2011年01月

2011年01月30日

就職までのモラトリアム

先日の新聞で、『この春卒業見込みの大学生の就職内定率は68・8%(昨年12月現在)で過去最低』と報じられていました。つまり、その3分の1が就職が決まらないまま年を越したことになります。バブル経済の崩壊で企業の採用が大幅に減った「就職氷河期」よりもさらに悪い状況で、「超氷河期」ともいわれるそうです。

このように、卒業しても、就職できない若者たちが増えていくこと自体、この国の閉塞感をさらに増していくことは、疑いようもありません。果たして、そのような若者たちは、これから彼らの就職までの期間を、いったいどのような気持ちで生きて行くのでしょうか?実は、この私、彼らの気持ちがよく分かるような気がするのです。

というのも私自身、もう40年近く前のことですが、大学を卒業したものの、その後の人生を決めかねて、就職もせずに1年半もの間、アルバイトやひたすら図書館通いに日々を費やしていた時期があったからです。

卒業後、直ちにどこかに就職するというのは、当時も今も違ったところはなく、おおかたの学生は、3年ともなれば、着々と自らの卒後対策を講じていました。ところがこの私は、こういうことには奥手だったせいでしょうか、それとも片親(母)で、勤め人の家系に育たなかったせいか、就職活動などまったく思いつきもしなかったのでした。

ふと気付けば、卒業を契機に、周囲の学友たちは、首尾よく就職に、大学院への進学に、あるいは留年へと、それぞれ進路を定めているのに、ひとりこの私はそのまま卒業して、その春からは、まったく肩書きを持たない「無業」の若者になっていたのでした。

4年間暮らした本郷追分の三畳一間のアパートを引き払い、北区豊島に見つけた四畳半一間の安アパートに引っ越して、その後の生活を始めました。当時は、まだフリーターなどという言葉はありませんでしたが、まさしくそれはフリーター生活そのもののでした。

ある程度お金が稼げると、仕事を休んでは、図書館通いを続けました。司法試験はとっくの昔に諦めており、当時は、数多くの文学、思想書を飽きもせず読みふけっていました。その一方で、「このような生活が、いったいいつまで続けられるのか?」それを自問自答する日々でもありました。

アルバイト先は、当時、新宿の花園神社近くにあった「正論新聞社」で、私は資料係として同業各紙のスクラップ記事の整理を担当しました。例えば、新聞各紙が、同じ交通事故をどのように記事にしたのか、それを一枚の紙面にスクラップするのです。こうした作業を繰り返すうちに、その活字を見ただけで、それが何新聞なのか分かるほどでした。

けれども、そのような生活をいくら続けても、将来に向け何かしら光明が拓けてくるというものではありません。そのことは当時の私も十分に分かっていたことでした。 ただ…
 〈 ひと夏をのみ与えよ 力強い者たちよ!また熟した歌のために ただひと秋を。〉
そんなヘルダーリンの詩句に鼓舞されながら、日々を懸命に送っていたのだと思います。そして、1年半後、ようやく東京を後にして、故郷に戻り、地方での公務員生活をスタートさせたのです。それは、日本中がオイルショックに揺れる、昭和49年秋のことでした。
──────────────────────────────────────────────
実は、これには後日談があります。
それから20数年を経て、私は東京勤務になり、3年間、単身赴任することになりました。平日はともかく、単身赴任者の休日は、24時間すべてが自分のためだけの時間となります。有り難いことに、こうして、再び、私に〈モラトリアムな日々〉が与えられたのでした。

そんなある日のこと、ちょっとしたノスタルジックな思いつきで、その昔、私が暮らした界隈を探し歩いてみることにしました。王子駅から記憶をたどりながら、歩いていくとさすがにその周辺は激変しています。どうやら銭湯のあった場所が分かると、それらしいアパートが見つかりました。

確認のため、路地を奥に少し進むと、確かにそのアパートです。そうそう、2階のこの部屋、ここに1年半暮らしたのだ…。そんな感慨に浸りながら、その部屋を見上げている私に気づいたのか、アパートの真向かいのお宅から、年老いた女性が出てきました。愕然としました。あのお婆さんがまだ健在なのです!

「実は、もう20年以上前のことですが、私はこの2階の部屋に住んだことがあるのです。今日は、まだここにアパートがあるのかどうか、懐かしくて寄ってみたのです」
とうの昔に、私のことなど忘れているものと思い、私はその女性にそう説明しました。

「ええ、ええ、分かりますよ。Sさんでしょう?」
何と、親しげに微笑みながら、彼女はそう云うのです!私のことを、そして私の名前を覚えているのです。でも、いったい何故?

