ジョーカーです。

今回紹介するページは初めてチャンピオンズカップで決勝に進出し準優勝した時の1973-1974シーズンのアトレティコをファイリングしたページになります。

これまでCLを含め3度欧州の決勝の舞台に進出しているアトレティコ。しかし決勝では全て敗れておりまだ1度も優勝経験はありません。

3試合とも90分間では負けておらず再試合、延長、PKで敗れておりあと一歩のところで優勝に手が届かなかったアトレティコ。
欧州の決勝の舞台に3度進出して優勝経験がないのはアトレティコのみになります。

ここまでくると呪われているようにも感じますがしかしこの時のアトレティコは優勝したバイエルンが辞退したインターコンチネンタルカップに代わりに出場して優勝し世界1の座に着いています。

ここのページにはチャンピオンズカップで準優勝した時のアトレティコとインターコンチネンタルカップを制し世界1になった時のアトレティコをファイリングしたページになります。

チームの中心はアトレティコ史上最高の選手ルイス・アラゴネスです。
延長戦にもつれ込んだバイエルンとの決勝でもゴールを決めるなどチームが苦しい時には必ず頼りになる選手。

アトレティコでは10シーズンの間にリーグ戦265試合に出場して123得点し、リーグ優勝を4度、UEFAチャンピオンズカップ準優勝を1度、インターコンチネンタルカップ優勝を1度達成という偉大な記録を残している。

ルイス・アラゴネスに次ぐアトレティコの偉大なバンディエラでありチームの最多出場記録を持つアデラルド・ロドリゲスもこのチームにいました。

ルイス・アラゴネスと共に中心選手としてチームを牽引し多くのゴールでアトレティコの躍進を支さえました。

その他にもアトレティコで唯一、リーガのシーズン得点王(単独以外も含む)に与えられるピチチ賞を3年連続で受賞したストライカーのガラテや

ハボ”の愛称で知られ、アトレティコでは攻撃的MFとして8年間を過ごし、239試合に出場したイルレタなどを擁していました。

この時のチームはファイル構想前からカード化しようと思ってたチームです!
いろんな雑誌を読んでこの時のチームの情報収集をしてこの時のチームについて調べました。

ちょっと昔の選手なので画像が粗くなっちゃうけどカード化する事に意味があるのでそこは気にしてません笑

ルイス・アラゴネスもアデラルド・ロドリゲスもアトレティコユニでカード化できてるし多少画像が粗くても問題なし!

それよりもルイス・アラゴネスとかのカードをもっているっていう事がコレクターの自分からしたら意味があるよね!

アラゴネスとガラテに関してはファイル構想前から持ってるカードなのでATLE枠でホログラム加工されたカードでファイリングできてます。

このくらいの年代になると比較的苦労せずに画像が見つかりました!結構カラーの画像も多かったしアトレティコユニでの画像もあったしすごい作りやすかったです!

ファイル構想前から再現したかったチームだったしアトレティコページの中では1番お気に入りのページです!

以上ジョーカーでした

WCCFアンテナ

Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol


ジョーカーです。

今回紹介するチームはまだ記憶に新しい15-16シーズンのプレミアリーグ王者レスターについてです。
開幕前は降格候補とまで言われていたチームの奇跡の優勝。

ただでさえプレミアリーグはマンU、マンCを始めチェルシーやアーセナルなど強豪がひしめく中での優勝だっただけに誰もがこの結果に驚きました。しかも終わってみれば2位アーセナルを10ポイントも離すぶっちぎりの優勝。

チームの戦術はシンプルに全員守備でした。
スター選手が不在の中でレスターの選手全員に共通していたのが守備意識の高さ。

岡崎は特別だとしてもエースとしてチームの優勝に大きく貢献したバーディーでさえレスターの守備組織の一員でした。

地味な作業の繰り返しになるが誰1人サボらずにハードワークを繰り返したからこそレスターはプレミアリーグで王者になれたのだ。

GKは偉大なる血統、シュマイケル。
元々実力はあったもののトップのレベルのクラブでプレーをしていなかったので評価はそこまで高くなかったがこのシーズンを機にビッグクラブが狙うまでの存在に。

堅実的で安定感がありビッグセーブを難なくしてしまうところはやはり父の血を継いでいるからだろう。

DFラインにはフスク、フート、モーガン、シンプソン

今季加入のフスクは守備的なサイドバックで対人に強くレスターの守備を大きく支えた。
シンプソンはシーズン途中から定位置を確保するとミスの少ない安定したプレーで守備を支えた。

モーガンとフートのコンビはまさに巨壁。
どちらもフィジカルに優れていて空中戦も強くゴール前で見事に鉄壁なDFラインを作り上げた。
モーガンはキャプテンとしてチームを牽引した。

