トランジションたま

〜地域で楽しくつながろう〜 子育て中の母親が集まって活動しているTTたまのブログです。

『「カノンだよりVol.4」上映会&鎌仲監督を囲む会』のおしらせ

2月15日(日)午後1時より、八王子で「カノンだよりVol.4」と鎌仲ひとみ監督トークを開催します。

『ミツバチの羽音と地球の回転』以来、監督自身4年ぶりになる長編ドキュメンタリー映画『小さき声のカノン』は2015年3月から渋谷シアターイメージフォーラムで公開されます。その取材フィルムの中から、本編に収録はできなかったものの、ぜひ見て欲しいエピソードを収めたのが「カノンだより」です。その最新作Vol.4は、約1時間半にも及ぶ大作。

『小さき声のカノン』の「カノン」は、日本語では「輪唱」。同じメロディーをさまざまな声部で、追いかけるように歌う形式。

「年間20ミリシーベルトでも、健康には何の問題もない!」「線量の高い地域で、子育てしても大丈夫!」「体調が悪くなっても、がんになっても原発事故とは関係ない!」。
政治家や役所から発信される「大きな声」にかき消されがちな「小さな声」。「うちの子は大丈夫かしら」「鼻血が出るのは放射能のせいじゃないの?」といった母親たちのつぶやきやささやき。そんな小さな声でも繰り返し、そしてたくさんの人から発信されれば、いつか大きな声も変えていける。 

映画のテーマは、「保養」。放射線量の高い地域で暮らしていて体調が悪くなっても、放射線量の低い地域で数日、あるいは数週間暮らせば、体内の放射性物質は減少し、体調も改善します。福島とベラルーシ、保養キャンプで健康を取り戻す子どもたちの姿を通して見つけた「希望」とは?

当日は、多忙な中、鎌仲ひとみ監督のお話しや交流の時間もたっぷり用意しています。
この機会にぜひ、保養について、原発について、子どもたちの未来について、話し合いませんか?

今回は、『小さき声のカノン』の入場券付きの特別上映会です。この入場券は、3月7日より渋谷シアターイメージフォーラムのロードショー公開で使えるほか、全国の劇場上映、その後に開催される全国の自主上映会のいずれでも使えるものです。

日時:2月15日(日)12時20分 開場 13:00開演
13時10分 第一回目上映スタート
14時40分 鎌仲ひとみ監督トーク&交流
16時00分 第二回目上映スタート
17時30分 終了


参加費:1500円(『小さき声のカノン』の入場券付き)
800円(『小さき声のカノン』の入場券なし)

申し込み:
告知''s

http://kokucheese.com/event/index/258160/

メールで、

lipton.kato◎gmail.com
(◎を@に変えてください)

電話で、

09033380031

(リプトン・時間によって出られない場合もあります。連絡先電話番号とお名前を留守
電に残して下さい)

場所:八王子 禅東院
JR八王子駅より徒歩10分
住所:八王子市本町17-19
当日の連絡先:09033380031(リプトン)

https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%A6%85%E6%9D%B1%E9%99%A2/@35.6611153,139.3321639,18z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0x1f0a700ace4d5ca2


主催:トランジション・タウンたま
共催:福島子ども支援八王子       八王子市民放射能測定室ハカルワカル広場
一般社団法人八王子共同エネルギー        八王子おんぶ育児の会
八王子市民のがっこうまなび・つなぐ広場

協力 禅東院

協賛 いまここCafe・杜丸     こころ味 あじなお     Botanic Green

みそをつくろう

「手前みそ」というくらい、自分で作った味噌はおいしいです。
みんなでおしゃべりしながら、お味噌を仕込みませんか?
仕込んだ味噌はお持ち帰りできます。
味噌を作らなくても、おしゃべりしに来てください。

※大豆は各自煮て持ち寄りです。大豆は各自でご用意ください。

1月21日(水)10:00~15:00
場所:浅川市民センター調理室(東京都八王子市高尾町1652ー1)

参加費:1300円(米麹800g、塩500g、会場費)
・麦麹で仕込む人は+300円
・申し込みフォームは麹2キロまで申し込めます。それ以上仕込みたい方はメッセージに書き込んでください。
・塩は1キロあたり500グラムで考えてください。自分で好みの塩をご用意いただいてもかまいません。

持ち物:煮た大豆、煮汁、みそを仕込む容器、弁当、飲み物、エプロン、三角巾

・お味噌を作らない人も、おしゃべりに寄ってください。
ランチ用意します(要予約、おにぎり+味噌汁+お茶) 400円

・「手前味噌自慢大会」自分で仕込んだ味噌を持ってきて、味比べしませんか?
それぞれに違った個性があって、どれもおいしくできるから不思議。

予約、お問い合わせ:
こくちーずから http://kokucheese.com/event/index/248348/
電話 090-6167-1489(石川)
メール 0az2rz1078d598s♡ezweb.ne.jp  (♡を@に変えてください)

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム@八王子のごあんない


世界80カ国、22万人以上参加のイベントが私たちの町、八王子にもやってきます!