私は、記憶を懸命にたぐり寄せました。私がこの部屋に引っ越してきたとき、ちょうどこのお宅は、まだ新築中でした。部屋の窓から日々、私は、その工事を眺め、完成後、この一家が引っ越して来て、そこで生活するのを眺めていました。

新潟から引っ越してこられたHさん一家は、当時50代後半のご夫妻とその3人の娘たちの5人暮らし。気さくで世話好きの奥さんと、口数少ないご主人、とても恥ずかしがり屋の娘たち。アパートの住人からは、就職もせず、図書館通いをする、何やら訝しげな存在のように見られていて、人付き合いのない私に対しても、Hさんだけは優しく声をかけてくれ、何かと心遣いをしていただきました。

何年も経て、私がやってきたことを心から喜び、彼女はすぐさま私を家に迎え入れました。そしてご主人が亡くなったことを告げ、ご主人の仏壇の引き出しから一通の古い手紙を取り出して、それを私に見せました。何ということでしょう、それは、私が帰郷してすぐにHさんに宛て、感謝を込めて出した、お礼の手紙だったのです!

plaisir874 at 10:26|Permalink 日記 

2011年01月24日

臼杵散策

日曜日、大分インターから東九州自動車道を走り、臼杵市内へ休日ドライブを試みました。ここは、現在、高速道路の無料化社会実験区間とあって、以前に比べると、車の数も若干多めですが、都会の高速道路と違って渋滞することもなく、あっけなく到着しました。

臼杵の町並み市内中心部の公共駐車場に車を置き、二王座歴史の道、龍源寺の三重塔、久家の大蔵、サーラ・デ・うすきなどを一巡り。久し振りに、臼杵の町並みをゆっくりと散策しました。天気に恵まれたものの、さすがに冬の日陰は凍える寒さで、観光客もまばらな印象です。

サーラ・デ・うすき久家の大蔵アズレージョ






ひつまぶし昼前、楽しみにしているランチは、今回は中心部から少し離れたところにある「うなぎの幸栄」にしました。 写真右は、私が注文した「ひつまぶし」(1,800円)
肝吸い付きで、この値段はとても良心的。店のご夫妻がとても気さくで、少々お得なサービスもして頂いたようでした。

帰りは、臼杵石仏まで足を伸ばし、腹ごなしを兼ねて、石仏周辺をきままにウオーキングすることにしました。ここでは平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られたといわれる「古園石仏」「山王山石仏」など魅力的な磨崖仏・史跡を見ることができます。

臼杵石仏2臼杵石仏1満月寺仁王像臼杵石仏大日如来像臼杵石仏のシンボル的存在である「大日如来像」は、「古園石仏」にあります。以前は、落ちた仏頭が台座の上に安置され、この姿で長らく人々に愛されていましたが、その修復に合わせ、今では元のとおり仏体に復位されています。

阿形1吽形1一通り、石仏を見て最後に訪れたのが下の参道橋を渡った先にある満月寺の仁王像です。膝から下は土に埋まっていますが、その表情と姿勢はどこかユーモラスで、生命力に満ちています。

阿形2吽形2どうですか?この迫力!端正な石仏とは比較になりませんが、石仏見物の最後に、訪れる価値は十分ありますよね。

plaisir874 at 19:55|Permalink 日記 

2011年01月16日

雪景色

昨日の午後から降り始めた雪が、早朝は、一面の雪景色となりました。夜が明けるのを待って、ベランダから夢中でカメラのシャッターを切りました。何故だか、気持ちは子供のように浮き浮きしています。
九州に住んでいると、特に、ここ別府市の海岸部では、雪景色を眺めることができるのは、一冬に、1度かせいぜい2度しかなく、つい心も弾んでしまうのです。

雪景色1雪景色2
                                             





東の水平線に朝日が昇る時刻は、今はまだ7時過ぎですが、これから徐々に早くなります。事実、日の入りの方は確実に、遅くなって来ています。
天気予報では、今日の日曜日は降雪が予報されていたので、昨日のうちに、市内の病院に入院中の母の見舞いに行きました。病院は、かなり急な坂もある山手の方にあるので、見事、この選択は正解でした。
 
