ジョーカーです。

16-17のカードをひたすらオークションなので落札してる毎日です笑
今のところ面倒くささよりも楽しさの方が優ってます笑

ただ一つ腹立つのはオークションの終了ギリギリで高値更新してくるやつ笑
なんなのマジで!!先に入札しとけや笑

オークションあるあるは置いといて笑
やっぱり新しいカードを購入するっていうのはワクワクするよね!!購入したカードが続々と到着してきたので少しずつ紹介していきたいと思います。

今回は1.0.2.0.3.0の下級綺羅を全てコンプしました!通常排出のみですが。
下級綺羅に関しては唯一まとめて出品してくれてる人がたくさんいるので全てまとめて購入しました!

一気に約80枚近くのカードが新しく届いたので最高にテンション上がります!笑
とりあえず届いたカードの中から各バージョンのお気に入りのカードを紹介していこうかな!

1.0 WCB ボヌッチ
ラモスが1番好きなCBなんだけどその次に好きなのがボヌッチです!ユベントスユニで排出された最後の1枚だけど相変わらず坊主に髭面が最高にかっこいいね!
IMG_8230

2.0 SOC セルジロベルト
毎年どうしても同じようなメンバーが綺羅化されてる中でまさかのセルジロベルトの綺羅化は嬉しかった!おそらく今後も中々されにくい選手だから貴重な1枚だね。
FullSizeRender

3.0 カシージャス
こちらもまさかのポルトユニのカシージャス。
届いたカードを見てびっくり!まさかカシージャスが綺羅化されてるとは思いませんでした!
レアルユニが当たり前だっただけにこのポルトユニの違和感ある感じが好きです笑
IMG_8226

まだまだ続々と購入したカードが届いてくるので引き続きカード届き次第紹介していきたいと思います。

以上ジョーカーでした。
IMG_4354

WCCFアンテナ

Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol


ジョーカーです。

16-17コンプの旅に出発しました。改めましてジョーカーです笑

16-17のコンプを目指して地道にカードの購入をし始めたのですが今回は16-17の中でもスーパーメインディッシュのカードを大量購入したので購入カード紹介をしていきたいと思います!

KOLE メアッツァ
16-17バージョンの目玉となるKOLEカード。
最近のKOLEは徐々にマニアックな選手が排出されるようになってきてもはや誰得感もありますが間違いなく自分にとっては最高に得なカード!!笑

このKOLEメアッツァはファイリングするページもずっと前から決まってたので早くファイリングしたいです!
IMG_8219

MVP Cロナウド
最新バージョンで新たに最高数値のMVPロナウドが排出されたからこのカードは少し値下がりしてたのかな?

やっぱりロナウドは全部がカッコいいのでそりゃMVP枠で特別加工されたらカッコ良くならないわけがない!金のような輝きが素晴らしい!!
IMG_8220

HOLE ロナウド4種盛り合わせ
酒のつまみのように言いましたが酒のつまみならとんでもない金額だよね笑

ロナウドは本当大好きな選手なのでHOLEで排出してくれて本当嬉しいです!
インテルロナウドは購入済みですがまだ届いてないので届いたらブログ書きます!コリスチャンスロナウドはそこまで高くないので後は状況みて購入していく感じかな!
IMG_8225

HOLE ビエリ2点盛り合わせ
またもや酒のつまみのように言いましたがどんだけ高いつまみだよってね笑
2枚で約2万くらいしました!

まあビエリは好きな選手なんだけど2万払ってまで欲しい選手かって言われると違うんだけどコンプする事に意味があるので!笑
FullSizeRender

一応今回の購入品で16-17の高額カードはほとんど揃ったかな?EXのアセンシオとか地味に高いカードは残ってるけど今回買ったカードよりも高いカードは無いと思います。

残すはBUNシリーズと付録EXとATLE、LEOCなどの抜けてるのを購入していく感じかな!
まだまだコンプまでの道のりは程遠いけどとりあえずメインディッシュのカードは揃えれたので良かったです!!

またカード購入していき次第ブログで紹介していきます!

以上ジョーカーでした。
IMG_4354

WCCFアンテナ

Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol


ジョーカーです。

日本代表がコロンビアを相手に歴史的な1勝を挙げました。前半開始早々に退場者が出たり日本に有利な展開になりましたが結果が全てです。
歴史的な1勝に変わりはありません!

