2010年09月

2010年09月20日

定年後6ヶ月を振り返る

9月下旬ともなると、あのように過酷だった夏もようやく過ぎて、朝晩はとても過ごしやすくなりました。まだベランダからの「定点観測」をしているせいか、とりわけ感じるのは、ひところに比べて、確実に日の出が遅くなり、日の入りが早くなったことです。

季節の移ろいを、日の出、日の入りの時刻だけで感じ取るなどということは、かっての私にはまるでなかったように思いますが、よく考えてみると、それは季節の移ろいというより、いささかの情緒も差し挟む余地のない、もっと単純で必然的な自然の移ろいなのです。

IMG_0362

    ベランダのテーブルに持ち出したノートパソコン=私の「定点観測」の場所

ところで、定年退職後やがて6ヶ月が経とうとしています。この間を振り返ると、実は退職前の生活とあまり変わるところがないのです。それは、月18日勤務の「再雇用」を選択したせいなのですが、実際、休日が少しだけ増えた程度。しかし、肩の荷がおりたことだけは確かです。

「再雇用」の非常勤として働くに当たっては、「側(ハタ)が楽(ラク)になる」ことをモットーに、与えられた仕事を自分なりに懸命に勤めていますが、どうにか仕事の内容にも自信が持てるところまでたどり着いたようです。これからも、職場では同じ気持ちで、そして職場を離れれば、もう少し肩の力を抜いて人生を楽しみたいと思っています。

人生の愉しみといえば、心待ちにしていたのが海外旅行ですが、どうやら直ぐにも実現しそうです。この22日から29日までの8日間、フランス、スイス、ドイツの3カ国を周遊する盛りだくさんのツアーに参加します。
(このツアー、福岡空港発の何故だか上海経由で、何と「上海万博」会場にも訪れます。この時期、尖閣諸島を巡るとても微妙な雰囲気なので、出来たらパスしたいところなのですが。)

ともあれ、以前ブログに書いたように、一度はモン・サン・ミシェルを訪れないツアーを申し込んだのですが、そのツアー、参加人数がそれほど集まらず結局、不催行となってしまいました。やむなく申し込んだ今回のツアーは、やはり、モン・サン・ミシェルにも行きます。(それでもパリから日帰りという強行軍ではなく、モン・サン・ミシェル周辺のホテルに一泊というのがとても魅力的です。)

いい写真をたくさん撮って帰り、このブログにも掲載できればと思っています。どうぞお楽しみに。



plaisir874 at 14:53|Permalink日記 

2010年09月09日

夜明けの空

私には、毎朝5時に起きて、インターネットで新聞各紙などを、ざっとチェックする習慣があります。朝5時といえば、まだ夜ですが、天気がよければ満天の星で、南東の空に北斗七星、南西の空にひときわ明るく金星が輝いています。更に、月も出ていれば最高です。

以前このブログで、「早朝散歩」について書きましたが、カミさんに付き合ったのは、ほんの〈出来心〉の1回きりで、まだまだ蒸し暑いこの時期は、少しでも早朝の涼気を求めて、ベランダのテーブルにノートパソコンを持ち出しネットサーフィンにいそしむのです。
           
朝フォト2朝フォト3

マンションのベランダからは間近に海が見えます。耳を澄まして波の音を聞き、夜の白々と明けるのを感じながら、毎朝、この僅かな時間、刻々と変わっていく空の色を見るのがとても好きです。思わず知らずパソコンの手を休めてシャッターを押すことがあります。

朝フォト4朝フォト1

毎朝、同じ時間、同じ場所からの、いわば「定点観測」なのですが、日々、空の色は見事なまでに様々で、まったく見飽きることがありません。
それでも9月になって感じることは、日の出の時刻が確実に遅くなっていることです。
これから先、更に秋が深まって寒くなれば、私のベランダからの「定点観測」も撤収ということになります。


plaisir874 at 05:52|Permalink