2019年09月22日11:16

2010年公演に向けてのクリエーションが始まりました。(なかしま)

プラズマみかん2020年度のクリエーションが始まりました。

アートボード_プラみか


IMG_9729


これまで台本の無いところから稽古場でお芝居を立ち上げて行く方法を色々模索してきました。
色々無茶もやっていて、かなり負荷のかかることも強いてきてしまったのですが、ようやくスタイルも見えてきたのではないかと思っています。

今回は少し余裕を持って、また一般のお客さまと関わりながらお話を作っていく方法を取ります。

その準備をしている間に紆余曲折あり、実は当初の予定より公演時が先になってしまいましたが、時間を掛けてコトコト作品を煮込んでいければいいなと思っています。公演の発表はもう暫くお待ち下さい。

時間がある分、まだまだプレッシャーが無く自由にやれています。
劇作の作業としてはこの時期が一番楽しくて、何も迫っていないのにワクワクして妄想に耽っているだけで稽古の前日は徹夜になります。
「やらずにいられないことをし続けなさい」というのは水木しげる先生の言葉ですが、正に今だなぁと。

第1回目のクリエーションは「身のまわりにいる困ったおじさん」の話をしました。
共通認識を持つために、なるべく書き出しして皆で同じものを見て話す方法を取ります。
稽古場がだんだん模造紙で埋め尽くされていきそうです。

IMG_9755


・身のまわりにいる困ったおじさん(職場編)
・どんな口癖?態度?
・おじさんに望んでいること。
・どーしてこうなっちゃったの??

この日は主に4つのお題で話をしました。
私とせせらぎの愚痴が止まりません。(笑)
どうぞ写真を見てください。何か思い当たる経験はありませんか???

普段は妙齢の女子2人で話していることが多いのですが、やはり様々な年齢、お仕事の方が一緒にいることで話がより深まっていきます。

話がひととおり出た後は、台本の一部を読み合わせし、その「続き」を作っていく作業です。
とある企業の会議室を舞台に繰り広げられる「困ったおじさん」と若者たちの風景。

IMG_9761


9月~10月で6回程度、このような感じで話し合い&創作を重ねていきたいと思います。
出演者以外の参加者も交えて楽しい時間にしたいと思っておりますので、是非愚痴を喋りにくるつもりでアジトにいらしてくださいね。


plasmamikan
Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字