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム(略称「チェンドリ」)をご存知でしょうか? 世界80カ国で22万人以上の人が参加し、日本でも既に2500人以上の人が参加しているイベントです。

「チェンドリ」は参加体験型のワークショップで、世界中の映像を観たり、対話やワークを通じて「すべての人が環境に持続可能で、社会的に公正で、精神的にも充足した生き方を実現すること」を目的としています。
ちょっと違う言い方をすれば、自分達の手で本当に暮らしやすい社会をつくると同時に、未来の世代にも胸を張って手渡していける社会のあり方について考え、できることを始めていくためのものです。

驚くべき早さで森林が伐採されて、緑が減っていることを誰もが知っているでしょう。
たくさんの生き物や魚達が絶滅の危機に瀕していることも知っているでしょう。
今まで経験しなかったような豪雨や、落雷、突然の火山噴火に不安を覚えたこともありますよね。
日本では毎年3万人もの人達が自ら命を断っていると聞いたことはないでしょうか。

「大変だとは思うけど、自分が何をやっても社会が変わる訳がない。」
「日々の自分の生活で精一杯で、そこまで考えていられない。」

私たちの心の中からはそんな声が聞えてきます。
でも、それは現代社会の「夢」。思い込んでしまっている「夢」なのです。
「夢」であれば変えることができる。
この現代社会の「夢」を何とかしようと思う人がたくさん現れてきています。1人ひとりの力はほんの小さなものかもしれませんが、 世界中のあちらこちらでそんな人たちが現れ、大きな波となりつつあるのです!
その大きな波が今、私たちの町、八王子にもやってきました。

この波を起こす人たちは、「誰かを責め排除」する道ではなく、自らのうちにある 「ほんとうに大切なものを大切にする」という道、そういう生き方を通して 変化の波をつくろうとしています。
こうした潮流は今や、最先端のビジネス地域活動の中にもその徴候が見られ、具体的な日々の活動として、新しい動きが始まっています。

あなたの中に息づいている本当の願いと、それを少しずつ形にしていく行動力を改めて確認する。
チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムはそんな場です。
日本中で開催されるこの波に、八王子という町で乗ってくださる多くの方々との出会いを楽しみにしています。
また当日は、「お金」についての思い込みに気づけるプチ・セミナーがあったり、「トランジションタウンたま」等、地元の八王子を拠点に豊かな暮らしや幸せな未来に向けての活動をしているいくつかの団体のご紹介も行います。
「地元にこんな活動があったんだ!」という発見の場にもなるはずです。
ぜひぜひ、ご参加ください。

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムの予告編は
http://youtu.be/F5AuhA3BjuM
をご覧ください。

日時:12月17日(水)10時〜17時
場所:ぷらざむみじか(東京都八王子市初沢町1299 JR・京王線高尾駅南口徒歩3分 駐車場はありません。コインパーキングをご利用ください。)


参加費:3000円〜5000円(★★スライディングスケール制★★)
★★スライディングスケール制とは、所得の多寡によって生じる学びやサービスを受ける機会の不均衡を緩和するためのシステムのことです。所得に余力のある人はお金を通じてより多くの人が学びやサービスを受けることに対して貢献することになります。

《ファシリテーター》
◯二子渉(ふたこわたる) 八王子市高尾在住
東京工業大学大学院修了 工学博士 経営コンサルタント 
日本プロセスワーク協会理事 「風使いの小屋」主宰

経営コンサルタントおよびカウンセラーとして全国を飛び回って活躍中。 豊かさを広め社会構造を変えていくためのお金との新たな関わりについて、 ワークショップやコンサルティングを通して伝えている。
またライフワークとして地球の仕組みと調和しながら生きる道を、 インディアン(アメリカ先住民)の智恵を伝える森の中でのワークショップの中で伝えている。 この時代の地球に生まれてきてほんとうによかったと思える仲間作りが仕事だ、 とのことば通り、彼の周りにはそんな人々のコミュニティが生まれている。

◯赤塚丈彦(あかつかたけひこ) 妻・息子・娘と4人で八王子市鑓水在住
NPO法人セブン・ジェネレーションズ代表理事
NPO法人トランジション・ジャパン監事
TakeA 代表
高知大学教育学部 卒業
2012年ブラジルで開催された国連地球サミット(リオ+20)にNGO地球サミット2012ジャパンの一員として参加。その場に向けて日本の声を届けるJapanVOICESプロジェクトでは中心メンバーとして全国でダイアログ(対話)の場を企画・実施し、約2000名の声を集めた。リオでは政治だけでは世の中が変わらないことを痛感する一方、世界にある市民活動の自由で活気ある雰囲気を肌で感じて帰国。その経験によってセブン・ジェネレーションズ代表理事としての活動にさらに拍車がかかって日々奮闘中。また一方でコーチや研修講師として、個人や企業、学校現場に対しても新しい社会にむけた変容のサポートを行っている。

◯鳥谷部愛(とりやべあい)
Field of Wings 代表
早稲田大学 教育学部社会科 卒業
CTIジャパン リーダーシッププログラム修了
大学卒業後、社会で活躍できる人材を育成したく、人材開発コンサルティング会社にて大手企業の人材開発の企画を担当する。
自分がありのままで自由にいられること、自分のことは自分で決める充実した人生を生き切ること、まわりの人がのびのびと生きられるようにサポートすることを望んで、独立。自分の人生を生きていきたい個人向けのコンサルティング・コーチングをはじめ、スタートアップ企業・NPOのコンサルティング、「自分を活かして仕事をしている人のためのお金と豊かさを受け取るワークショップ」「育自の魔法ワークショップ」「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」「家族とパートナーシップを考えるワークショップ」などを開催している。

共催/NPO法人セブンジェネレーションズ、トランジションタウンたま

記事検索
記事検索
メッセージ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