2006年06月05日

"想い"がない

昨日は、卒業研究を共同で行った山野美容専門学校の先生に久しぶりに会いました。

用件は、先生が発表をするということで研究内容についての細かいことの説明。
とまあこれは別にちゃっちゃとやったわけなんだけど、ついでに最近できたと聞いていた研究内容から作成したソフト(内容については書くとまずいかも?と思うので一応伏せておきます。)を見せてもらいました。

まず自分の研究したことがソフトになってることに単純に感激。
やはりあの頃は時間的にもきつかったりで苦労したなぁ、でもあの作業は意外と楽しかったなぁ、などなど月並みな回想をしたりなんかして。
それに、このソフト化までこぎつけるというのが当初からの目的であったので、約1年半かけてやっと(とりあえず)完成したということになんとも言えない感慨がありました。

んで、こういう喜びとか、感動ってすごいモチベーションになるよな、と(当たり前のことを)しみじみ感じた次第です。
もちろん研究だけでなく、それが何であれ。


それから、用件が済んだ後の雑談。


この研究結果をどのように活用していくのか、ということについて話を聞いていたんだけど、そこから「美容ということがどのように人を幸せにしたり、助けたりできるか」ということについて話題が広がっていきました。
んで、僕はその話、というか、そういったことに対する先生の"想い"を聞いて泣きそうになってしまった。

きっと誰でもそうだと思うけど、人の強い"想い"に触れると泣き出したくなる。
それが純粋であればあるほど、心からの叫びであればあるほど。
これが、泣きそうになった1つの理由だと思う。

だけど、それだけじゃない。

僕には、そのような強い"想い"を抱くに至る対象がまだない。何もない。
だから、誰かの想いの強さを目にし自分の想いの無さを改めて意識させられると、情けない、というか悲しく思うのです。

僕には、自分の能力を活かして人を助けたいという想いもなければ、その結果としてより良い社会に変えて行くことに貢献したいという想いもない。
僕が今やりたいと思っていることは、自分にとって興味深いかどうか、楽しそうかどうか、そんな単純なことでしかない。
これを、追求の対象が外にあるのではなく内に向いている、と考えることはできても、それでも今の僕はそんな強い想いを持ち得ていないと思う。

そういうものを皆が皆持たなければならない、とは別に思わない。
それに想いだけがすべてじゃない。それを成し得る力がなければ意味がない。
だけど一方で、やはりそれがある人間とない人間とでは、何をするにも最後の"強さ"が違う。
目指した成果物、表現したもの、に最後の"何か"が宿るかどうか、薄っぺらなものでなく中身のあるものになるかどうか、人の気持ちを揺り動かすことができるかどうか。その紙一重だけど、大きな違い。
それが自分にないのがつらい。

最初から強い想いがなくても、やっていくうちに生まれていくかもしれない。
だけど自分にもいつかそういう想いが生まれる、とは今は思えない。


けれども、悲しいとか、つらいとか言ったところで、これが僕という人間が生きてきた結果なわけで。
問題意識のなさや、無関心さなど。すべて自分自身のせいなわけで。



さてどうしたものかな...。

もっとちゃんと生きなきゃな。

planke at 01:44│Comments(4)TrackBack(0) なんとなく思う 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mitsuo   2006年06月06日 22:40
内か外か。
果たしてそれは重要なのか、と考えてしまいます。

人間って、一人の力は所詮自分周辺にのみ加わるものだと思うし、社会はそれぞれのファクターが絡み合って結びついているのだと思います。
いろいろな役割をもつ多様な人がいるから、人間って面白いもんなんだなって。
僕が言いたいのは、ただ単に「生きる意味」って人間の数だけあるってことなんですけどね。

なんか偉そうな感じになってすみません。
純粋に僕の意見ってだけなんですけれども。
2. Posted by pomme   2006年06月08日 23:55
こんにちは。
久しぶりに拝見させてもらいました。
口から「うわー・・・」って、言葉が自然と溢れ出ちゃいました。
やられたって感じ。
今は時間がなくて、上手く言葉にまとめられないのですが、どうしていつもokiさんの記事に心を抉り取られてしまうのでしょうか。
タイミング的にもぴったりで。
前の記事もじっくり読みたい!帰国してからの楽しみにしておきます。
3. Posted by oki   2006年06月10日 01:29
>mitsuo

コメント遅くなってごめんよ。

うん。重要じゃないんだろうね。そう思えてきたよ。
「生きる意味」= 「想いを抱く対象」も人間の数あるものだと思う。

だけど一方で、それが外を向いているのって、なんかいいなと思うんです。
自分にないもの・違う方向性だからという羨ましさ+外に向いているのって、内に向いているのよりなんか「まっすぐ」な感じが強いからかな。
わかりやすい、と言うと少し言い方悪いかも知れないけどそんな感じ。

>純粋に僕の意見ってだけなんですけれども。
これを付け加えることがmitsuoっぽいよね(笑)。って言うか僕もよく言うけどさ...。
4. Posted by oki   2006年06月10日 01:48
>pommeさん

お久しぶりです。

最近ブログの方も更新されていなかったので、どうなのかな?、と気にしていたわけなんですが、滞在生活を満喫されているようで何よりです。

それで、...えっと、
そんなお褒めの言葉を頂き、素直に嬉しい限りで、本当に書いて良かったな、と思いました。
ありがとうございます。
ブログを書いていく中で、読んでくれた人がコメントをしてくれるってことは本当に嬉しいことだと、最近とくに思うのです。


帰ってきてからでもまた何かコメント頂けたら嬉しいです。
pommeさんのブログも楽しみにしています。

では、よいご旅行を!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