4月になりましたやまなみドライブ

2011年04月10日

桜、桜…春爛漫

あの震災から1ヶ月。それでも今、桜が満開です。街の桜はもう既に散り始めましたが、山々の桜は、山肌をまるでピンク色の「あばた」のようにほんのりと染めて、それが徐々に中腹から山頂にかけてその色合いを映しています。

土曜日。日田市へドライブしました。今回、訪れたのは「いいちこ日田蒸留所」の桜並木。昨年3月下旬、手入れの行き届いたこの美しい桜並木を訪れた時は、梅が終わったばかりで、桜はまだほんの2・3分咲き程度でした。その時、来年は再びここを訪れ、満開の桜の下を歩くのだと心に決めていたのです。

いいちこ日田(散策路)いいちこ日田(第1製造場) 






今年は、ご覧のとおり、既に散策路の桜並木は花びらが散り始めていました。けれども、こうしてはらはらと落ちてくる桜吹雪の中、ピンクの花びらで敷き詰められた小道を散歩するのは、それだけで心楽しく、格別の味わいがありました。
──────────────────────────────────────────────

日曜日。別府市郊外の志高湖に出掛けました。市内の桜の名所は既に盛りを過ぎ、これからはもっと標高の高いところへ人々の興味が移ります。志高湖畔もそうした桜の名所の一つですが、大勢の家族連れが繰り出していました。

志高湖6志高湖5






到着した午前11時には、駐車場ははぼ満車状態。県外ナンバーも数多く見られます。前回、ここに来たときも気になっていましたが、湖水の量はさらに減っています。その岸辺ではテントを張ってキャンプをしている人々もいました。

志高湖2志高湖3
 





湖畔に沿うように続く、満開の桜並木を愛でながら、ゆっくりと湖畔を1周し、適当な場所を見つけてシートを敷き、持参した弁当をいただきました。多くの家族連れ、グループが思い思いに桜の花の下で、宴会を繰り広げている春爛漫のこの日、ここ志高湖は1年で最も華やかな季節を迎えています。



plaisir874 at 21:23│ 日記 
4月になりましたやまなみドライブ