2018年11月09日14:07

演劇の秋〜冷静と情熱のあいだ〜(大妻)

はじめまして。
今回、プラズマみかん/女中たちに客演として参加致します、
pourri bebe(プリベベと読みます。)の大妻明日香と申します。

昨年のお試し企画では京都公演で照明・音響スタッフとして参加しておりました。なぜか、今回は出る側としての参加です。なぜだ?笑

女中たち。名前は聞いたことあった作品ですが、本を読んだことなかったので、台本もらう前に図書館で岩波文庫を借りて読んだら長いのなんの。
夏、よさこい踊りに実家に帰るバスの中で読んでたんですが、行きのバスでは初見では読み終わりませんでした。笑
そのくらい、わけわからんし、ムズイ作品です。

ー現在ー
三人寄れば文殊の知恵とはよく言ったもんで、こちらは四人もおりますから、皆でワイワイ持ち寄り資料(職場で探した論文PDF)やら、YouTube資料などを眺めたり、または読みあさり、または飛ばし読みし、あらゆる可能性を探りました。この時間は実に面白い、有意義なものだったと思います。ジャン・ジュネについてあーだこーだ言ってる人たちの資料を読み、アーダコーダと探る。

それぞれの理解や解釈を提示して、より想像溢れる世界を膨らましていく作業です。戯曲の解読はミステリです。
セリフには他人に情報を伝えるセリフ、独り言、意識的に自分に言うセリフ、他人を通して自分に言い聞かせるセリフ、他人に当てるセリフといろいろあります。これに女中たちは劇中劇も入ってくるんで、その役としてのセリフがあり、我に帰るセリフがありと訳わからんことになって、セリフの音が違うと全然内容が頭に入ってこなくなります。
まず、セリフの分析から始め、このセリフは誰にどういう状態で言うのか。また、この時の体勢は?とか、目線は?とか、セリフのタイミング、セリフとセリフの間の取り方などいろいろ試行錯誤します。こんな時間はなかなか日常では取れません。一種のサロンですな。ここはガレージですけど。
贅沢な時間です。

文殊菩薩だけでなく、あらゆる知恵の神様も観に寄ってもらえたら嬉しいです。笑
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

1541739408255


写メ1
消防点検のためにせせらぎさんが用意した消化器。イケメンの消防士さんに見つめられましたが、可愛いパッケージは通用せず、コーナンで業務用の購入を勧められました。火の用心。

1541739410945


写メ2
今日1のせせらぎさん。
せせらぎさんが推してる声優さんの声に悶えております。
ちなみに私も好きな声優さんの声が入ってて、悶えました。
この目覚ましでは起きれません。
仕事行きたくなくなるという結論に達しました。

plasmamikan
Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字