MFはオルブライトン、カンテ、ドリンクウォーター、マハレズ
このチームのMVPと言われたがのカンテである
豊富な運動量と危機察知能力で次々に相手のチャンスを潰しレスターの堅守速攻を支えた。

ドリンクウォーターもカンテ同様豊富な運動量で攻守に渡りチームを活性化させた。
ボールさばきもうまく長短正確なパスでバーディーには5アシストを記録した。

そしてこのチームで唯一違いを作れたのがマハレズである。
アルジェリアの天才はテクニックで相手を翻弄し攻撃にアクセントを加えた。
マハレズなくして優勝はあり得なかった。

FWは岡崎とバーディー

岡崎は得点数こそ物足りないないものの数字に表れない部分でチームに貢献。ハードワークのレスターを象徴するような選手である。

エースとして24ゴールを挙げ優勝の立役者となったのがバーディーである
プレミア記録となる11試合連続ゴールなど絶対的なエースとして活躍した。

強豪相手にボール支配率で上回った試合はほとんどなく常にボールを追い回し続けたレスター。
この戦い方ではいずれ失速するという意見があった中で最後までその勢いは止まる事なく優勝まで突っ走ったのは全員が挑戦者であるという謙虚な姿勢があったからである。

ほとんどが無名の選手で誰もが予想しなかったレスターの優勝。
誰1人サボる事なくハードワークを繰り返し続けたからこそレスターは奇跡の栄冠を手にすることができたのだろう。

以上ジョーカーでした

WCCFアンテナ

Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol


ジョーカーです。

今回からバルセロナのページが終わりアトレティコページを紹介していきます!
最初に紹介するページは
1961-1962年のUEFA Cup Winners' Cupで優勝したチームをファイリングしたページになります。

アトレティコが初めて国際タイトルを獲得した時のチームですがこの時のアトレティコは黄金期を迎えていました。

1950年代から徐々に力をつけてきたチームは1959年にチャンピオンズカップでベスト4に進出。しかし宿敵レアルに敗れタイトル獲得とはなりませんでした。

この時のアトレティコは今の状況と少し似ていてアトレティコは黄金期を迎えていたものの同じリーグのレアルもステファノを擁しCL5連覇を達成するなど黄金期を迎えており

さらにはバルセロナもクバラやコチシュなどワールドクラスの選手を擁して黄金期を迎えておりアトレティコはチームのレベルは高かったもののタイトルを思うように獲得できませんでした。

今もシメオネに率いられ一気に世界のビッグクラブの仲間入りをしたアトレティコですが思うようにタイトルを積み上げられていないのはCロナウドのいるレアルとメッシのいるバルセロナがいるからです。

そんな中でこの時のアトレティコはレアル、バルセロナを抑えてコパ・デル・レイを優勝し
そして出場したUEFA Cup Winners' Cupでも優勝を果たしました。

この時のアトレティコには長くアトレティコを支え多くのタイトル獲得に貢献したアデラルド・ロドリゲスがいました。

アトレティコで通算国外公式戦66試合に出場するなどチームの絶対的な中心選手としてチームを優勝に導きました。

チームのエースのペイロは高い決定力と嗅覚で多くのゴールを量産。
重要な場面でのゴールが多く準決勝でも決勝ゴールを決めると決勝でも第1戦、第2戦で連続でゴールを決め優勝に貢献した。

UEFA Cup Winners' Cupでは1回戦でイングランドのレスターと対戦。
第1戦を1-1で引き分けるも第2戦で2-0と勝利し2回戦に進出します。

2回戦ではドイツのブレーメンと対戦。
第1戦を1-1で引き分けるも第2戦で3-1と勝利し準決勝に進出します。

準決勝ではドイツのFCカールツァイス・イェーナと対戦。第1戦を1-0で勝利すると第2戦でも4-0で圧勝し決勝戦に進出します。

決勝では前回大会王者のフィオレンティーナと対戦。第1戦を1-1で引き分けるも第2戦で3-0と圧勝して見事優勝を果たしました。

カードに関しては既存排出のカードはやっぱり1枚もないね笑
まあかなりマニアックなチームだしこの時代のアトレティコのカードをもってるのなんて自分くらいじゃないかな?笑

アデラルド・ロドリゲスとかペイロとかこの年代のチームの中心選手に関してはしっかりカード化してファイリングできてると思います。

いろんな年代のいろんな選手のカードを持ってるっていうのはコレクター冥利に尽きるよね!

昔の選手ではあるのですが基本この年代くらいになるとそこまで苦労せず画像探しも進んで完成させる事ができました!

ここのページにファイリングしているのは決勝に出場してる選手をメインにオリカにしてファイリングしました。

7枚の片側ポケットでのファイリングですが個人的にはこの時のチームをしっかり再現できてるし満足したページになっています!

以上ジョーカーでした

WCCFアンテナ

Twitterアカウント

kkyyy0726Chocol


↑このページのトップヘ