2007年02月20日

好みのキーワード

パソコン知識ほぼ 0状態。



良く目に飛び込むキーワード検索という言葉。



キーワードを理解すれば、アクセスアップになるらしい?



なんとなく言わんとすることは分かる。



が、どうしていいかは今だ分からない。



要するに今 はやりの言葉であり、タイムリーな言語のことなのかな?



と、勝手に判断する。




私の業界で最近のキーワードというと



1. ファンド

2. アパート満室経営

3. 金持ち大家さん

4. サラリーマンでもアパート・・・・・

5. 素人でも資産が持てた・・・・・




でしょうか。

まだ、ありますが。



個人の投資ブームが再来しています。

バブル期とは180度形態は違います。



バブル期はいかに転売益(キャピタルゲインといいます)を

勝ち取るか。をみんなで競い合いました。



今の投資ブームは運用益(インカムゲインといいます)を

出していく。という考えで行われています。



Jリートやアパート経営もインカムを狙ったひとつです。



銀行金利の低迷や株の変動リスクを横目でみながら

お金が不動産に流れてくる傾向にあります。



日本人特有の農耕民族的発想でしょうね。

土地に対する想いや不動産(権利)に重みを感じる傾向は。



バブルの精算で徒労に果てている方の誰もが、

第三者の意見に左右され、投資し ババをつかみました。



今から少しずつ基礎知識に関することも交えて語りますので、



自分で自己判断ができるようになるまでは、

投資は待ってください。



バブル期とは違う形で、 ババをつかみますよ。



急ぐ必要はありません。




話は変わりますが、



近日 公開される映画



<バブルで GO>



当時を経験している年齢層には



楽しめそうです。



どういう描写に構成されているのかな。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数