは大砲の弾丸に喩えられ、「Boom Boom」(ブーム・ブーム、大砲の砲撃音を表す)の異名をとった。


将来を渇望されていた選手でしたがミュンヘンの悲劇と呼ばれる飛行機事故により命を落とした選手です。


もし彼が生きていたらチャールトンやマシューズ以上のイングランド史上最高の選手になっていたかもしれません。

IMG_9458


以上ジョーカーでした。

IMG_4354


WCCFアンテナ

http://saarasu.readers.jp/


Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol




ジョーカーです。


気になるニュースがありました。

英公共放送「BBC」が報じましたがユベントスと欧州クラブ協会の会長を務めるアンドレア・アニェッリ氏が、UEFAの理事において、新たな欧州カップ戦の創設に向かっていることを明らかにした。


 報道によれば、同氏が明らかにしたのは、チャンピオンズ・リーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に続く新たな大会の創設で、欧州カップ戦に出場できるクラブは現行の80チームから96チームに増えるというもの。


さらにELの出場チーム数を現在の48チームから32チームに減らし、CLと同数とすることで、3大会すべての出場チーム数を揃える見込みになるという。


「現行モデルには現代化が必要」と訴えるアニェッリ会長は、欧州クラブ協会から「ゴーサインが認められた」とコメント。

一方で、新大会の詳細については明かさなかった。


 UEFAは、「継続的に各大会のフォーマットを見直し、様々なオプションを検討している」としているが、「BBC」は12月のダブリンでの会議で3つ目の大会創設が認可される可能性があると伝えた。


 英紙『Telegraph』は、気になる新大会の構想について、「1999年に廃止されたカップウィナーズカップのようなものではない」とし、国内リーグの成績に応じて出場権が与えられる見込みと伝えている。


 また、同紙は、「欧州のより支配的でないリーグからのチームの出場に制限を設けるためのもののようだ」とも報じており、主要リーグ以外のスモールリーグのチームを新大会に出場させることで、CLELのクオリティーを一定に保つことに狙いがあることを推測。ELの出場チーム数が減ることで、負担の軽減につながるとの見方もあるようだ。


いずれにしても今後詳細について発表されていくと思いますがかなり注目な情報ですね。

欧州サッカー好きの自分からしたら非常に興味のあるニュースです。


CLEL、さらに上記でも話が出たカップウィナーズカップの歴代王者も全てカード化してファイリングしてるのでもし新しい大会ができたらもちろんその大会の王者も全てファイリングする予定です!


CLELとは違って中堅的なクラブだけの大会にしてほしいな。

結局昨年のアトレティコみたいにCLでも優勝狙えるようなチームがELで優勝しちゃうとつまらないからさ。


それにそっちのほうが色んなクラブをファイリングできるからさ!

結局は全部カードに繋がっちゃうんだよね笑


以上ジョーカーでした

IMG_4354



WCCFアンテナ

http://saarasu.readers.jp/


Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol


ジョーカーです。


WCCF3.0が稼動されましたが個人的に大きく心が動いた事があります。それはJ-ATLE-REの排出です。


これまで何度かJリーグのカードとWCCFのコレクションについて書いてきたと思いますがJリーグのカードは色々考えた結果WCCFではJリーグのカードが全く排出されてないので集めるとなるとほとんどオリカで作らなくちゃいけなくなるので


そうなるとオリカの枚数が大量になるしコストもその分かかるのでJリーグに関してはWCCFのカードで集めるのではなくてオフィシャルのカードで集めてファイリングしようって自分の中で決めたんですよ。


それで今年の10月頃から本格的にJリーグファイルを完成されるためJリーグカードの収集を始めようかなと思っていた矢先にJ-ATLE-REの排出です。


あんなの見たらWCCFJリーグカードを集めようって思っちゃうじゃないですか笑

めちゃくちゃかっこよすぎてJ-ATLE-REのカードを見て即WCCFJリーグカードを作成する事を決めました。笑


やっぱWCCFのカードはかっこいいよね!!もう完全にJリーグのカードはオフィシャルで作るって決めてたのにJ-ATLE-REのカードみて一瞬で心が変わったもん笑


という事でJリーグカードもオリカなどで作って結局WCCFのカードでファイリングする事に決めました笑


なんかけどJリーグのカードだけオフィシャルでファイルを作る事に少なからず抵抗があったからこうやってWCCFJリーグのカードも作るって割り切れて逆に本当よかった笑


中途半端にJリーグのカードだけオフィシャルっていうのもなんかずっと微妙だなぁって思ってたからさこれで全部Jリーグも含めてWCCFのカードで集めるできるきっかけになったし個人的にはかなり満足してます!


ただね、WCCFJリーグカードを作るとなるとさっきも言ったようにコストも時間も相当かかるというリスクがあるんですよ。大量の枚数をほとんどオリカで作る事になるからね。


だからJリーグのファイルに関しては試験に合格してから作ろうかなと思ってます!


それが試験合格に対する最大のモチベーションになるからね。だからJリーグファイルの完成は試験に合格してからになります!それが1年後か2年後かは自分次第です!


すでにJリーグカードに関してのファイルの構想は終わってるのであとは注文していくだけなのですが相当なコストがかかる事になると思うので試験合格のご褒美としては最高だと思います!


なんとしても早くJリーグファイルを完成させるためにも合格しなくてわ!笑


一応Jリーグファイルに関しては最後に紹介するつもりだったのでそれまでの間はまだリーガファイルの紹介も全部終わってないしセリエAやプレミアファイルの紹介も残ってるのでファイル紹介の感覚を空ける事なく紹介できると思います。


それにしてもWCCFのカード排出が終わっちゃうのは改めて勿体無いよね!WCCFのカードってやっぱ他のどのカードよりもかっこいいもん!


噂では17-184.0あるいは18-19OEが出るなんても言われてますが今後もWCCFのカードだけでも排出してくれないかね笑


FOOTISTAWCCFじゃないんですよ!!

俺が集めたいのはWCCFであってFOOTISTAじゃないんだよね。


ネタ切れ感もあるしマンネリ感もあるけどそれでも個人的にはこれからもWCCFのカードを排出してほしい。


J-ATLE-REだってまだまだ排出してほしい選手いっぱいあるよ!海外のレジェンドが難しいならそっちに力入れてこれからも排出してほしいよ。


いつまでWCCFのカードが排出されるかはわかりませんが排出される限りはWCCFのカードを集めていきたいと思います。


公式のWCCFのカードが排出されなくなったとしても自分はWCCFのカードをオリカで作ったりして集めていくし一生WCCFのコレクターなんですがね!笑


以上ジョーカーでした。 

IMG_4354


WCCFアンテナ

http://saarasu.readers.jp/


Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol



↑このページのトップヘ