  雪景色3雪景色4 





        
通りを行き交う自動車も、今朝ばかりは少なめで、その走行スピードも心なしかゆっくりとしています。この冬は、格別に冷え込んで、テレビで報道される雪国の様子から、雪は大きな災いであることも十分承知はしていても、このように雪は私の心を軽くするのです。

「雪は、貧しい人たちの上にも公平に降り積もって、すべてを輝くように真っ白に変えてしまうので、とても好き…」
その昔、ある時期、お世話になった親戚のお婆さんが、嬉しそうに、そう呟いていたのを、ふと思い出してしまいました。                                                 

plaisir874 at 15:01|Permalink 日記 

2011年01月15日

ソクラテスのダイモン

このブログでは、政治的・時事的な話題はできるだけ避け、もっぱら私の身辺雑記を中心に記述することにしていますが、それでも時には、政治的な事柄について自己流に、多少の皮肉(イロニー)を込めて、書いてみたくなることがあります。

というのも、昨今、この国の政治に関する新聞、テレビの報道姿勢が、過剰なまでに政局中心に傾斜しており、国民監視の中、政局はもはや劇場化して、国民こぞってテレビに映し出される政治家たちを、千両役者、大根役者…などと品定めしている状態だからです。
それにしても一体、何故、こんなことになってしまうのでしょうか?

「一国の新聞は、畢竟、その国の国民の質に依存する…」とも云われますが、その意味では、報道するサイドも、国民も、ここはもう少し立ち止まって、我が身の足下を見極める覚悟が必要ではないでしょうか?もっとも、それを真っ先にやっていただかなければならないのは、無論、政治家の皆さん方なのですが…。

ところで、遠い昔、大学の図書館で読みふけった書物の中に、キルケゴールの修士論文『イロニーの概念──たえずソークラテースを顧みつつ』というのがありました。

キルケゴールは、その中で、ソクラテスのイロニーを、美的段階を脱しつつある状態ではあるけれども、その〈無限否定性〉という性質は、結果的に不毛を生み出すに過ぎず、他方、シュレーゲルなどのロマン主義的イロニーにおいては、現実を転化させようという理想主義的な志向が、ただひたすら外界の転化を目指すばかりで、主体性を欠き、結局、自己本位の真理に帰結するに過ぎないとしていずれも批判しています。

そこで、前者(ソクラテスのイロニー)をマスコミ及び国民、後者(ロマン主義的イロニー)を民主党の(改造されたばかりですが)現政権に、それぞれ置き換えてみると、どうでしょう?私には何かしら合点のいく〈図式〉が出来上がるような気がします。

そんな中、過日、菅総理夫人が「支持率にはマイナスはないんでしょ?」と云って総理を激励したという記事を目にしました。「できることをやって玉砕するのはいいんですが、それもやらないでいるのはどうかと思う…」とのことですが、果たしてそんなものでしょうか?

私がそう云うのは、ことは優柔不断な一個人の問題(失敗すれば自己責任!)ではなく、この決断が、その後の国家の行く末を、良きにせよ悪しきにせよ、決定してしまう可能性を孕んでいる、即ち、失敗して責任を取るのは、当の本人ではなく、国民自身だからです。

話は変わりますが、現在ではソクラテスといえば、誰もがまさしく「聖人」そのものと理解しています。けれども、もし、そのソクラテスが同時代に生きているとしたら、我々は一体彼のことをどういう風に見るのでしょうか?

ソクラテスのダイモンソクラテスが、今日「聖人」と見なされているのは、長い歴史という物差しを当てて、多くの人々がそう評価しているからに他なりません。しかし、その評価にしても、ここに至るまで、実は、様々な変遷があったはずです。

プラトンは、自己のソクラテスを超自然的な偉大な姿に創造しました。クセノフォンは、自分流にソクラテスを少々値切り倒したかも知れません。また、同時代人のアリストパネスは、ソクラテスをまるでダイモンに憑かれた精神病者のように、『雲』の中で揶揄しています。

そう、現実のソクラテスは、我々の理解を超えた不可思議な側面があったのです。その一つが彼の守護霊のダイモンなのですが、このダイモンの声は、いつも、何かをしてはならないという禁止の命令であって、何かをせよと命令したことは決してないというのです。

そのソクラテスも、アテナイ市民の一人として、ペロポネソス戦争に参戦し、3回も従軍したといわれています。その出征先であったポテイダイアの地での、ダイモンに関する甚だ興味深い逸話が残されています。彼は戦(いくさ)のさなか、ふと彼の内にダイモンの声を聞き、そのまま一晩中、夜が明けるまで身動きもせずに佇んでいたというのです。

