2017年11月06日01:45

ゆるやかな演劇上映会「みかんせいのくだもの」を終えて(なかしま)

中嶋です。WEBやSNSは何かしら毎日更新しているのですが、Twitter、Facebook、劇団WEBサイト、個人ブログ、劇団ブログ…種類が多くてなかなかブログに手がまわってませんでした。

遅くなりましたが10月20日に開催された、ゆるやかな演劇上映会「みかんせいのくだもの」の様子です。

DSCF3088

せせらぎよし子によるドリンクサーブの後、早速上映会開始!かと思いきや、付箋やスタンプ、手作りのシールとペンが配られます。

プラみか流のおもてなし。ひとつめは「アナログLINE」...
ここにある文房具を使って今日出会った人と会話をしてみます。声を出すのは禁止。文字だけでのやりとりです。

DSCF3095

ふたつめは、「デタラメ劇評会」
「みかんせいのくだもの」を観たという設定で、お互いに感想を言い合います。観劇後に感想を言い合うのは難しいですね。なので、チラシの情報だけをたよりに、観る前に感想を言ってしまおう!というユルい遊びです。

ちなみにここでは…

・音響・照明がカッコ良かった。
・川が流れる音が迫力あった。
・川の流れの向こうに秋元康が出て来たところが感動した。
・全体的にタケモトピアノみたいな印象だった。

などという感想が飛び出しました。

DSCF3081


上映後は、まったりお茶を飲んでおしまい。
デタラメ劇評会で出た意見と比べてみたり。
もちろん「ナッチョナリズム掘廚寮訶舛發未りなく。

少人数での開催となり、京都で私たちのことを知ってもらうにはまだまだダナァ…と痛感させられましたが、
ご来場いただいた方とほっこり、楽しい時間を過ごせてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

DSCF3102

DSCF3105
DSCF3115

喫茶フィガロのマスター、浦賀さんが素敵なお写真を撮ってくださいました!



plasmamikan
Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字