マイアミの奇跡になぞってサランクスの奇跡なんても言われてますが個人的には奇跡というよりも必然的に日本が勝った部分の方が多かったと思います。

まずペケルマンはハメスをスタメンから外しましたがこれはかなりのミス采配だと思います。コンディション不足や怪我の影響でスタメンから外しましたがそれならば完全にベンチからも外しておくべきでした。

初戦から無理する必要ない。相手は日本だからハメスがいなくても大丈夫だろう。その監督の油断はハメスを外したことによりチーム全体に浸透し完全に油断した状態でゲームに入る事になりました。

W杯初戦が大切なのは日本代表はもちろん、コロンビアも同様です。
しかしコロンビアの目標はあくまで先にあり目先の試合を軽視して先ばかりを見た結果大事な初戦の入り方を完全に間違え足元をすくわれる結果となりました。

ハメスがいなくてアドバンテージというよりもハメスがいなくても大丈夫な相手と思ってくれてる事が日本にとっては最大のアドバンテージでした。

逆に日本は最高の試合の入り方をします。
前半の立ち上がりと後半の立ち上がりが昨日の試合を決定付けたといっても過言ではないくらい日本の前後半の試合の入り方は完璧でした。

まず前半、コロンビアが試合に全く入れていない中で日本は一気に前がかりにいった。その圧にコロンビアは対応できずPK獲得と相手が退場するという結果になった。

結果だけを見ればPK獲得しかも相手が退場でラッキー!かもしれないがコロンビアが全く試合に入れてなかった状況を日本代表が確実に突いた必然的な結果だったと思います。

ペケルマンがさすがだったのは退場した選手の部分に守備的な選手を入れるために攻撃の枠を1枚減らしました。

本来であれば実績や実力を考えてもクアドラードを残してキンテーロを外すべきですがセットプレーを考えてキンテーロを残したのはさすがです。
狙い通りキンテーロのFKから日本は同点にされています。

さらにこの同点ゴールの後は完全にコロンビアペースとなり人数が1人少ないことを全く感じさせないほどの攻撃を展開してきました。

コロンビアに押し込まれる形で嫌な流れで終わった前半。そんな嫌な流れを払拭したのが後半の立ち上がりでした。

ボールを握ると前半あまり見られなかったスペースをつく縦に速いサッカーを展開し再び日本が主導権を掴みます。

コロンビアは前半の流れそのままに逆転ゴールを奪いたかったはずですが日本は受け身になって守りに入るのではなく積極的に前がかりになる事でコロンビアに主導権を渡さず逆に攻めたかったはずのコロンビアを守備に追いやりました。

前半の立ち上がり同様に完璧な試合の入り方だったと思います。

また昨日の日本代表は数的優位の戦い方が本当にうまかった。 
攻める時は前がかりに縦に早くサイドで数的優位を作って崩して、相手のクリアボールに対しても全て日本が拾ってました。

セカンドボールを拾う事でまた日本ボールで攻撃を開始する事ができる。
相手が前からボールを取りに来ても焦る事なくGKまで戻して作り直して終始日本ペースでゲームを支配していました。

無理して攻めないけど攻める時は徹底して人数をかけて攻める。この駆け引きが本当にうまかった!

また1人多いからといってサボる事なくオフェンスの選手も守備面でかなり貢献していました。
本来ならば1人足りない事を考えてもコロンビアが走り負けてはいけない試合でしたが日本はチーム全体が最後までボールに食らいつき走り負けなかったというのも大きな勝因だと思います。

コロンビアの攻め手はキンテーロのスルーパスか苦し紛れのカウンターしかありませんでしたが潰すところでは潰して球際に厳しく強力な個のコロンビアに全く負けてませんでした。

ペケルマンは打開策がなく苦し紛れにハメスに頼りましたが完全にその采配が完全に裏目に出ました。

無理矢理ハメスを投入する事で流れを変えたかったという意図もあったと思います。現に会場の雰囲気は一気に変わりました。

それでも日本は1人多いというアドバンテージを最大限に利用してハメスが入ろうと終始落ち着いた対応で全く動揺する事なく自分達のペースを乱しませんでした。

4年前ドログバが入った事で一気に会場の雰囲気が変わりその雰囲気に飲まれコートジボワールに逆転負けした日本代表。4年前から間違いなく成長している姿を見れました。

日本が動じなければハメス投入は完全に失敗です。カウンターの起点を失ったコロンビアは余計に攻め手がなくなり押し込まれる展開になりました。

本来10人がハメスの為にと言われるくらい王様のような選手なだけに1人少ない状況でなおかつ疲労もピークに達してる時にハメスが出てきたところで他の選手の倍走ったりハードワークをするような選手ではないのでコロンビアが逆に苦しくなるのは必然でした。