もともと、面容奇っ怪なソクラテスは、その時、それを見た周囲の人たちから、さながら異形のシレノスの様であったとも伝えられていますが、私にはそれが、仁王の様であったとも思えるのです。

〔余談風に…〕
最近、民主党の周辺で、しばしば「不条理」という言葉が発信されています。これを受け、マスコミも、何故かこの「不条理」という言葉を盛んに取り上げるようになりました。実は、私自身、こうしたこの言葉の用法は好むところではありません。
何故なら、「不条理」とは、カミュ的な用法でいえば、単に、筋が通らないとか、馬鹿馬鹿しいとか、いう意味ではなく、現に、圧倒的な〈時〉の趨勢、〈場〉の趨勢に対して、なお、挑戦(反抗)し続ける姿勢を意味しているからです。
この意味で、政治的に「不条理な存在」であるのは、現在、阿久根市長くらいでしょうか?

plaisir874 at 21:53|Permalink 日記 

2011年01月09日

老年老い易く学成り難し

正月休みが明け、4日間の勤務で、どうやら調子が「仕事モード」に戻ったかと思ったら、また3連休になりました。これでは、再び調子は「正月モード」に戻ってしまいそうです。

当初は、私も年末年始の休みこそ、テレビを極力控え、できるだけ多くの本を読もうと考えていましたが、それでも思わず「箱根駅伝」にチャンネルを合わせると、気持ちはすっかり「駅伝モード」になってしまい、結局、スタートからゴールまでしっかり見てしまいました。

年末年始の間に私が見たテレビで、最も感動的だったのは、NHK衛星放送で大晦日に再放送された「秩父山中 花のあとさき」のシリーズでした。このドキュメントは、もう何度も放映されているのでご覧になった方も多いでしょうが、今回も改めて心が洗われるような体験をしました。(以下に、「NHKアーカイブ」からの引用を記しておきます。)

『先祖代々耕してきた畑を閉じながら、そこに1万本以上の花やもみじを植え続けてきた小林ムツさん夫婦。ムツさんの人生を過ぎていく静かでおだやかな時間を見つめる。
小林ムツさん(84歳)は夫・公一さんと、過疎の進む埼玉県秩父市吉田太田部で暮らしてきた。夫婦で、先祖代々耕してきた畑を閉じながら、1万本以上の花やもみじを植え続けた。「使えなくなった畑を放っておくのは申し訳ない。せめて花を植えて山にかえしたい」。2006年秋、公一さんが肺炎のために亡くなった。ムツさんは、それからの日々をどう過ごし、花畑はどうなったのか。晩秋、2人が植えたもみじが赤々と色づく。』

                初詣(朝見神社)
                 初詣に行った別府の朝見神社

ところで、8日の土曜日は、県立図書館に行き、本の借り換えをしました。ここでは1回に一人10冊まで2週間、借りることができますが、冒頭にも書いたように年末年始の休みにしっかり読書しようと意気込んで、何やら堅い本ばかり10冊も借りてしまいました。その中には、最近、私が興味を感じている古代ギリシアの〈ソフィスト〉やこれとほぼ同時代の中国の〈諸子百家〉に関する複数の書物も含まれていたのですが、そのほとんどを読み終えることなく返却してしまいました。

「こんなことなら、もっと軽い本にすればよかった…」などと、かっての私なら少々恥ずかしい思いもしたのですが、最近では、殊更、そのように感じることもなく、つい同じことを繰り返してしまいます。これは図書館の本ばかりではありません。ふと興味を持って購入した本でさえ、しばしば最後まで読むことがないのです。

そういえば、このような根気のなさは、私の至るところに現れています。若い頃から趣味で続けていたフランス語の勉強も、最近はとてもいい加減で、知らない単語を辞書で引くこともすっかり忘れ、かっては得意だと思っていた法令規則などの〈法文解釈〉も既にやっかいなものになっています。

『少年老い易く学成り難し』といいますが、この年になってはじめて、この言葉はこれまで考えていたように、「人生はそれほど長くないので、寸暇を惜しまず精進しなさい」という意味ではなく、「あまり多くの事柄に目移りすることなく、自分の方向(テーマ)を定めたら、それに向かってまっしぐらに精進しなさい」というほどの意味ではないかと思うのです。

いやはや、まったく『老年老い易く学成り難し』ですね。



plaisir874 at 22:54|Permalink 日記