2004年05月

2004年05月17日

Universal Design

前の書き込みからかなり間隔が空いてしまいました。やっぱりこういうのは最初勢いがあって、でもその後はなかなか続かないものだと実感しました。で、久々の話題はというと、僕は自分の研究室のゼミでユニバーサルデザインの論文などを最近読んでいるんだけど、ここ5年くらいの流れだとこのユニバーサルデザインっていうもの自体成立し得ない、みたいなことになってきてて、そのアンチテーゼとして「User Sensitive Inclusive Design」というものがあるらしいんです。まず、長いよね、名前が。でいろいろ考えてるうちに思ったんですが(細かいことは理解しきれてないので語れませんが)、僕はユニバーサルデザインっていう言葉が単に好きだったみたいです。簡潔で「Universal Design」っていうつづりもなんか綺麗じゃないですか?こういう学術用語って一般にも浸透してるものとしてないものがあるけど、この言葉は多分ほとんどの人が聞いたことくらいあるんじゃないかと思います。で、完全な推測だけどこのシンプルで響きのいい言葉がここ何年かのデザインブームの理由の数%くらいを担っていたんじゃないかと思ってしまいました。。

planke at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) design 

2004年05月11日

バイト2回面接落ちました。

タイトルの内容の出来事が起きて少しへこんでしまってます。まあたかがバイトの面接だけど、されどバイトの面接。。最近の気のたるみ(?)みたいなものが見抜かれてるのかなぁ、だとしたら面接官はたいしたもんだね。言い訳がましいけど、こういうのって面接する人との相性って絶対あると思うんです。最初受けたとこの面接官は見た瞬間に「しんどいなぁ・・」って感じたし、まあ面接に限らずいろんな場面で、そのときたまたまの人との相性によって物事がうまくいったり、いかなかったり。だからもちろん自己反省はあるけど、まあそういうときもあるさ、と考えるようにしてます。それに、その落ちたとこには行くなってことだったのかな?とか考えたりいくらでも言い訳できるね(笑)。まあ何が言いたいかって言うと、(もちろん半分冗談だけど)おれのせいじゃないよくらいのプラス思考のときもあっていいんじゃないかと、こう思う今日この頃です。自分はとくに煮詰まるとどうしようもなくなる人間なんでそのときはこれ読もうと思います。

planke at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) diary 

2004年05月08日

プレゼントについて

明日、母の日だけどまだプレゼント買ってないです。忘れていたわけじゃないけどいろいろ考えてると結局決めきれなかった、っていう言い訳です。まあ絶対なんか贈るけどね。だいたい自分の趣味などから食器とかをよく贈ってきたと思うけどそろそろネタが尽きてきて何にしようかなってかんじです。そもそも、けっこう人にモノを贈るのが好きな自分は、何を贈るかというのはとてもこだわりたい人間なんです。自分はこういうモノを贈る人間であるとか、自分は相手にどういうイメージを持っているとか、そういうメッセージも含むと思うし。まあモノを見るのが単に好きだからってのもかなりあるけどね。昔、僕の友達がプレゼントについて、相手が自分のことを想って選んでくれたなら何だって嬉しい、みたいなことを言ってて、年をとってくると人間関係として形式化したようなもらったりあげたりでそういう気持ちって薄れてきてるような気がしてたのでその言葉は僕はとても心に残ってます。そして今後もそれがより伝わるようなモノを選んでいけたらいいな、と思います。

planke at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) diary 

2004年05月06日

椅子決定

少し前にここに書いた椅子の話なんだけど、ついに今日自分なりに決めて先生にお願いしました。あれからも、同じの4個、同じやつで2個ずつ2色、カラー4色・・などなどかなり悩みましたが結論としては、違う椅子4種類で色の感じは統一ということにしました。具体的には、スタルクのLa Marie(クリスタル),LOUIS GHOST(クリスタル),ロンアラッドのFPE(ホワイト),パントンのPanton Chair(ホワイト)です。もう好き放題やらしてもらいましたって感じのチョイスで大満足です。でも真面目な話、これだけのいわゆる名作椅子たちに日々自由に座ることができ座り心地などを感じることができるってのは人間工学の研究室としてはとてもいいことだと本当に思います。それと、そいつらが自分の側にいてくれるってのは、自分には常にデザインということを意識していられそうでこの上ない幸せですね。。

planke at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) design 

2004年05月05日

東京初運転

c046c0b6.JPG昨日、東京来てから初めて運転しました。自由が丘から埼玉行って横浜行ってまた自由が丘に帰ってくるというのを12時間でこなしました。サークルの後輩と5人で行ったんだけど、運転できるのが自分だけということでひたすら運転しました。GWということもあって、多少の渋滞は予想してたけど意外にすいてたし、普段は見れない車からの眺めを楽しめ、いいレジャーになりました。埼玉では建築の展示があったんだけど、見るのにこんなに時間がかかった(3時間くらい)のは久々でこれもかなり疲れました。でもサークルの中には5時間かかった人もいるらしい・・。で、横浜経由の帰りは雨も多少降ってきてより運転に気を使い、飯を食べるときにはみんなぐったりしてました。自分も帰って即寝ました。でも、もちろん運転はめちゃくちゃ楽しかった。みんな、お疲れさん。

planke at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) diary 

2004年05月03日

Lost In Translation

見ましたよ、ロストイントランスレーション。立ち見になるほどの注目度の高さで、僕自身も宣伝を見たり、ストーリを聞いた感じそうとう期待していました。が、結論から言うと良かったとは言えないものでした。まず、日本の描き方がかなり気にくわない感じで馬鹿にされてるように思いました。これはストーリ上ある程度は仕方ないとは思っていたんだけど、前半がとくにきつく帰りたくなりました。ほかの観客がかなり笑ってたけど、僕には全く笑えませんでした。それと、全体的に淡白な印象で、とくにあのおっさんとか来日した初っぱなから少ししんどそうにしててなんで?なら来るなよ、とか思ってしまいました。あのおっさんの仕事もなんかいい加減で本当にあんなのだったらいやだなぁ。映像の雰囲気とかは好きだっただけに残念でした。まあ感想なんて人それぞれで全然いいけど、でも、見る人によってそんなに評価のわかれる映画でもないと思うなぁ。

planke at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) movie 

2004年05月02日

献血

今日、免許証の住所変更の手続をしに行ったのですが、その免許センターの中で献血を募ってました。僕は今までまったく献血をしたことがなかったのですが、先日とある番組で献血というか血液の重要性を改めて知らされたのでやってみようかな、と思ったからです。新宿のほうの献血所はなにやらお菓子が出たりマッサージチェアーがあるなどいたれつくせりな感じだと聞いたことがあるのに対して、そこは献血車のようなのが来てやってるだけだったので、どうせなら新宿が良かったな(笑)とか思ったけどまあやりました。で、偉そうに言うことじゃないけど、自分の血液が誰かのためになるんだなぁーと血を抜かれてるときに考えたりして素直に今後も定期的に献血しようと思いました。んー、文章の淡白さが今の心境に合ってるなぁ(笑)。

planke at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) diary