2017年04月12日18:25

シアトリカルフォーラム恋愛×戯曲「愛情マニア」

ここからは個人的な気付きとして。

 

今回私は稽古場で、やたら俳優のセーフティのことを口にしていました。
俳優が自分語りをすることで、傷ついてしまうことを恐れてのことです。
 
俳優だって一人の人間なので、語りたくないこと、語れないことがあります。

俳優を名乗る人はストイックでサービス精神が旺盛な人が多く、共演者や観客に喜んでもらいたいという気持ちがスイッチとなり、無意識のうちに自己開示を後押ししてしまうことがあります。
また、観客や共演者が不用意にそこに踏み込んでしまうことで、結果、かえって大きな傷を負い、
俳優として、人間として立ち直れなくなってしまうこともあります。
 
私はそれが、とても、とても怖かった。
 
ワークショップの勉強をしている時、集団の熱狂が自白を強要し、参加者を傷つけたり、少数派を取り残してしまう失敗をたくさん経験しました。だから余計にそう思うのかもしれません。
 
近年の現代演劇の現場に於いては、観客に向けて自己開示を要求されることも多く、
未熟な演出家や出演者がそれを行うことで、俳優の安全が確保されないまま舞台に晒されてしまうことが多々見受けられます。
 
そして私は、それで傷付き、俳優が続けられなくなった友人を何人も見てきました。
 
小劇場演劇の世界には、学生劇団からフリーターとなり、社会人経験を経ることのないまま劇団活動を続ける人が多いです。また、昔ながらの体育会的な考えも根強く残っています。
こういう環境の中だけで過ごしていると、俳優のコンプライアンスについて考える機会は無いに等しく、
自身の安全を守る、という意識に対して希薄であることが多いです。
 
「俳優なら観客のために何でもやれよ。やれない奴は俳優なんかじゃねえ」
 
という考えのもと、今でも人格差別的な発言や暴力、ハラスメントが横行している劇団にたくさん出会うし、自分の劇団ですら、それらが守りきれているとは言い切れません。
 
演劇の持つ虚構性は、コミュニケーション能力の構築にとても有効であると、その可能性を評価されることが多いですが、実際現場に出ると、俳優たちはなんて危険に晒されることが多いのだろうと、そのギャップに頭を抱えることが多いです。
 
実際、「愛情マニア」の稽古中も、俳優たちの口からは、かなり重たい話題が飛び出しました。
私は、大好きな共演者たちが、それを舞台で晒すことによって傷つくのは嫌だと思ったので、
せめて私は安全推進係になろうと。それを今回の役割にしようと決めて挑みました。
 
結局本番では毒親の話や、ストーカーに遭った話が出ていたし、

自分が買って出た役割が果たせたのかどうかは分かりませんが、そういう話を共演者と持つことが出来たのは良かったし、俳優のセーフティは、自分の中の大きな関心事なのだなと、再認識したのでありました。
 
現代魔女の汐月さんが、魔女の概念を、「世の中の物事の枠組みの外から見ている存在」と仰っていました。実は小劇場演劇も、フリンジシアターと呼ばれていて、この「フリンジ」という言葉は、中心の外側―という意味でなんですね。
熱狂の外側にいる冷静さこそが、小劇場演劇に求められていることで、少数派に意識を向ける、に繋がるのかなと。
 
そんなことを考えた時間でした。

Image_0246c9e


サイゼリヤでいっぱいお話したよ!マグナムワインもいっぱい空けたよ!

plasmamikan
2017年04月12日18:20
シアトリカルフォーラム恋愛×戯曲「愛情マニア」が終了しました。
 
サリngROCKさんの「愛情マニア」のシーンを抜粋しながら、
間に専門家を交えて恋愛のフォーラムを行うという、前例のない企画でした。
 
企画の発案者である泉さん曰はく、「演劇を題材にしながら恋バナしたら楽しそう〜」
という軽いノリから始まったそうですが、動き始めると段々話は大きくなっていって、
恋愛を社会問題と繋げて深く掘り下げていくのが良いのか、ライトな恋愛トークイベントとして
盛り上げていくのが良いのか、着地点を最後まで探り続けながら進んでいったように思います。
 
初日の公演は、どんなお客さんがいらっしゃるのか想像もつかないまま、
作戦なしの出たとこ勝負で舞台に上がりました。

私はなんとなくチラシと貰った企画書のイメージと、座組みが持っている空気で、
比較的前者よりの「恋愛と社会問題を繋げて掘り下げていく」を想定していたのですが、
二日目は、初日の様子を見て、はっきりと「笑って楽しい恋愛トークイベント」と明確にして
挑んでいたと思います。元々こちらのチームはトークの猛者が集う座組でもあり、そういう強みが
キラリと光ったイベントとなりました。
 
実際、客席には「ガッツリ掘り下げて行きたい派」と「楽しいトークが聞きたい派」の両方が
いらっしゃって、企画自体も、今後どっちにも舵を切って行けるようにも思えました。
 
顔合わせの時、上田ダイゴさんが「この企画の勝利条件はどこ?」と確認されていて、
私もその言葉が最後まで頭の中をぐるぐるしていました。
企画において、動員や熱狂ってとても大事なことだと思うのですが、それだけが良し悪しを決めるものではないと思います。

space×dramaと応典院が、何を、どこに向けていきたいのか?という態度が問われていると思うし、
それを考えるひとつのきっかけとして、今回の取組みと、得られた経験はとても大きなものだったろうなと思います。
 
リスクを背負いながらもこういうことを果敢に仕掛けていく泉さんは本当にいい演劇政治家だなと思うし、
それを引受けて一緒に歩んでくれる応典院、スペドラ、寺町倶楽部さんの懐の深さも感じます。

企画って、劇場と、プロデューサーと、座組みが一緒にならないと成立しないんです。本当に。
 
今後に繋がる企画に関わらせて頂いて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。


Image_b6bc3c9


plasmamikan
2017年04月03日08:39
どうも!ハッピーエイプリル、せせらぎです。

先日から坂本九さんの『上を向いて歩こう』が繰り返し頭に巡るので、携帯にその曲をDLして聞いてみました。
いやぁ、心を洗う曲とはこのことか!昨日は桜を見ながら夜泣けてきました。
今更九ちゃんが好きになった次第です。九ちゃんを乗せた飛行機が落ちた夏に産まれたからか、昔から親に『九ちゃん聞きなさい』と言われてましたが、見事に優しい歌声に今、惹かれております。

さてさて、皆さん!
今週末ですぞ!!
え?何が?

『愛情マニア』ですよー!
4月7日8日!我らが中嶋は7日出演!
そして、同じく7日に以前客演出演いただいた阪田愛子さん!8日には杉原公輔さん(匿名劇壇)さんが出演!
役者のあんなこんな『愛』の顔が覗けそう、是非是非!

詳しくは以下ページに♪
http://plasma-mikan.com/news/201702191525/

恋バナって良いな〜
人を好きって気持ちって聞く側もあったかい気持ちになります。みんなから聞けるのは恋だけじゃないかもですが、私は人の恋バナ大好きマンなのであります!

『愛情マニア』!是非にー!

ちなみに今せせらぎのリア恋枠※は『佐々木蔵之介さん』です。狂おしい。

※芸能人相手にリアルな恋してる感のあること。


せせらぎ

plasmamikan