それでもハメスというワールドクラスの選手に希望を持って賭けにでたペケルマンでしたがその賭けに完全に敗れたと言えるでしょう。

ハメスが入った事で中盤で余計にスペースと余裕ができた日本は多くのチャンスを作くる事ができました。多くのチャンスを作った結果が大迫の決勝点に繋がっていきました。

1人多いという最高のアドバンテージを最大限に利用して試合巧者として熟練者のような戦いぶりはある意味強豪相手でも有利な状況であれば別のチームのようになる日本代表らしかったかもしれません。

勝ったことが最大の収穫ですが他にもたくさんの収穫がありました。ポイントであげていきたいと思います。

吉田と昌子のコンビ
吉田と昌子のチャレンジ&カバーのバランスとタイミングは完璧でした!
やっと日本最高のCB吉田と組める高い能力を持った相方CBが見つかったなという印象でした。

自信に満ち溢れた香川の存在。
技術や能力に関しては全く疑いの余地がない香川ですがいつも無責任の消極的なパスばっかりで背番号10はただの飾りでした。

その香川がコロンビア戦ではPKを自分で蹴ったのも含めてプレーもかなり積極的でした。
無意味な横パスが減り自分が攻撃を引っ張っていくんだという本来香川に求めていたプレーを見る事ができました。

後半は相手のマークに苦しみボールに絡む機会は減りましたがその分乾にスペースができていたし明らかに以前までの香川と比べて変化が見えました。

今の香川は間違いなく期待できます!
元々技術やテクニックに関しては日本屈指の才能を持った選手です。それをずっと試合で使わないで消極的なプレーばっかしてたから叩かれてただけで能力を疑った事は1度もありません。

香川が前を向いて積極的に仕掛けて攻めてるというだけで本当に期待できます。外してもいい、ミスをしてもいいから貪欲にに香川にゴールを狙っていってほしいです。
個人的にはこのW杯では香川に1番期待してます!

長友の守備能力の高さ。
クアドラード相手に一歩も引かず相手の得意の位置からのドリブルに対しても完璧に抑え込んだ守備は改めて長友の守備能力の高さを示しました。

長友は調子こいで上がらなければマジでいいサイドバックです笑
調子こいであがるからいつもそのスペースを狙われて穴になるんであって無理せず強豪相手なんだから守備に専念してほしい。

セネガル戦で長友に求めるのはマネを抑えることだけ!長友の守備能力ならマネを抑えられるはずです。むしろ長友しかマネを抑えれる選手は日本にはいません!

大迫のワールドクラスのポストプレー
大迫の反転と背負ってのポストプレーは間違いなくワールドクラスのプレーです。

あれだけ背負えてさらには反転までできるのは起点にもなるしターゲットにもなるし大迫1人の存在が日本の多くの攻撃パターンを作り出しています。 

原口の守備
コロンビア戦で1番効いていたのが中盤からの早いプレッシングでした。
危険な位置に入る前に潰す。この徹底した守備意識の高さがコロンビアの破壊力ある攻撃を止めたと思います。

まさに原口の献身的な守備のプレーは相手からしたら相当厄介なプレーだったと思います。
当たり前のように取られたら取り返す。
取れなくても最後はスライディングで終わるなどオフェンスの選手らしからぬ守備への貢献はかなり大きかった。

セネガルはチームというより身体能力に絶対的な自信を持っておりそこに頼ってる部分がかなり大きいです。

チームとして攻めてくるというよりもあくまで個で攻めてくる感じでチームとしての攻撃は単調で足の速い選手に縦パス出して走らせるっていうシンプルなパターンがほとんどです。

ただ個の能力が高いので打開力もあるしゴールが見えたら躊躇なくPA外からでもミドルを打ってきます。

だから日本としてはセネガルの守備に耐えて前がかりになったところを香川、乾、大迫のカウンター狙いが1番現実的かなと思います。

DFラインに関しても組織で守るというより個で守ってる部分が強いのでコロンビア戦で見せた連動性のあるサイドからの崩しなんかにはかなり弱いと思います。

セネガルに勝てば決勝トーナメント進出が決まります!!
批判文句はとりあえずW杯後にいうとしてW杯中は全力で日本を応援します!!

IMG_8216


以上ジョーカーでした。
IMG_4354

WCCFアンテナ

Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol








↑このページのトップヘ